会員登録 ログイン ショッピングカート

お神輿と木のうつわの良い関係

初めて見た時から、
「食卓の主役になってくれそう」
「何を盛ろうかな」・・・と、
使っている風景が自然と浮かんだ
「Obil(オビル)」のプレート。

Obil_Cuttingboard (27)

こちらの素材は朴の木(ホオノキ)。
縁に入った表情豊かな彫りが
とても印象的で、サラダなどを
さっとのせるだけで、料理を
額装しているみたいに華やかに
見えます。

お神輿(おみこし)の装飾にも使われているそう

Obil_Cuttingboard (3)

実はこの彫り、富山県 高岡で続いて
いる「彫刻塗り」という伝統的な技術。
江戸時代から400年もの歴史があり、
かつて山車(だし)やお神輿の装飾にも
使われてきたのだそうです。

現在は、世界的な空港のVIPラウンジや著名ホテルのロビーに装飾として使われています。

流し彫りとトントン彫りのこと

Obil_Cuttingboard (26)

obilに使われている彫り模様は2種類。

彫りは自然がモチーフになっていること
が多いそうで、上の画像は流し彫りと
呼ばれる、水の流れをあらわした
彫り方です。

Obil_Cuttingboard (25)

こちらはトントン彫り。
幅広の彫刻刀を使って、その名の通り
トントンとリズミカルに彫る彫り方の
ひとつで、葉っぱや岩肌を表現する
際に使われてきたのだそうです。

Obil_Cuttingboard (4)

流し彫りと比べると、彫りの深さは
穏やかですね。

高岡の工房に伺いました

Obilは、彫刻塗りの「塗り」を担当する
彫刻塗師屋の3代目・山村高明さんと
デザイナーの古庄良匡さんによる
ブランド。

今後も彫刻塗りの伝統技術を残して
いくために、新しい価値を提案して
いきたいという思いから生まれました。

Obil_Cuttingboard (31)

もともと日本には、装飾を楽しむ
文化があります。

表面に華やかな装飾を”帯びる”
プロダクトが、生活に彩りを加えて
くれるはず。
シンプルなデザインのものが多い中、
あえて装飾の素晴らしさを伝えて
いきいたい。
Obilという名前には、そんな心意気が
込められています。

Obil_Cuttingboard (23)

食卓に寄り添うアイテムの中に
実は伝統技術が息づいている。
結果的に伝統が続いていく。

そんな流れは、とても自然な
ものづくりの流れだなーと、
個人的にも共感しています。

食材をのせるだけで美しく見える
のが嬉しい木のプレート。
料理の額装、ぜひ楽しんでみてくださいね。

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます

    Obil/ROUND Small トントン彫のつかい手レビュー

    まだこの商品についてのレビューは投稿されていません

    Obil/ROUND Small トントン彫

    価格:
    ¥8,862(税込)
    送料:
    ¥640(送料タイプA
    在庫:
    2

    スタッフより

    ■天然素材を使用している為、実際の色、質感、サイズに多少の差があります。予めご了承下さい。
    ■表面にガラス塗装・オイル仕上げをしていますが、水分・油分のある食材をのせた場合、その部分の木の色が濃くなり染みになる場合があります。天然素材ならではの特性・風合いとしてお楽しみ下さい。
    ■ご使用のパソコンのモニターによって、実際の商品と色柄が異なって見える場合があります。予めご了承下さい。

    ■素材/原料 :朴の木(ホオノキ) ガラス塗装×オイル仕上げ
    ■サイズ :W212mm×D23mm×H212mm
    ■重量 :260g
    ■原産国 :日本(富山県高岡市)

    • ラッピング対応可能
    • 熨斗対応可能
    • メッセージカード利用可能

    バリエーション

      この商品のえらび手

      中井 明香

      スタイルストアバイヤー
      中井 明香

      • facebookでシェア
      • Twitterへツイートする

      Obil/ROUND Small トントン彫を見た人はこんな商品も見ています

        最近チェックした商品

          つくり手さんにありがとうを贈る