会員登録 ログイン ショッピングカート

みんなの愛用品

3歳児のママがマルチ布団ドライヤーを選んだ理由

2018年12月30日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

先日、友人から
「スタイルストアでお買い物したよ」と
嬉しい報告をもらいました。
買ってくれたのは、BRUNOの
「マルチふとんドライヤー」。

ふかふかであたたかくなった
布団にもぐりこむのは至福のとき。
気温も一層低くなり、寒さ対策かなと
思いきや、友人は別の理由で
この商品を買ってくれていました。
よくよく話を聞いてみて、自分では
気づかなかったこの製品の魅力を
知りました。

きっかけは、喘息持ちのお子さん

その友人には、幼稚園に通う
喘息持ちのお子さんがいます。

同じく喘息持ちのお子さんを持つママ友に
相談したところ、「ダニ対策をしたら
症状が改善したよ」とのこと。
(友人のお子さんも肺が弱いそうで、
ダニを含んだ埃を吸い込んで
喘息につながってしまうんだそうです。)

ダニは50度以上の熱で死滅すると言われています。(マルチふとんドライヤーの最高温度は75度。)

絨毯やカーテンなど、ダニは家の
あらゆるところに住みついていますが、
まず対策すべきは1日の内8時間は
体に接している「寝具」。

布団をあたためつつ、ダニ対策もできる!
ということで、ふとん乾燥機の購入を
決めたのでした。

軽くてコンパクト、出しっぱなしでもいいから使い続けられる

ダニを減らすためには、
「ダニを駆除して、吸い取る」
ということが不可欠です。
(死んだダニもアレルギーの元になるので、
しっかりと掃除機で吸い取る必要があります。
普通の掃除機で良いので、片面1分くらいかけて
じっくりとかけると効果的なんだそうです。)

そしてなにより、ダニは1年中増え続けるので
こまめに根気よく続けることが大切。

ここでポイントになってくるのが
「扱いやすさ」と
「出しっぱなしでもOKな見た目」。

布団乾燥機は3kg以上のものが多い中、
BRUNOは1.4kgと軽く、持ち手付きで
片手でも移動させやすい。
更に部屋に出しっぱなしにしておいても
気にならない見た目のものは
他社製品にはなかなかなく、貴重なんですね。

都内のマンション暮らしで
部屋には子供のおもちゃなども多く
スペースも限られている中で、
「縦置きできてコンパクト」
というのもポイントだったそうです。

進学したら上履き乾燥に使える

もう1点、購入を後押ししたのは
靴乾燥アタッチメント。
「これから小学校にあがる
子供の上履きを乾かすのに便利そう」とのこと。

たしかに、普通の靴と違って上履きは
頻繁に洗う必要がありますし、
週末が雨でも必ず月曜は必要なもの。
小学生のお子さん持ちのお母さんには
心強い存在だと思います。

冬場だけではなく、
じめじめが続く梅雨や秋雨の時期など
年中活躍する、家庭の味方。
友人宅でも、これから存分に
活躍してくれたらいいなあと思います。

著者

畠田 有香

スタイルストア新人バイヤー。
その商品のどこが良いのか、なぜ良いのかを、わかりやすくみなさまにお届けしたいと思っています。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧