会員登録 ログイン ショッピングカート

Today's Story

そのまま外出!リネンのインナーシリーズが再入荷

2020年06月27日更新

TUTIE.(ツチエ)にリクエストして作ってもらった、リネン生地のインナーが再入荷しました。つかい手の声をヒントに、リネンの布帛生地で作ったこちら。これから夏本番を迎えるにあたって、準備しておきたい便利なアイテムが、今なら全型、全色揃っています。

布帛のリネン生地のインナーの推しポイント

このインナーが他と大きく違う所は、伸縮性が無い布帛生地で作っているという事。伸びない生地のインナーというと、動きづらいのでは?と懸念する方もいらっしゃると思いますが、そこはサイズ感でクリアできる問題で、懸念ポイントを上回る良さがあるんです。

それが
1、体のラインを拾わない
2、上に着たものがはりつかない

この2つです。

インナーといえば、着心地や動きやすさが重視されるので、一般的には、伸縮性の高いカットソー生地が使われます。でも、カットソー生地のインナーは、フィットする分、体のラインを拾いやすいんです。

透け感のない服のインナーとして着るぶんにはいいのですが、春夏シーズンの薄手のワンピースやトップスを着る際は、要注意。透ける生地のせいで、自分の体のシルエットが透けて見えてしまいます。

もう一つ、カットソー生地のインナーでよくあるのは、上に着た服にはりついたり、もたついたりする事。上の画像のように、トップスが薄手で柔らかい素材だったりすると、なおさらです。

こういう、透ける素材や柔らかい薄手の素材の服が多く出る、春夏シーズンだからこそ生まれるお悩みを解消する為にと作ったのが、このリネンのインナーシリーズだったんです。

肌離れのいいリネン生地で、ゆったりとしたサイズ感なので、体に張りつかず、シルエットを上手にカバー。布帛生地はカットソー生地に比べて滑りが良いので、上に着たものにはりつきづらいんですね。

もともと、インナーとしてオファーしたのはタンクトップ型とノースリーブのワンピース型。でも、程よく肉厚の生地で、外出着としても着られる雰囲気に仕上がったので、同じ生地で半袖ワンピースも作ったんです。

ちょっと近所にお買い物に出るときなどは、上に日よけ用の羽織りを着てもらうだけでOK。だらしなさも生活感もないのがいいなと思います。

真夏を快適に過ごす為の条件は数多くあります。その中でも、インナー選びはかなり重要です。
放湿性があるだけではなく、大人女性が隠したいところを上手にカバーしてくれるリネン生地のインナーは、ありそうでないアイテム。実際に着る事で、便利さが実感できると思います。

著者

楠美冴登

ショッピングユニットでバイヤーをしています。
スタイルストアの商品によって、どこかで誰かがちょっとだけ幸せになればいいなと思ってバイイングをしています。それだけが私の大きなこだわりです。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧