会員登録 ログイン ショッピングカート
    ログアウト ショッピングカート

    woodpecker(ウッドペッカー)

    木材となった木に感謝し、無駄の無いものづくりを心がける 「woodpecker(ウッドペッカー)」。
    つくり手の福井賢治さんの手により、長く愛着を持って使いたくなる木製品が、1点1点手作りで生まれています。

    ハンドクラフトのぬくもりにあふれる、いちょうのまな板

    包丁の切れ味が料理の腕前や出来映えを左右することはよく知られていますが、同じように「まな板」も調理環境を左右する重要な道具です。

    中でもイチョウの木で作られたまな板は、刃当たりがやさしく、水はけがよいことからプロの料理人たちに昔から愛用されています。

    中でも岐阜県の木工職人・福井賢治さんの生み出すまな板は使いやすく丸みを帯びたやさしい佇まい。手入れをしながら長く愛着を持って使っていきたい魅力があります。

    桜のカッティングボード

    テーブルでフルーツやハム、チーズなどを切ったり、木のプレートにぴったりの桜のカッティングボード。

    丁寧な手仕事の光る、どこか古道具やアンティークのような佇まいでテーブルが華やかにしてくれ、使うほどにより深みが増します。

    暮らしに長い間よりそってきた佇まいを持ち、時の流れの中で、使うほどにより味わい深くなる、末長く愛用していただけるものをつくりたい。そんなつくり手の思いが込められています。

    焼き立てのパンを最後までカリッといただける山桜のお皿

    木のパン皿はトーストから出る余計な水分を自然と吸い取ってくれるので、最後までカリっ&サクっとした感触のまま美味しくいただくことができます。特にwoodpeckerの木のお皿は、シンプルで美しいかたち、山桜の木目やあたたかな色合いが秀逸。適度な重さもありしっかりとしたつくりで、どこか力強く、頼もしさを感じます。材料の山桜は堅い素材なので 削り出すのが大変なのだそうですが、つくり手の福井さんが木工ろくろを使って1枚ずつ丁寧に削り出し、天然のオイルで仕上げて作られています。

    時間が経つにつれて、また、使うほどに木の色合いが変化して味わい深い表情になっていきます。経年変化が楽しみな、長く愛用していきたくなるお皿です。

    無垢のケヤキの質感が気持ち良いトレー

    おだやかなカーブを描いた形が特徴のけやきのトレー。見ているだけで気持ちがほっとするような、やさしい佇まい。全体のラインだけでなく角の部分も丸く仕上げられており、手にしっくりとなじみます。

    左右対称の曲線を作るにはその分生産に時間かかりますが、この表情を出すために、職人が1点ずつ手間隙を惜しまず仕上げています。

    どんなテイストのインテリアにもなじむのも嬉しいところ。アクセサリーや調味料など、お部屋のアクセントにぴったりです。

    落ちにくい汚れもすっきり落ちる、ひのきの洗濯板

    国産ひのきを使った無塗装仕上げ。天然ひのきの清々しい香りがふわっと立ち、気分良くお洗濯できます。見た目はもちろんのこと、持ち手が握りやすく使いやすい一品です。

    汚れ落としのギザギザ部分は一直線でなく、「U」のように少し上にカーブしています。これは、洗濯している時に洗剤や泡がすぐに流れていってしまわないよう、つくり手が改良を重ねてこの形になったそう。

    お部屋に立てかけておくだけで絵になるので、手の届くところに置いておき、洗いたいなと思った時にさっと使いやすいのも嬉しいところですね。

    ひのきの洗濯板シリーズ 商品一覧

    つくり手の福井賢治さんに、いちょうのまな板のこと、ものづくりのことを伺いました

    木に対する思いを自分たちの世代に伝えたい

    福井さんは、木工業の盛んな土地 岐阜県の、祖父の代から続く木地師の家に生まれました。
    木地師とは、仏壇や神棚に使われる木の部品を作る職人のこと。幼いころから木に囲まれて育ち、県内の職業訓練校で家具作りを学んだ後、家具メーカーに就職。さらに実家で木地師としての経験を積んできました。そして、2008年3月に独立。天然木を使ったクラフトブランド、「woodpecker(ウッドペッカー)」を立ち上げます。

    ブランドの第1弾となったのがいちょうのまな板。なぜ、真っ先にまな板を作ろうと思ったのか、福井さんに伺いました。
     「家具職人や木地師の仕事を通じて私が学んだのは、ひと言でいえば、木に対する思いでした。家具に限らず、木製品は大切に修理しながら使えば、ずっと使い続けられます。木と付き合う中で物を大切にする気持ちが芽生え、木に癒やされている自分がいました。木のぬくもりを後世に伝え、今の暮らしに身近に感じるものは何だろう。そして思いついたのが普段の生活で毎日使う、まな板だったんです。」

    プロの料理人がいちょうのまな板を絶賛する理由

    毎日の食事を手助けするまな板は、地味だけど暮らしに欠かせない道具。にもかかわらずコスト重視のものが多いそう。

    福井さんの作るまな板は、小ぶりなものでも6000円ほど。一般的なものの数倍するお値段ですが、一度その使い心地を味わったら、他のまな板は使う気になれないと、購入者の多くが口をそろえます。

    左の画像はいちょうの木。いちょうのの木は、適度に油分を含み、復元力が高いため、まな板には理想的な素材といわれています。

    「試しに、鯛の刺し身をこのまな板の上で切って下さい。厚い皮が包丁の先でスッーと切れます。これはイチョウの木質が適度に柔らかく、包丁の刃が沈みやすいためです。そして復元力があるので、まな板の表面が傷だらけになりにくいのが特徴です。」

    水はけが良くカビにくい

    woodpeckerは厳選された国産材のみを使用しています。

    また、イチョウのまな板の利点はほかにもたくさん。油分を含むため水はけがよく、乾きが早い。天然の抗菌力も備えているため、カビが生えにくい。ほかの木材より軽く扱いやすい・・・などなど、プロの料理人が手放せないというのもうなずけます。

    使ってみて実感するのは、包丁を下ろしたときの音。やや高めのトントントンという音は耳に心地よく、福井さんがいう、「木の癒やし効果」も感じられるはずです。

    木のやさしさを感じる柔和なフォルム

    当店で販売しているのは、左 とんがり大、左中 とんがり中(当店限定)、右中 まる中、右 まる中大の4種類。
    キッチンの広さや用途に応じてお選びいただけます。

    1点1点丁寧に手作りしています

    woodpeckerのまな板は、そのフォルムも実に個性的です。従来のまな板は、長方形の角ばった形がほとんどでしたが、こちらはあえて丸みを帯びた、手作り感あふれる仕上げとなっています。

    「あえて直線を排したのには、理由があります。1つは、丸みを持たせることで手触りをよくするため。1つは、見た目をかわいくして愛着を持ってもらうため。もう1つは、料理が苦手な人でも興味本位で、まな板を手にとってほしいと思ったからです。」

    キッチンのスペースやデザインの好みに合わせて、お好きなものをお選び下さい。

    手仕事を生む道具たち

    福井さんの仕事道具。1つ1つ大切に、そして丁寧に作られたものをお届けいたします。


    翌日お届けサービス

    facebook

    スタイルストアのfacebookページをチェック