会員登録 ログイン ショッピングカート

みんなの愛用品

足の冷え問題から卒業できた理由

2020年01月06日更新

冷え性なので、気温が下がる時期に特に悩まされてきたのが「足元の冷え問題」。エアコンをつけてもどうしてもお家やオフィスで床冷えがあったり、温風が届きにくい洗面所での冷えが気になっていたんですね。

そしてこれまでにいろいろと足元の冷え対策を試してきた中で、一番だなと感じたのは「足首」をあたためる方法でした。ただ、足首をあたためるといっても方法はさまざま。ルームシューズを履き比べてみたり、靴下やレッグウォーマーを重ね履きしてみましたが、あったかいけれど何個もアイテムを組み合わせたりするのが少し面倒に感じることも・・・。

そんな中、「これさえ履いておけば、冷え問題はもう解決!」と心から思えるものがあったらと思い、毛布づくりとスリッパづくりのプロ達に作ってもらったのが、こちらのウール100%のルームブーツでした。

これ1足履いておけばあったかい

このルームブーツを作る中で大切にしたことが3つあります。まずひとつめは、「これ1足だけ履いておけば、楽にあたたまる」ということ。

なので、1つでスリッパ、靴下、レッグウォーマーの役割を果たせるように、形はルームブーツ型にしています。丈は足首ギリギリではなくて、足首とふくらはぎの中間くらい。太い血管が集まるところがすっぽり覆われ、あたたまった空気が逃げにくい丈です。

正直、素足にこれを履くだけでぽかぽかで過ごせるので、これまでよりも手軽に暖を取れるなと感じています。

最高にあったかくて蒸れない、「ウール100%」を使う

素材選びも大切にしたポイントで、内側には保温性に優れているウール100%の生地を選びました。ウールを使っているルームブーツは世の中にたくさんありますが、中にはウールとうたっていても実は化学繊維の混率が高くて蒸れやすかったり、海外製で洗いが甘くて独特の獣のにおいが強いものもあります。

このルームブーツに使っているのは、もともと高級毛布に使っているウール100%の生地。足が触れるところは全て天然100%の毛なので長時間履いたり、素足で履いても全く蒸れません。お部屋のどこにいても、毛布に包まれているような感覚になるくらい、あたたかく過ごせます。

化繊混だと汗が放出されにくくにおいが気になったりすることもありますが、実際に履いていて天然100%はその心配がほぼないと感じています。また、毛布として羽織れるくらいのきちんと洗浄された素材なので、獣独特のにおいが気になりません。

その道のプロ達に作ってもらう

そしてもうひとつ大切にしたのが、素材も縫製もその道のプロ達にお願いして、最高の品質で作ってもらうことです。毛布やスリッパのデザインをされているLOOM&SPOOLの廣瀬友子さんのご協力のもと、日本で数少ない高品質毛布を作っている大阪のメーカーさんの素材を使い、スリッパづくり一筋の四国のメーカーさんに仕立てていただきました。

それぞれの方がいい仕事をしてくださったおかげで、あたたかさはもちろん、へたりにくく、丈夫なつくりのルームブーツに仕上がっています。

もし汚れても、お家で洗えます

キッチンで料理したり掃除をしたりしていると、使っているうちにどうしても汚れが付く場合もあります。そんな時も、こちらのルームブーツは、洗えるウールを使っているので、お家で気軽にお洗濯できるのも嬉しいところです。

実際に洗ってみましたのでご紹介しますね。

染みが気になる場所に、天然素材にも使える洗剤を直接かけると汚れが落ちやすいです。

その後はぬるま湯に洗剤を溶かして手洗いするか、ネットに入れれば手洗いモードで洗濯機も使えます。

脱水したら形を整えて、陰干しします。

右側が洗濯後の状態。毛並みは少し変わりますが、あたたかさは変わりません。

一度履いたらもう脱げない一足。足の冷え問題から卒業したいすべての方に、ぜひ履いていただきたいです。

著者

中井明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧