会員登録 ログイン ショッピングカート

みんなの旅手帖

シンガポール旅手帖‐第1回 デザイン界のキーマン

2017年01月24日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

SONY DSC

こんにちは、バイヤーアシスタントの
天野です。

先日、日本の商品を海外の方にご紹介
する展示会のお仕事があり、
シンガポールに出張に行ってきました。

お仕事の合間に、シンガポールを
たっぷりと満喫してきたので、
その模様を、全3回でお届けしたいと
思います。

第1回と第2回では、現地で人気の
セレクトショップオーナーにお話しを
伺いながら、街歩きで見つけた
シンガポールの魅力をお伝えします。
最終回では、ちょっとディープな
おすすめグルメやスポットをご紹介予定。

それでは皆さま、行ってらっしゃいませ!


シンガポールって、どんな国?

日本人にも人気の旅行先、シンガポール。
東南アジアの小国で、マレー半島の
突端にある、1年中暖かい気候の国です。

お馴染みのマーライオンや、屋上プールが
有名なマリーナベイサンズホテル・・・。

なんとなくのイメージはありましたが、
正直、実際に行くまで詳しいことは
あまり知りませんでした。

SONY DSC

現地を訪れて、一番驚いたのは
街のいたるところで様々な言語での
会話が聞こえてくること。

東京23区ほどといわれる面積の中に、
中国、マレー、インドなどさまざまな
人種が暮らす地域が混在しています。

SONY DSC

アラブストリートにはモスクが。礼拝の声が街に響きます。

地下鉄で一駅隣に行くだけで、
別の国に来てしまったかのような
不思議な感覚に。

滞在中は、連日30度を超える
真夏のような日々でしたが、次々に
変わる街並みを見ながら歩くだけで
時間を忘れて楽しむことができたのです。

シンガポールとスタイルストアの関係

実は、シンガポールとは所縁のある
スタイルストア。

スタイルストアでお取り扱いしている
こちらのお皿は、シンガポールの
デザインプロジェクトで作られたもの。

ご縁があり、日本国内では特別に
スタイルストアだけで販売されているのです。

このデザインプロジェクトの中心人物
であるエドウィン・ローさんは、
シンガポールで絶大な人気を誇る
セレクトショップ、「Supermama(スーパーママ)」
のオーナー兼デザイナー。

今回、シンガポールを訪れた際に
お話を伺う機会があったので
ご自身のお店のことや、
シンガポールの文化・人々のことを
あれこれ教えてもらってきました。

シンガポールデザイン界のキーパーソンに会ってきた

SONY DSC

快くインタビューに応えてくれました。

「シンガポールデザイン界のキーパーソン」
と言われるエドウィンさん。
多くの現地メディアが注目し、彼が
声をかけると、すぐに多くのデザイナーが
集まるネットワークを持っています。

そんなエドウィンさんですが、自分のお店を
始めたのはとてもシンプルな理由でした。

「二人目の子供が産まれたことを期に、
子供と過ごす時間をもっと大切に
したい、と考えるようになったのです。」

SONY DSC

お洒落な外観のSupermama Beach Road店

家族との時間を第一に考え、
それまでの工業デザイナーという
忙しい仕事を辞めて、「スーパーママ」を
オープンさせたそうです。

暮らしに合わせて、デザインを変える

SONY DSC

店内にズラリと並ぶ有田焼のお皿は、なんと「スターウォーズ」とのコラボ商品。

エドウィンさんのお店には、日本人の
手仕事を感じられる、洗練された商品が
数多く並んでいます。

抜群のセンスでセレクトされた日本の
製品は、シンガポールでも人気が高い
のだとか。

学生時代にデザイン学校のプログラムの
一環で日本に行ったことをきっかけに、
日本の製品に興味を持ったという
エドウィンさん。

「日本の製品は素晴らしかったけど
それでもシンガポールには馴染まないな
と感じるものもありました。
それは、日本とシンガポールの文化の
違いが原因だと思いました。」

SONY DSC

夜遅くまで賑わうフードコートは、地元民の憩いの場。

例えば、シンガポールの一般的な家庭では
食事は外食が基本。家で料理をしないので、
食器にお金をかける人は少ないのです。

SONY DSC

地元の人々に紛れて、スパイシーな麺をいただく。

そこで思いついたのが「技術力の高い日本の
メーカーに製造をお願いし、シンガポール用に
再デザインをする」ということ。

SONY DSC

お皿に描かれたアイコンで、シンガポールを表現しています。

「ギフトやお土産として買ってもらえる
ようなデザインの食器を考えました。」

有田焼のお皿にシンガポールの特徴的な
アイコンを描き、インテリアとしても
飾れるようにしたのです。

EB193-00-0001-B245

中央付近には、マーライオンの姿も。

この商品は、日本の伝統的な産業と
シンガポールを結びつけたプロジェクト
としても高く評価され、2013年に
シンガポールの権威あるデザイン賞
「President’s Design Award」を受賞しました。

「シンガポールは、多民族国家。
様々な文化が混在するからこそ、
私たちは多くの人に受け入れられるような
デザインを考えることができるのです。
それがシンガポールの最大の強み
ですね。」

SONY DSC

こんな風に、人々の暮らしに合わせた
考え方ができるのは、この国ならではの
文化的な背景があるからなのだなと納得。

街を歩いていると、最先端なデザインの
高層ビルと昔ながらの街並みが共存して
いて、シンガポールをさらに魅力的に
みせてくれます。

まだまだ続く、シンガポール旅手帖。
シンガポールの魅力をたっぷり伝えます。


シンガポール旅手帖
-第1回 デザイン界のキーマン

-第2回 街歩きで異文化体験

-第3回 ちょっとディープなグルメ&スポット

著者

天野 愛子

スタイルストアでアシスタントバイヤーをしています。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧