会員登録 ログイン ショッピングカート

Today's Story

顔まわりが明るく映えるカディコットンシャツ

2020年09月16日更新

インドで手紡ぎ、手織りで作られるコットン素材を使った、C.P.KOO(セーペルクー)のカディコットンシャツに新色が仲間入りしました。透けないだけではなく、カジュアルにもきれいめにも着られる当店限定のこちらのシャツ。ダークな色でまとまりがちな秋冬のコーディネートをいつもと違うように見せたい、ビデオ通話でも顔が暗く見えないように、との考えのもと、あえて色出しした新色は、顔回りがぱっと華やかに見える明るい色ばかりです。

2つの型で12種類のカラー

カディコットンのシャツデザインは、前開きとプルオーバーの2種類あります。すでに販売をしている色に加えて、各型2色ずつ新色が加わったので、バリエーションは12種類。この豊富なカラーバリエーション、ちょっとワクワクしませんか。

まずは、温暖差が激しい季節の変わり目に羽織りとしても重宝する、前開きシャツからご紹介します。

前開きシャツは、ホワイト、ネイビー、マゼンダ、グリーン、ブルーの5色が、すでに販売していた色。

そこに、新色のラベンダー、ミントグリーンが加わり、全7色になりました。

秋冬のコートやカーディガンは、ネイビーやグレーなど、シックな色が多くなります。そんな暗めの羽織りとコーディネートした時でも、明るくなるようにと、考えたんです。

実際に撮影をしてみて、シックな色ときれい目の色は相性がいいので、あまり難しいことを考えなくても、コーディネートがきまるなと思いました。

続いては、プルオーバーのご紹介です。

今年の2月に販売を開始したこちら。ホワイトとグリーン、オレンジの全3色でした。

そこに、新色のレッドとブルーが加わり、全5色になりました。

新色はビビッドですが、こちらもシックな色との相性良し!トップスをこのシャツに変えるだけで、印象が変わると思いますよ。

白いカディコットン生地を縫製し、シャツの状態にしてから染めるという製品染めなので、好きな色に染められます。優しいパステルカラーも、パッと目を惹くビビッドな色もいわば染料次第。

大人の女性が着た時に、華やかに見えて、しかもチープに見えないようにと、何度も色の調整をしました。

手紡ぎのカディコットンは、大量生産ができない贅沢な生地。それを製品にする際には、傷のある部分を避けて裁断、縫製するので、どうしてもロスが出てしまいます。なので正直、一色あたりの生産枚数はそんなに多くはありません。それでもこの生地の良さを伝えようと、C.P.KOOが当店用に作ったのがこの2種類のシャツなんです。

一枚で着ても羽織りを合わせても、大人の女性の顔を明るく華やかに見せてくれる、この映えシャツ。ここぞという時に、思わず手に取ってしまう、頼りがいのある一着になると思います。

著者

楠美冴登

ショッピングユニットでバイヤーをしています。
スタイルストアの商品によって、どこかで誰かがちょっとだけ幸せになればいいなと思ってバイイングをしています。それだけが私の大きなこだわりです。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧