会員登録 ログイン ショッピングカート

みんなの愛用品

脚が起毛シルクに包まれる、心地よさとあたたかさ

2021年01月15日更新

バイヤーの柳沼です。昨年末に「買ってよかったもの」というコラムを書きました。今日ご紹介するDRESS HERSELFのウォームシルクテーパードパンツは、コラムを書いた直後に購入したもので、いやー執筆前に着用していたら、これは間違いなくNO.1にランクインしたかもしれない……そんな、久しぶりに感動したお買い物です。

皆さんに想像して頂きたいのは、太ももから足首まで、脚全体がシルクの「わた」でみっしり覆われる気持ち良さとあたたかさ。しかもスウェットパンツなのに美脚に見えるという、嬉しいおまけつきでした。

はいてビックリ、こんなの初めて~

こちらのテーパードパンツ、ちょっと細身の普通のスウェットパンツに見えると思います。が、まず表の素材がふわふわとやわらかいのにビックリ。

見た目は普通のスウェットに見えますが…

そして足を入れると、起毛シルクの肌触りの良さにまたビックリ。この気持ち良さ、なんと表現すればよいだろうと考えたのですが、一番しっくりくる表現は、綿でよく見る「わた」ありますよね?あれのシルク版で足がみっしり覆われる、という感じ。

しかも見てください、これ裏表ひっくり返した写真ですが、もう下半身丸々シルクのわたで包まれるという贅沢仕様なんです。

白い部分が起毛シルク、これが脚全体を覆う気持ち良さと言ったら!

さらに、形が「テーパード」。脚のラインに沿うので、よりシルク起毛が肌に触れる面積が大きいんですね。だからウォームシルクシリーズの中でも、ふわふわシルクの気持ち良さとあたたかさを、もっとも肌で感じやすいのが、こちらのテーパードパンツと言えるのではないかと思います。

だから、DRESS HERSELFのウォームシルクシリーズ、ちょっと気になっているんだよね、という方がいらしたら、私は真っ先にお薦めします。「まず買うならテーパードのパンツだよ」と。

乾燥しやすい大人の肌に優しいパンツでもある

DRESS HERSELFの洋服はいろいろ購入してきましたが、正直に言うと、ワンマイルウエアのパンツに税込14,850円は少々予算オーバーでした。でも思い切って買ってよかった、と実感したのが、肌触りの良さ裏起毛のあたたかさに加えて、「肌が乾燥しない」ことでした。

私は11号体型、無印やユニクロではレディスのLまたはメンズのSを選びます

11号体型の私がこのパンツを穿くと、ご覧の通り比較的足にフィットする着用感になります。つまり、穿いている間は、起毛シルクが肌に常時触れている状態なんですね。

自宅で、TUTIE.の接結パンツと、こちらのテーパードパンツを交互に着用するようになってから、脚の乾燥が劇的に改善しました。以前は、寝ている間に爪を立てて掻くほど、かゆみを伴う乾燥に悩まされていたのですが、それがほぼなくなって、シルクの保湿・調湿力に守られているのだなと実感できた次第です。

肌にあたる部分はシルク100%であることに加え、縫い目もフラットで凸凹がないため、脚にぴったりしてもごろつく部分がなく、ノンストレスな穿き心地です(肌が乾燥している時は、こういう縫い目のボコボコがあたるだけでも、それが刺激になって、かゆみの原因になったりしますよね)。

機能的でもある美脚シルエット

写真ではかなりほっそりして見えたので、自分が穿いたらムチムチした感じなるかなと心配しながらの購入でしたが、実際は適度なフィット感という感じ。逆に、この細見えするシルエットが、一般的なスウェットパンツにはなかなかないので新鮮でした。

実際に穿いてみてよかったのが、膝下が細い分、パジャマ代わりに着るときに、布団の中で裾が上にあがってこないこと。長めのコートを羽織ると、膝下がすっきりしているので部屋着感がなく、近所の買い物程度なら外着としても活躍することでした。

また、ウエストがしっかりしたつくりなので、ズルズル下がってこないんです。きつくはいないんですが、ピシッとウエストで止まる。そのため、ヒップラインもきれいなまま維持されて、「スウェットパンツなのに美脚」が実現されているのだと思います。

気持ち良さ、あたたかさ、見た目が好き、肌が乾燥しない……自宅で過ごすための服が快適だと、こんなに幸福度が上がるんだなと教えてくれた、DRESS HERSELFのウォームシルクテーパードパンツ。特に脚の乾燥にお悩みの方に穿いてみて欲しい1本です。

著者

柳沼 周子

大手小売業で服飾雑貨のバイイング、新規ブランド開発を行う。その後活動の場をインターネットに移し、2006年にスタイルストアへ参加。 得意ジャンルは服飾雑貨、最近は地方の名品発掘がおもしろくて仕方がない。モノの背景を知ってこそ見える、真のお買い得品をセレクトする、これが信念です。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧