会員登録 ログイン ショッピングカート

スタイルストアまとめ

いつもの料理をおもてなしレシピに!ちょい足しでできるアイデアと器選びのコツ

2018年09月07日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

いつものお料理をおもてなしレシピに!

お友達やご家族を招いてのホームパーティーでは、特別なお料理だけでなく、普段から作り慣れている一品を用意しておくと安心ですね。いつものお料理をおもてなし用にするためには、いくつかのコツがあります。今回は、ちょい足しでいつものレシピをおもてなしにするアイデアと、テーブルを華やかに見せるおすすめの器をご紹介していきましょう。

ちょい足しレシピでおしゃれに見せる

薬味の量をボリュームアップ

それでは、いつものレシピをおもてなしようにするためのちょい足しレシピのコツをご紹介していきましょう。1つ目のコツは、薬味の量をボリュームアップすることです。薬味の中には、色味が鮮やかな物も多いですよね。お料理とのコントラストが生まれ、見た目にもおしゃれな印象に。

スパイスをちょい足し

スパイスやハーブも、ちょい足しレシピでは欠かせないポイント。特に、ホール状で使うことで盛り付けた時におしゃれな雰囲気が高まります。こちらはホールのピンクペッパーが使われた一皿。白っぽい色味のお野菜と濃いピンク色のコントラストがおしゃれです。

ちょい足しのポイントは「彩り」

SAKUZAN/Sara プレート L ダークグレー

ハンバーグやサラダ、スープといったいつものメニューも、立派なおもてなしレシピになります。ポイントは、彩り。ハンバーグのプレートにもサイドディッシュを添え、そこにパープルやイエローなどの鮮やかな色味を足すことで、茶色いハンバーグがぐっと引き立ちますね。プレートに盛り込んだ時に、彩りのバランスを考えることで、いつものレシピがワンランクアップします。

プレゼンテーションでおしゃれに見せる

ソースのかけ方にも一工夫

View this post on Instagram

🔪 #ChefLife®さん(@_chef.life_)がシェアした投稿

それではここからは、プレゼンテーションのコツを見ていきましょう。お料理のプレゼンテーションとは、いわゆる盛り付けのことです。ソースをかけるお料理の場合、ソースのかけ方によって、いつものお料理をよりスタイリッシュに演出することができます。お料理に直接かけるのではなく、プレートに散らすようにするのがポイントです。

平たいものは重ねる

View this post on Instagram

🌺 Katja | Berlinさん(@breakfastwithflowers)がシェアした投稿

パンケーキのような平たいスイーツなどは、思い切って高さを出してみるのもおすすめです。みんなで取り分けるときなどは、たくさんのパンケーキを重ねてみましょう。わぁっと歓声が上がりそうなプレゼンテーションです。

ドレッシングやソルトも散らす

サラダなどにプラスするドレッシングやソルトなども、プレート全体に散らすようにすることで、おもてなし度がぐっと高まります。カフェやレストランでのプレゼンテーションを思い浮かべて、大胆に!

高さを出した盛り付け

ちょっとしたおひたしや煮物などを小鉢に盛り付けるときは、高さを出すことを意識してみましょう。お料理が安定するだけでなく、見た目にも奥行きが出ておしゃれな印象に。和食に限らず、グラッセやマリネなどにも使えるテクニックです。

余白を残した盛り付け

スイーツなどを盛り付けるときには、プレートに余白を残すとおしゃれに見えます。すでにご紹介した薬味やスパイスと同じように、ココアパウダーやパウダーシュガーを振りかけてもいいですね。ナッツやベリー類を散らすプレゼンテーションもおすすめです。

プレートをセットでそろえる

海外のお宅では、お客様をお招きした際には先祖伝来のディナーセットを使うという方も多いようです。フルセットの食器を持つことは難しくても、プレートとボウル、あるいは大皿と小皿などをセットでそろえるとテーブルに統一感が生まれ、いつもよりもワンランクアップしたコーディネートになりますね。

おもてなしレシピにおすすめの食器やプレート

SAKUZAN/Sara プレート

それではここから、スタイルストアで取り扱いのある器の中から、おもてなしレシピにおすすめのアイテムをご紹介していきましょう。まずは、和洋中どんなお料理でもおしゃれに見せてくれるグレーのプレートから。「SAKUZAN(さくざん)」の「Sara プレート」は、ダークグレーのほかに、グレーやネイビーといったダークカラーもおすすめです。

SAKUZAN/Sara スクエアプレート

テーブルにプレートを並べるときに、同じ形ばかりではなく違う形のものもミックスしてみましょう。スクエア型やオーバル型などを組み合わせることで、テーブルにリズムが生まれます。上でもご紹介した「SAKUZAN(サクザン)」の「Sara」シリーズの1つ、「Sara スクエアプレート」は、リムのデザインがフレームのような雰囲気ですね。

瑞々/すみきり大皿 

こちらは「瑞々(ミズミズ)」の「すみきり大皿 」。こっくりとした「うす飴」という色味が、テーブルに存在感を放ちます。いつものおかずをちょっぴりスタイリッシュに見せてくれる優秀プレートです。同じシリーズで、ラウンド型のプレートやボウルもあります。

SAKUZAN/Stripe オーバルプレート

こちらは「SAKUZAN(サクザン)」の「Stripe(ストライプ)オーバルプレート」。 ネーミング通り、リムの部分にラインが入ったデザインが印象的です。マットな質感のグレーがスタイリッシュ!オーバル型のプレートは、ワンプレートとしてはもちろん、大皿としておかずやサラダを盛り付けることもできます。

POTPURRI/fajans プレート

柄のある食器は、お料理の盛り付けが難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。1枚で見ているとデザインの存在感が強いかもしれませんが、お料理をのせると実によく映える!ということが多いので、ぜひ1枚手に入れてみませんか。「POTPURRI(ポトペリー)」の「fajans(ファイアンス)プレート」は、サラダをより瑞々しく見せてくれます。

Doily プレート 

色が使われていないプレートでも、こちらの「Doily プレート」はデザイン性の高いシリーズです。ネーミングにもあるように、レースペーパーのドイリーをモチーフにしたデザインを、温かみのあるオフホワイトの釉薬が引き立てています。

月夜野工房/枝豆ボウル

最後にご紹介するのは「月夜野工房(ツキヨノコウボウ)」の「枝豆ボウル」。ボウルとプレートの組み合わせで、枝豆のさやをボウルに入れることができるようになっています。お客様の目を惹く楽しい器は、おもてなしにぴったりですね。もちろん、ボウルとプレートを別々に使うこともできます。

アットホームなおもてなしを楽しもう!

いつものお料理も、ちょい足しレシピや盛り付けのプレゼンテーション、器選びによってすてきなおもてなしにすることができます。アットホームなテーブルを囲んで、お友達やご家族と心温まるひと時を過ごしてみませんか。

著者

ヘリオット麻耶

インテリアをはじめ、雑貨やファッション、アートなど美しいものが大好きです。夫と二人の息子、犬と猫と一緒に暮らしています。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧