会員登録 ログイン ショッピングカート

コラム

HOKEN シェイビングクリームと美魔女の秘密

2017年03月11日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

皆さま、こんにちは。
バイヤーの柳沼です。
三寒四温の3月ですが、健やかに
お過ごしでしょうか。

先日HOKENのクレンジングオイル
ご購入いただいたお客さまから、
嬉しいお声をいただきました。
群馬県にお住いのさだきちさん(女性)
からのつかい手の声です。

「ホーケンのシェイビングクリーム
使い心地が良いことや、ホーケンの
ものづくりに対する姿勢に好印象を
持ち、他の商品もぜひ使ってみたい
と思い、注文しました。肌にやさしい
うえ、洗い上がりはすっきり。
ほのかな柑橘系の香りもよいです。」

GC274-00-0000-A500

声を拝読して、HOKEN 古屋さんの
インタビューを読んでくださったのかな
と思いました。古屋さんにもお伝えした
ところ、大変喜んでおられて、

「お客さまの声!とても嬉しいです!
有難いですね・・・本当に。
お客さまと一緒に、小さな幸せを
感じながら、時を重ねられればと
思います」

とメールの返信が来ました。
最後の一文が古屋さんらしいです。

ho-ken_13

さて、HOKENの人気NO.1商品
といえば、当店ではやはり
HONEYX シェイビングクリーム」。

しかしこちらのクリーム、品質管理上、
期間限定でのお取り扱いとなって
おり、3月いっぱいで一度販売が
終了になります。

私自身もシェイビングクリームを愛用
していて、古屋さんの取材のときに、
一人のユーザーとして製品について
気になることをいろいろお聞きしました。

20

シェイビングクリームをまめに塗っているという古屋さんの手、真っ白!ふっくら!

皆さんにも参考にして頂けそうなので、
こちらでお伝えしたいと思います。

はちみつが肌にいいのは何故でしょう?

まず気になったのは、蜂蜜を配合した
化粧品はHOKEN以外にもいろいろ
ありますが、そもそも蜂蜜が具体的に
肌にどういいのか?ということでした。

古屋さんによると、蜂蜜の80%は糖で、
その糖分が保湿にとてもいい成分
なのだそうです。ガサガサになった
唇に蜂蜜をぬってラップでパックする
といい、なんて民間療法がありますが、
あれも蜂蜜の糖による保湿効果を
いかしたものですね。

 

また、もう一つ肌に素晴らしい効果を
発揮するといわれているのが、
ローヤルゼリーです。これは希少で
高価なものなので、HOKENの中でも
限られた商品に配合されており、
高いものほど配合量が多くなっています。

当店の取り扱いの中だとビーマックス
コンプリートジェルにはローヤルゼリー
が配合されていますね。でもこちらは
古屋さん曰く「ライトな使い心地」だそう
で、本気のスキンケアには直営店のみ
で購入できる「ゴールデンクリーム」が
一番おすすめとのことでした。

時間が経ってから、潤いを実感する理由

もう一つ、シェイビングクリームの
愛用者がよく口にするのが、塗って
時間が経ってからの方が、「まだ
潤ってる!」と効果を実感する、
ということです。

hoken_hand

どんなハンドクリームでも、塗った
直後はしっとりしますよね。
でも、時間が経ってからそんな風に
実感するクリームというのは珍しいと
思いませんか?

その理由を古屋さんに聞いてみると、
「うちのクリーム特有のテクスチャーの
影響じゃないでしょうか?」とのこと。

確かにシェイビングクリームは、
やわらかめのカスタードクリームの
ような独特のテクスチャーです。
これは創業者であり、古屋さんの
おじい様でもある高橋四郎さんが
考案した製法によるもの。
蜂蜜を乳化させ、とろっとした
クリーム状にすることで、肌への
浸透がよく、浸透するからこそ、
潤いが長持ちするんですね。

余談:HOKENユーザーの美魔女の話

最後に、古屋さんから聞いた数々の
エピソードの中で、一番印象に残って
いるのが、HOKENをずっと使っている
70代のおばあちゃまの話。

正確に言うと、そのおばあちゃまの
すっぴんの肌があまりにきれいで、
ゴミ捨て場で会うたびに気になって
いたという女性が、ある日思い切って
どこの化粧品をを使っているのか
聞いたら、HOKENだった、という話
です。

戦後、焼け野原になった銀座を見て、
化粧品など作っている場合ではない
と意気消沈した高橋さん(創業者)。
彼を奮い立たせたのは、やはり
「HOKENの化粧品をまた作って」
という、愛用者からの声だったそう。

互いへの愛と敬意を感じるような、
「つくり手」と「つかい手」のいい関係
に、胸が熱くなる思いでした。
また長年HOKENを使っている方の
肌が、思わず声をかけたくなるほど
美しかった、というのもいい話ですよね。

ho-ken_05

そんなエピソードなが、直接古屋さん
の耳に入るのは、やはりHOKENと
お客さまとの距離が近いから、という
ことですよね。

「作っているのは化粧品だけれども、
規模もお客さまとの関係も、野菜の
生産者と市場に買いに来てくれる
お客さま、ぐらいのイメージなんです
よ、うちは」と朗らかに笑っておられた
様子が印象的でした。


シェイビングクリームは3月で一度
販売がお休みになりますが、また
秋になったら販売を再開いたします。

HOKEN 古屋さんインタビューはこちら

ho-ken_02

上質な化粧品を、
必要としてくれる人のために
-HOKEN 古屋和美さんインタビュー

著者

柳沼 周子

大手小売業で服飾雑貨のバイイング、新規ブランド開発を行う。その後活動の場をインターネットに移し、2006年にスタイルストアへ参加。 得意ジャンルは服飾雑貨、最近は地方の名品発掘がおもしろくて仕方がない。モノの背景を知ってこそ見える、真のお買い得品をセレクトする、これが信念です。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧