会員登録 ログイン ショッピングカート

インタビュー

附柴さんインタビュー vol.4 日々を楽しむための愛用品と、無駄を省く時間術

2017年04月10日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

SAVON de SIESTA(サボンデシエスタ)
代表・附柴彩子さんインタビューの最終回。
今回は彼女の愛用品を紹介して頂きました。

vol.1でご紹介いただいた『大草原の小さな家』
のほかの品々も、附柴さんのこだわりや
想いがたっぷり詰まったものたちばかり。

石鹸を通して心地よい時間を届けている
附柴さんだからこその、モノを通した
時間との向き合い方がありました。

丁寧にいれたミルクティーでご機嫌な朝を

_MG_3630

「子どものころ、母が冬の朝につくってくれた甘いミルクティーが、毎朝のミルクティー習慣のきっかけかもしれません」と、附柴さん。

附柴さんが毎朝飲んでいるのは
茶葉から煮出したミルクティー。
もう15年も続けているそうです。

5時に起床し、まずは白湯を1杯飲んだ
あと、キッチンに立ちます。

つくり方は、柳宗理のミルクパンに
お水100㏄と茶葉をティースプーン
山盛り1杯入れ、ひと煮立ち。

茶葉がひらいたら、牛乳を100㏄加え、
沸騰直前に火を止めます。

ゆっくりと茶葉からミルクティーを
つくることは、附柴さんの1日の始まり
にかかせない習慣。

考えごとでぼーっとしているとうっかり
濃く煮出しすぎてしまったり、慌ただ
しくほかのことをしていて牛乳を沸騰
させてしまったりするので、この時間
だけは「ミルクティーをつくる」ことに集中。

ほんの10分ほど、ミルクパンの中で煮出さ
れる茶葉を見つめながら、
「よし!」と自分自身に掛け声をかけて
コンディションをチューニングします。

_MG_3554

さらに、ミルクティーにスパイスやお砂糖
など、「何を加えたいか」がその日の
バロメーターとしても役立っています。

シナモンやジンジャー、カルダモンなど
が欲しいと思う香りは日によってさまざま。
「今日はこんな日」と、自身の体調や
気分を図ることができるそうです。

愛飲する茶葉は、静岡・沼津の
teteria(テテリア)CTC-MILK
コクのある味わいが特長の、
ミルクティーのための茶葉です。

出張が多い附柴さんですが、この
ミルクティー習慣を滞在先のホテルでも
行うため、キッチン付きの部屋をなるべく
とっているほど。
旅先でもいつもどおりの朝を楽しむことは
附柴さんが大切にしていることの1つです。

_MG_3637

いま一番お気に入りなのは安部太一さんのマグカップだそうです。

また、ミルクティーを飲むカップも
その日の気分でチョイス。キッチンに
並ぶいくつかのマグカップから
インスピレーションで「今日はこれ!」
と選ぶのだとか。

「毎日決まったことをする中でも、
ちょっとした楽しみを大切にしたいんです。
子どもをせかしたり、慌ただしい朝でも、
お気に入りのカップとおいしいミルクティーが
あれば、機嫌よく1日を始められます」。

万能オイルで薬に頼らないセルフケア

_MG_3616

松浦弥太郎さんの書籍で知り、「彼がすすめるなら間違いない」と購入したのが最初の出会いだそうです。

べルギーの薬局でつくられた
エッセンシャルオイル「イムネオール100」。
すでに4、5本リピート購入しているそう!

「精油なのに、肌に直接つけることができ、
スーっとする成分も入っているので、
足のむくみや肩こりにも効果てきめん。
数摘を肌に塗り込むだけですっきり。
常に持ち歩いています」と、その良さを
力説してくださいました。

「なんにでも使える万能薬」とのこと。
附柴さんの使い方は、こんな感じです。

・足のむくみ対策には、ふくらはぎと
足の裏に塗り込む。

・肩こりや腰痛には、数滴を手にのばして
痛いところに塗り込んで、湿布代わりに。

・頭痛緩和には、肩とこめかみに1滴ずつ。
塗った後に腕を動かしてストレッチすると
効果アップ。

・アロマストーンに垂らしてルーム
フレグランス代わりに。

・子どものマッサージにはそのままだと
刺激が強いので、キャリアオイルでうすめて。
鼻詰まりや咳で眠りにくい夜にもおすすめ。

_MG_3567

昔は頭痛もちで、痛み止めの薬が
手放せなかったという附柴さんですが、
このオイルを使い始めて薬を飲む量が
激減したそう。
なくなると困る、必需品となっています。

「いつか出たい」を叶えた『暮らしのおへそ』

附柴さんが愛読書として持参して
くださったのは、習慣を切り口した
ライフスタイルマガジン
暮らしのおへそ』です。

kurashi_22

「憧れの本で、バックナンバーも
ほとんど自宅の本棚に並んでいます。
読んだそのときでなくても、あとから
読み返してみて気づくこともたくさん
ある不思議な雑誌。書いてある文章に
何度も背中を押されました」
と、大切な1冊としてご紹介して
くださいました。

附柴さんは、昨年1月に発売された
vol.21にご登場されています。

shiba2
実はずっと「暮らしのおへそに出たい。
編集者の一田さんに取材してもらいたい」
と念じていたのだとか。

毎年1月に、附柴さんはその年の
「やりたいことリスト」をつくっている
附柴さん。

「今から1時間」と時間を決めて、
小さなカードに思いつくままに、
やりたいことを記入してファイリング
しているのだそう。

「想いを文字にすることで、実現する
ことがたくさんあることを経験から
実感しています。暮らしのおへそに出る
こともこのカードに書いて叶いました。
書いちゃったら実現させるためにやる
しかないと、腹をくくるきっかけにも
なります」(附柴さん)

shiba1

そんなバイタリティーにあふれる附柴さん
ですが、じつは昨年は今まではスラスラと
書けていた「やりたいこと」が書けなく
なってしまったそう。

会社の経営が軌道に乗り、念願だった
『暮らしのおへそ』にも登場でき、
「できることはすべてやった」と実感
したこともその理由の1つですが、
「14人のスタッフとどういう方向に
向かって行けばいいのか」と考えるよう
になってスランプに陥ってしまったのです。

そこから脱却できるきっかけを与えて
くれたもののうちの1つが、前回ご紹介
したモリンガオイルとの出会いでした。

0316-42482

オイルの取り扱いを通してその地域で
働く人たちと、その子どもたちの未来を
守る活動の存在を知り、
「30年後の将来図」を具体的に描ける
ようになったそう。

今年、附柴さんが書いた「やりたいこと
リスト」には、会社としての
「やりたいこと」がたくさん記入されて
います。

文字にしたことで、附柴さんの想いも
クリアになり、スタッフに会社の未来
について語る時間が増えました。

「将来について具体的に話をしたところ、
正社員になってくれると言ってくれた
スタッフも。同じ方向を見て伴走して
くれる仲間がいることが幸せです」と
嬉しそうに語ってくださいました。

「書く」ことで限りある時間を最大活用

_MG_3665

最後に、会社の代表であり、妻であり、
母でもある、多忙な日々を過ごしている
に違いない附柴さんの時間のやりくり術を
伺ったところ、「書くこと」とのお答えが。

「何をしようかと考えるのは脳を疲れ
させるし、考えているその時間が無駄。
考えないために、やるべきことを常に
書き出しています。あとはタスクを
サクサクとこなすだけ」。

また、うまくいかないことがあっても、
「いったん書く」とのこと。

うまくいかない理由を文字にして、
「どうすればできるようになるのか」を、
紙とペンを相手にミーティング。
すると、解決策が文字になって現れる
そうです。


愛用品や時間術のエピソードからは、
無理せずに小さな幸せを楽しむ暮らしが
できそうなヒントがたくさんありました。

石鹸を通して心がほっとするひとときを
人々に届けたいと願う附柴さんの心意気が
日々の暮らしとの向き合い方からも感じら
れます。

そんな附柴さんがつくる石鹸たちが
使う人たちの時間にも小さな幸せを
与えてくれることに、納得した取材後でした。

SAVON de SHIESTA 附柴彩子さん

_MG_3720

株式会社SAVON de SIESTA
代表取締役社長 附柴彩子

千葉県生、茨城県出身。
2003年、北海道大学大学院理学研究科・
博士課程前期修了(理学修士:生物科学
専攻)、卒業後、製薬会社を経て2005年
手づくり石鹸工房Savon de Siestaを創業。

■SAVON de SIESTA
公式HPはこちら
附柴さんも執筆!スタッフブログはこちら

SAVON de SIESTA 附柴彩子さんインタビュー

vol.1 石鹸のつくり手になるまで

vol.2 石鹸を通して届けたい2つのこと

vol.3 真珠肌に導くモリンガオイルの魅力

vol.4 日々を楽しむための愛用品と、
無駄を省く時間術

著者

小林 博子

女性向けのウェブサイトや生活情報誌で、暮らし全般の記事を執筆。妊娠・出産情報サイト「ニンプス」」編集長、AllAbout「マタニティ・育児用品」ガイドも務めています。暮らしを楽しくする、いいもの・かわいいものが大好きです。プライベートでは2児の母。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧