会員登録 ログイン ショッピングカート
翌日お届サービス対象

極上おろし金で、甘くてふわふわの大根おろしを

「調理道具で料理の味が変わる」と言いますが、中でも「大根おろし器」は、道具が仕上がりの食感や味に直結する、面白い道具だと思います。
食感が残ったジャキジャキしたものから、ふわふわのものまで、道具次第で全く変わる大根おろし。お好みも分かれるところだと思いますが、みなさまはどちらがお好きですか?

この「ツボエの極上おろし金 箱」は、ふわふわ派の方にぜひ知っていただきたい逸品。それも、口に入れた瞬間にさっとなくなるような、きめ細やかでふんわりとした仕上がりを作ることができます。
おろすこと一筋110年以上の燕三条のつくり手が、「極上」と名付けるだけある、究極のおろし金。蓋、受け皿、ザル、おろし金が一体となった使い勝手の良さにも注目です。

辛みを抑えたふわふわの大根おろしが、簡単に

美味しい大根おろしをつくるコツは、「大根の繊維を潰さないこと」。
切りながらすりおろすようにすることで余計な水分が出ず、野菜本来の栄養素も損なわれることなく、味の濃い大根おろしができるんだそうです。

左:他メーカーのおろし金 右:ツボエの極上おろし金

実際、比べてみるとこの通り。割烹で供される大根おろしのようにきめ細やかでふんわりとしていて、淡雪のように仕上がります。
大根のおなじ部位でおろしてみると、ツボエのおろし金で作った大根おろしの方がより甘く感じました。大根の辛み成分は空気によって揮発するため、細かくすりおろすほど空気に触れる面積が増えて辛みが抑えられるんだそうです。

鋭利な目立てで「水分を出さない」

美味しい大根おろしを作るために、刃の部分にはたくさんの技術が凝らされています。
このおろし金は「本目立て」と言って、ひとつひとつの刃を鏨(タガネ)で一目づつ作っています。本目立てというと、銅で作られているものが多いですが、それは銅がやわらかく加工がしやすいから。

一方こちらはステンレス製。銅よりも硬い素材のため鋭利な目立てができて、銅に比べて手入れが楽という利点がありますが、素材が硬いため目立てをするのがとても難しいんですね。
更に強度を出すために板厚1.5mmと厚めのステンレス板を使っており、本当に職人泣かせな仕様。銅のおろし金を作る職人さんでは難しいという加工を、長年の技術力で可能にしました。

4方向を向いた刃で「素早くおろす」

刃は4方向それぞれ違う方向を向いています。大根を何度往復させても同じ面にあたらず、大根の向きを変えたり強い力を加えなくてもおろすことができます。
目立ての方向を増やすことで生産工程やコストが増えるため、2方向のものが一般的。極上のおろし具合を追及し、妥協せずに作られています。

疲れずに使える、3つの工夫

実際に使ってみると、余計な力を使わずにスイスイとおろせるのも特徴です。
刃が鋭利な分おろしやすいというのもありますが、形状にも工夫が凝らされています。

まずは全体の形。なだからな傾斜になっていて、上から下に向けて力を入れやすくなっています。

次に、刃の部分。斜めを向いているため、大根との接点が少なく力が一点にかかりやすいため、軽い力でしっかりとおろすことができます。

最後に、おろし金を受け皿にしっかり固定できる「爪」。これがあることでガタガタと動くことなく、安定しておろすことができます。

使った後までストレスフリー

大根おろしの仕上がりだけではなく、「おろした後」のことまで考えられているのも注目ポイントです。

付属のシリコン蓋は、ひとつで3役。大根をおろす時には下に敷いて滑り止めに、保管時には刃で手を傷つけないためのカバーに、大根おろしが余った時には蓋として使えてそのまま冷蔵庫に保管ができます。

また、ザルは上げ底になっているため水切れがよく、持ち上げるだけでしっかりと水のきれた大根おろしをいただくことができます。
形も斜めになっていて、受け皿にジャストフィット。すっきりと収納できて、見た目にも美しい仕上がりです。

更に、板厚のあるステンレスを使っていることで縁を巻かずに仕上げることができており、水洗いした時に縁に水が溜まってしまうこともありません。

蓋とザルがセットになっていることで、大根をおろす時から、大根おろしを器に移す時、使った後の保管まで、全体を通じて使い勝手の良さに繋がっています。

おろすこと一筋、110年

作っているのは、新潟県燕三条の「株式会社ツボエ」。
「おろすものならなんでも作ってきた」と仰る通り、明治40年創業にヤスリの製造メーカーとして創業以来、食品加工機械のおろし刃など、機械の部品として組み込まれる「おろし金」を作ってきた会社です。
一般の家庭でもふわふわの美味しい大根おろしを作れるように、と、110年以上培った技術力を結集して作られたのが「ツボエの極上おろし金 箱」です。

たかが大根おろし、されど大根おろし。みぞれ鍋や焼き魚はもちろん、ドレッシングにしたり、スープに入れたり、パスタに合わせたり、と料理のわき役としても活躍します。大根をサラダや煮物にするよりもたくさんの量をサッパリと食べられるので、まるまる1本がなかなか使いきれないという方には、ぜひ美味しい大根おろしを楽しんでいただきたいと思います。

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます

    ツボエの極上おろし金 箱のつかい手レビュー

    • 楽楽オロシてみま専科 を愛用していますが、
      プラスチックの受け皿容器の形が洗いにい事と
      大きくてかさばるのがいつもストレスでした。
      この製品はその点を見事に解消してくれました。
      シンプルな佇まいも大変美しいです。
      出来上がる大根おろしのふわふわ感もなかなかです。
      円を描くようにおろした方が、
      直線におろすよりもよりふんわりするように感じます。
      楽楽よりもこちらの方が、少しおろす力がいるかもしれません。

      星4つ 山形県 50代女性

    投稿されたつかい手の声 [1件]

    もっと見る

    翌日お届サービス対象

    ツボエの極上おろし金 箱

    価格:
    ¥8,800(税込)
    送料:
    ¥640(送料タイプA
    在庫:
    4

    スタッフより

    ■食器洗い乾燥機での使用はできません。
    ■天然素材を使用している為、実際の色、質感、サイズに多少の差があります。予めご了承下さい。
    ■ご使用のパソコンのモニターによって、実際の商品と色柄が異なって見える場合があります。予めご了承下さい。

    ■素材/原料 :おろし金部:18-0ステンレス鋼
     容器部:18-8ステンレス鋼
     水切りザル部:18-8ステンレス鋼
     シリコーン蓋(敷板):シリコーンゴム
    ■サイズ :ギフト箱:118×200×60mm
     おろし金:107×188×9mm
     容器:107×188×55mm(350ml)
     ザル:92×17×43mm
     蓋:114×193×8mm
    ■重量 :640g(箱含む)
    ■原産国 :日本(燕三条)

    • ラッピング対応可能
    • 熨斗対応可能
    • メッセージカード利用可能

    バリエーション

      この商品のえらび手

      畠田 有香

      スタイルストアバイヤー
      畠田 有香

      • facebookでシェア
      • Twitterへツイートする

      ツボエの極上おろし金 箱を見た人はこんな商品も見ています

        最近チェックした商品

          【1月29日(水)朝10時まで】全商品ポイント10倍!
          LINE@のお友達追加はこちらから