【重要なお知らせ】キャリアメールアドレス(携帯電話のメールアドレス)をご登録のお客様へ
会員登録 ログイン ショッピングカート

コラム

限られたスペースを活用する! おすすめの壁面収納アイテム5選

2021年03月31日更新

小さなお家や賃貸のお部屋では、収納スペースが足りなかったり、家具を置く場所がないとお困りの方も多いのではないでしょうか。そんなときは、壁を有効活用した収納にトライしてみませんか?

「あえて見せる」「見えてもOK」壁紙収納に役立つアイテムをご紹介します。

見せるためのつっぱり棒「DRAW A LINE/Tension Rod B」

狭い空間や部屋を有効活用したいときに活躍するつっぱり棒。一般的なものは見えるとちょっと不格好なので、隠したり、見えない位置で使うことも多いアイテムですよね。でも、あえて見せたくなるつっぱり棒、あります。

「DRAW A LINE/Tension Rod B」は、便利グッズの位置づけだった突っ張り棒を「おしゃれなインテリア」へと昇華させたアイテム。

同シリーズのシェルフやテーブルと組み合わせて使うことでこんなにおしゃれに見せる収納ができます。

美しく吊り下げ収納できる「とみおかクリーニング/マグネットフック」

キッチンでよく使うものは、吊り下げて収納している方も多いと思います。でも、よくあるS字フックは回転してしまったり、物が取りにくかったり、やや使いづらさを感じることが……。そこで! もっと快適に吊り下げたいという方におすすめなのが、「とみおかクリーニング/マグネットフック」です。

マグネットでフックが固定できるので、小さなストレスが減ります。シンプルなデザイン、コンパクトなつくり、見た目がスッキリしているのも高評価ポイント。磁石がくっつくところであればどこでも使えるので、キッチンをはじめ、玄関ドアや洗濯機など、用途に合わせて活用してみてください。

「とみおかクリーニング/マグネットフック」つかい手の声

■マグネットフック、どんなものでも良ければ100円ショップにもありますが、そこそこ重いものにも耐えられて、目に触れても安っぽくない材質でシンプルな形状、5個セットでこのお値段なら、お買い得だと思います。3ケは台所で使用し、1ケは会社のスチール製事務机の脇に付けて、昼休みに外出するときに使用するポーチ(財布、携帯、化粧ポーチ、スケジュール手帳入り)を下げていますがびくともしません。残り1ケは何に使おうかと考え中です。(わたりがらす さん 東京都 40代女性)

■これは便利! キッチンまわりのグッズの素材としてシンプルなステンレスで統一したいのと、マグネットで使いやすそうだったので購入しました。キッチン周りにものは増やしたくない、必要な道具は機能的に使いたい、見えないところにしまうと出し入れの手間が面倒になる、そんなジレンマを解消してくれます。(hortensia さん 広島県 50代女性)

■レンジフードにくっつけて、お玉などを吊るしています。以前はヘラなどと一緒に道具立てに入れていてそれでいいと思っていましたが、吊るしてみると意外と使いやすいし、コンロ周りがすっきりしました。マグネットが強力なのでしっかり張り付いています。(aya2 さん 東京都 50代女性)

美しく機能的、ドアに収納スペースをつくる「足立道具店/ドア用フック」

外から帰ってきて脱いだ上着、エコバッグなどの一時置き場として、ドア用フックを使うと便利です。衣類用の除菌&消臭スプレーをかけて、このようにしばらく風を通すこともできるので、衛生面が気になるときにも活躍します。

引っ掛けるだけで簡単に取り付けができる「足立道具店/ドア用フック」。用途に合わせてサイズを選べます。ステンレス製のシンプルなデザインで、美しく機能的に収納スペースをつくりたい方はぜひチェックしてみてください。お客様から「買ってよかった!」という声を多くいただいています。

「足立道具店/ドア用フック」つかい手の声

■以前購入して、デザインも使い心地も大満足だったので買い足しました。同じような機能でもっとお安い商品もあるかと思いますが、細部まで丁寧に作られているこちらに勝るものはないかと思います。(インディゴ さん 兵庫県 40代女性)

■美観を損ねないフックだとは思いつつも、値段で及び腰になっていました。「物を掛ける」という機能を満たすことだけを考えた時には、他と比べてやっぱり値段が高いとは思いますが、クローゼットを見るたびにあ、綺麗だな、良いなと思えるので、私にとっては思い切って買ってよかったです。(匿名 さん 岡山県 30代女性)

■昔あったキッチンフックがとても気に入っていて、キッチンフックの追加購入とドア用フックの新規購入を考えた時には既に販売が終了していたので残念に思っていました。ドア用フックが再販されているのをみて、すぐに購入しました。二本は洗面所ドアに設置してバスタオル掛けに、二本は居間への扉にかけて毎日使うカバンを夫婦でかけています。シンプルなもので、値段は安くないですが、キッチンフックで使い勝手は分かっていたので迷いはありませんでした。キッチンフックも是非再販してほしいです。(Mingzi さん 岡山県 30代女性)

バーから外れにくいS字フック「tidy/S Hook」

引っ掛けられるところさえあればどこでも役立つS字フック。ものすごく便利な反面、吊り下げていたものを取ろうとするとフックまでいっしょに外れてしまうことがありませんか。S字フックの活躍っぷりを考えれば我慢できなくはないストレスですが、外れなければもっと最高ですよね。そこでこちら、「tidy/S Hook」をご紹介します。

フックが外れてしまうストレスをなくすため、片側の先端がやわらかい素材になっていて、吊り下げ場所に一度通してしまえばそれでOK。フック部分がほとんど閉じているので、S字フックが前後に動いてもほぼ外れることはありません。S字フックの使用率が高い方にこそ注目してほしいアイテムです。

「tidy/S Hook」つかい手の声

■細々とした場所にS字フックを使ってますが、掛け外しの際によく外れて落としてしまうことが多かったのですが、これなら大丈夫です。ステンレス製とは違い、掛けている先に傷もつきににく良いです。白いポールのところには白、ステンレスポールにはグレーと使い分けており、馴染む色が2色あるのもお気に入りです。(るる さん 東京都 50代女性)

■とても便利で毎日の小さなストレスがなくなりました!キッチンと風呂場で使っています。お値段も手頃で、もっと買えばよかったと思っています。自宅用とプレゼント用に追加購入しそうです。(匿名 さん 愛知県 30代女性)

■浴室で掃除用のスポンジやブラシを吊すのに使っています。掃除のたびにフックが落ちるストレスから解放されました。(匿名 さん 北海道 30代女性)

小さなフックにもとことんこだわる「千葉工作所/Hook」

壁付けのフックは、小さなポイントですがなにかと目につく部分。ここにこだわるだけで空間の雰囲気がガラリと変わるから不思議です。100円、200円も出せば十分なフックが買えますが、毎日目にするものだからこそ、妥協なく美しいものを選んでみませんか。

当店の人気は「千葉工作所」のフック。名古屋の工房で、1点ずつ丁寧に作られているものです。緻密でどこかプロダクトっぽい雰囲気と、手作りならではの細やかな仕様とのバランスが絶妙で、ありそうでなかなかない佇まいが魅力的ですよね。

真鍮と鉄の2素材、角型と丸型2型をご用意しています。インテリアにマッチする方をお選びください。

「千葉工作所/Hook」つかい手の声

■バイヤーさんのコラムがきっかけで、千葉工作所さんの真鍮製の作品の大ファンとなり、ハンガー、タオルホルダー、ペーパーホルダー、ペーパーストッカー等を少しずつ買い足しています。以前購入したフック丸型が欲しかったのですが、欠品していたので、今回はフック角型を2つ購入しました。角型も空間が引き締まって素敵です。玄関に取り付けて、以前購入した真鍮製のハンガーを吊り下げ、外出用のマフラーを掛けています。春夏は外出用の薄手ストールを掛ける予定です。毎日使う物だからこそ、上質で心がときめく物を選ぶことは、暮らしの質の向上に繋がるんだなと改めて思いました。(ローズ さん 東京都 30代女性)

■キッチンタオルやエプロンをかけるのに3つ並べて付けました。しっかりしているしデザインも可愛くて、とても使いやすいです。(サナ さん 兵庫県 50代女性)

■以前、千葉工作所さんのタオルホルダーをこちらのサイトで購入し、とても素敵でしたので、フックも購入させていただきました。丸型タイプはずっと入荷待ちでしたので、購入させていただけてとても嬉しいです。某メーカーのコードレス掃除機を引っ掛けています。今までは画ビョウで留めるタイプのフックを使っていましたが、耐過重がギリギリでフックごと掃除機が落ちてしまうことがありましたが、こちらのお品は壁に下穴を開けてネジで固定するタイプなのでそういったことが起こらず、フックを付け直す手間とストレスから解放されました。見た目も素敵なので、自分の通勤バッグなどを掛けるのにもうひとつ欲しくなりました。(ローズ さん 東京都 30代女性)

「収納スペースが足りない」「ここに置けたら便利なのに」そんなポイントがある方は、壁面収納を考えてみてください。難易度が高そうに見えますが、意外と簡単なんです。


文・構成/丘田麻美子

著者

スタイルストア編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧