会員登録 ログイン ショッピングカート

みんなの愛用品

使わなくなるんじゃない?そんな不安を払拭したハンドブレンダー

2021年01月28日更新

こんにちは、バイヤーの畠田です。

お買い物をする時、わたしは人よりもかなり慎重派だなと思います。十分すぎるほど情報収集や比較検討をして、それでも「結局あまり使わなくなるんじゃないか」「収納場所もとりそう」と少しでも不安だと、なかなか購入に至りません。

その代表例が「ハンドブレンダー」です。価格も安くなく、なくても日々の料理はできるもの。たまにお菓子作りをする時には生クリームやメレンゲを地道に泡立てていました。時間はかかるわ腕は痛いわで、こんな時にブレンダーがあったら便利だろうなあと思いながらも、「使うシーンはそんなに多くないし……」と、長年購入を見送っていました。

そんなわたしが最近導入に踏み切ったのが、「bamix(バーミックス)」のハンディーフードプロセッサー。今回は、実際に使ってみた感想をレポートします。

野菜嫌いのお子様でも、ポタージュにしたら大好物に

まず最初に作りたかったのが、かぼちゃのポタージュ。ブレンダー無しで潰して作ってみたこともありましたが、時間がかかり、舌触りも満足に仕上げることができませんでした。

ハンドブレンダー、やっぱりいいなあと思ったのは、料理上手な友人の使い方を聞いたことがきっかけでした。旬の野菜が手に入った時にはシンプルなポタージュにしたり、果物や野菜が余って傷みそうという時には手っ取り早くスムージーやドレッシングにして消費したり。ポタージュもスムージーも自作ドレッシングも、なんとなく「特別な一品」というイメージがあったのですが、家にある素材を使って作る「日常的な料理」としてうまく取り込んでいたのです。

その友人のお子様は、野菜全般が苦手なのに、いろんな野菜を使ったポタージュはおかわりするくらいの好物なんだそう。調理方法を変えれば嫌いな野菜を食べられて、栄養もまるごと摂れるというのはいいですよね。

煮たかぼちゃを牛乳で伸ばして、塩胡椒で味をととのえるだけで十分おいしい。

わたしも家にいる時間が増えたという環境の変化あって、お菓子やドレッシングなどを「買うのではなくて自分で作りたい」と思うことが増えました。料理のレパートリーを広げるために、技術だけでなく道具が必要になってくる場面がありますが、わたしにとっては今がその時なのかなと思います。

心配だったポイントを見事に払拭してくれたbamix

実際に使う前に特に心配だったのは「収納場所をとらないか」「洗い物やメンテナンスが面倒じゃないか」、という2点でした。特にこういった調理家電は、パーツが多くて手入れが大変というイメージはありませんか?手入れが大変だと使う頻度が減って、奥まった場所に収納されて、更に使わなくなって……と、負のループになりますよね。bamixは、そんな2つの不安を見事にクリアしてくれました。

3秒で洗い終わる、使用後の手入れの簡易さ

先に、bamixを愛用しているバイヤー中井から「簡単に洗えるよ」と聞いていたのですが、実際に使ってみると、本当に洗うのに手間がかかりません。日々の手入れ程度であれば部品の取り外しなども特に必要なく、水流にあてるだけで汚れはほぼ落ちます。その時間、わずか3秒。

これはbamixのアタッチメント独自のデザインだからできることで、ハンドブレンダーによってはこの部分が傘のようになっていて内側が洗いにくかったりします。

日々の手入れはこれで十分ですが、細かいところまできれいにしたいと思ったら先端部分を細かくバラしてきれいにできるところもいいなと思います。

アタッチメント3つがトレイひとつにおさまるコンパクトさ

無印良品の「ポリプロピレン整理ボックス4」に入れて、ちょっとだけはみでるサイズ感

そしてもうひとつが、想像していたよりもコンパクトだということ。当店で販売している、アタッチメントが3種類ついたスマートセットの場合、付属品含めて全部ひとつのトレイに収納できます(ちょっとはみ出てますが…)。

bamixはアタッチメントを変える際、先端部分だけを取り替えますが、ヘッドの部分から変えるような仕組みのハンドブレンダーも多いです。その場合はアタッチメントの数だけ収納場所が必要になるので、トレイひとつに収まるこのコンパクトさは本当にありがたいです。

サイズが小さい割に約975gと重量感がありますが、この重さが撹拌時の動作を安定させてくれているんだそう。確かに、軽すぎると動作させた時に押さえる力が必要で腕が疲れそうだなと思いました。

実はもともとbamixを買おうと思っていたわけではなくて、ハンドブレンダーをいろいろと比較検討した末に、上記の「手入れ」と「コンパクトさ」の観点で最もいいなと思ったのがbamixでした。それ以外にも、ハンディプロセッサーの専門メーカーであることや、保証期間が購入後5年間と長く、何かあってもアフターサービスに安心できることも決め手でした。bamixは他のハンドブレンダーと比べると高価なため悩みましたが、迷った時はいつも「買う理由が値段だったら買わない、買わない理由が値段だったら買う」という言葉を拠り所にしています。

置き型のミキサーと比べると、鍋やコップの中で撹拌することができて余分な洗い物が増えないので、ずぼらなわたしでも、面倒がらずに使い続けることができそうだなと思います。これからのキッチン仕事の、新しい相棒になってくれそうです。

著者

畠田 有香

ショッピングユニットでバイヤーをしています。その商品のどこが良いのか、なぜ良いのかを、わかりやすくみなさまにお届けしたいと思っています。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧