会員登録 ログイン ショッピングカート
    ログアウト ショッピングカート

    耳にことり、指に羽根 - 繊細な彫金技法が映えるアクセサリー sasakihitomi  -

    昨年スタイルストアマーケットに登場するや、たちまち人気を博したsasakihitomiのアクセサリー。鳥の羽や花といったモチーフを、緻密なタッチで表現した作品は、どこか神秘的で独特の雰囲気を持っています。同じ作品でも、ある時はかわいらしく見え、またある時は陰りのある美しさを見せたりする・・・そんな表情豊かなアクセサリーブランド「sasakihitomi」の奥深い魅力に迫ります。

    西欧で学んだ技術に裏打ちされた、精密な表現

    アトリエ

    「sasakihitomi」のデザイナー・佐々木ひとみさんは1980年広島県出身。大学で油絵を専攻したのち、イギリスとベルギーでジュエリー制作を学びます。ベルギー アントワープ王立芸術アカデミー在学中には、HRD Awards 2007 (アントワープダイヤモンド 国際コンペ)のファイナリストに選ばれたこともある実力派。帰国後、ジュエリー作家として独立し、自身のブランドをスタートさせました。

    デッサン

     もともと大学で油絵を学んでいたことが、今の作風に大きな影響を与えており、写実的で緻密なタッチは「線で表現する」絵の技法をアクセサリー作りに踏襲したところがあるのだそう。「羽根の毛、1本1本を描くように彫ったり、絵の具で色を置く感覚でパールをのせたり・・・絵を描く作業とアクセサリーを作るプロセスは、すごく近いと思うことがよくあります」と佐々木さんは言います。

     今回スタイルストアのラインナップに加わったのは、木の実シリーズといちょうシリーズのピアスとイヤリング。前回ご紹介した作品がピアスのみだったため、イヤリング派のお客さまからのリクエストにお応えし、イヤリングに対応したシリーズの中から人気アイテムをセレクトしました。普段使いはもちろん、ドレススタイルにも合う、落ち着いた華やかさのあるアクセサリーをご覧ください。

    クローバーのブローチ

    クローバーのブローチ

    装いに華やぎを添えるクローバー

    三つ葉と四つ葉があしらわれたブローチとリング。6つのクローバーが連なったブローチはリズム感があり、ブーケのような立体的な美しさを醸し出しています。 ちょっとしたおでかけの襟元や手元をグッと華やかにしてくれます。

    クローバーのブローチ

    おはなのブローチ&はっぱのブローチ

    おはなのブローチ&はっぱのブローチ

    絵本から飛び出したようなモチーフ

    絵本の挿絵をかたちにしたようなブローチです。愛らしいけれど、子どもっぽくはない。大人の女性が着けるからこそのほどよいヌケ感が絶妙なデザインです。程よいサイズ感で、コートの襟元やニットの胸元、いつものバッグにどうぞ。

    おはなのブローチ&はっぱのブローチ

    いちょうのピアス&イヤリング

    いちょうのピアス&イヤリング

    こぶりで上品ないちょうシリーズ - いちょうのピアス&イヤリング -

    モノとして見るより、実際に着けるとかわいさ倍増!耳たぶにちょこんとのった金のいちょうが、耳元に愛らしい輝きを添えてくれます。小さいけれど、着けると意外に存在感がある点もポイント。

    いちょうのピアス&イヤリング

    麦のリング&ピアス

    麦のリング&ピアス

    豊かに実った麦の穂をデザイン

    自然の恵み、大地の力強さを感じさせる「麦」が主役ですが、意外にも着けてみるとフェミニンな印象をもたらしてくれます。麦の穂に適度な間隔があるので、愛らしい雰囲気に見えるのも嬉しいポイント。 年齢やスタイルを問わず身に着けていただけます。

    麦のリング&ピアス

    とりの羽根のピアス&リング

    とりの羽根のピアス

    羽根にのった、しずくのようなパール - とりの羽根のピアス -

    細かに表現されたリアルな羽根に、艶やかなパールが添えられたピアス。小鳥の羽根にちょこんと丸いしずくがのっているようです。着用時はパールがちらりと見え、思いのほか洗練された雰囲気。

    とりの羽根のピアス
    とりの羽根のリング

    隠されたパールの刹那的な美 - とりの羽根のリング -

    羽根が指を包むようなイメージのリング。羽根の下にパールが添えられています。普段は目立たちませんが、手の動きによってチラッと見えるパールの美しさ、そのかっこよさは格別です。

    とりの羽根のリング

    コギクのピアス&ネックレス

    コギクのピアス&ネックレス

    耳元に、胸元に、可憐な小菊 - コギクのピアス&ネックレス -

    シルバーとゴールドのコンビで、シックに表現されたコギクシリーズ。ピアスは耳からコギクが咲いているよう。程よい長さが凛とした雰囲気を添えています。ネックレスはちょうど鎖骨部分に花がきて、可憐な胸元を演出します。

    コギクのピアス&ネックレス

    すずらんのピアス&ネックレス

    すずらんのピアス&ネックレス

    大人の女性の愛らしさを渋く表現 - すずらんのピアス&ネックレス -

    ふっくらとした花、葉脈まで表現された葉っぱとのコンビネーションが存在感のあるシリーズです。ピアスは耳から広がるようにデザインされ、甘すぎないラインが印象的。ネックレスは鎖骨にすずらんがちょこんとのっているようで、思わず目が奪われます。

    すずらんのピアス&ネックレス

    ロープと小鳥のピアス

    ロープと小鳥のピアス

    銀の小鳥が主役のアシンメトリーピアス - ロープと小鳥のピアス -

    スタイルストアマーケットで販売中に、最も人気の高かったシリーズの一つがこちら。ロープの質感や結び目のディテールもさることながら、小鳥部分の繊細な表現、角度など計算し尽くされた作品。

    ロープと小鳥のピアス

    このアイテムのブランド

    sasakihitomi(ささきひとみ)

    花や鳥などをモチーフに、彫金で緻密に表現されたディテールが魅力の「sasakihitomi(ささきひとみ)」。デザイナーの佐々木ひとみ氏は、大学時代油絵を専攻。その後イギリスとベルギーでジュエリー作りを学び、独立しました。繊細で写実的なデザインには独特の存在感があり、その作風に魅せられた幅広い世代の女性の支持を集めています。

    佐々木 ひとみ
    佐々木 ひとみ (ささき ひとみ)

    1980年広島県生まれ。大学にて油絵を専攻した後、イギリス・ベルギーでジュエリー制作を学ぶ。2007年HRD Awards 2007 (アントワープダイヤモンド 国際コンペ)でファイナリスト受賞。 2008年ベルギー アントワープ王立芸術アカデミー ジュエリー科でBA取得後、帰国。東京都台東区にアトリエを構え、制作を行なっている。


    翌日お届けサービス

    facebook

    スタイルストアのfacebookページをチェック