会員登録 ログイン ショッピングカート

みんなの愛用品

バターだけじゃない!削れるバターナイフ

2016年12月29日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

はじめまして、最近入社した
エンジニアの堀江です。

突然ですが、パンには
マーガリン派ですか?
私はバター派です。

でも、バターって大きく切りすぎてしまったり、
ブロックで切ってもなかなか
溶けなかったり・・・と使い勝手も悪い。

そこでオススメなのが、この
とろけるバターナイフ」です。

thorie_06

軽い力でバターの上をすべらせ、
糸状にけずりだしたら
そのまま、パンにスーッと
溶けるように塗れてしまう。

thorie_07

忙しい朝もスピーディに
パンが食べれて嬉しい!
むらなく、最小限の量で塗れる!
というアイデアの効いたバターナイフ。

と、ここまでは当たり前の使い方。
実はバター以外も削れちゃう、
そんな活用法を探してみました。

バター以外も削ってみた

チョコレート編

とろけるバターナイフの商品ページでは
「ホットミルクにチョコレートを削りいれる
なんてこじゃれた使い方もできます。」
と書いてあったので、
実際にやってみました。

thorie_05

まずはチョコレート。
一般的な板チョコを削ってみました。
平らな面ではなくて角を削る感じになるので、
一度に削れる分量が少なく、ちょっと
手間はかかりますが・・・

thorie_04

こんな感じに削ることができました。
かなり細かく削れるので、
トッピングやデコレーションに使うような
形にはできないものの、
ミルクやココアにかけると
ひと味足されて美味しいです。

大根編

オリジナリティを求めて
削れそうな食材をいろいろ探し、
やってみたのが「大根」。

thorie_03

魚の切り身だけ買ってきて
刺し身にして食べることが良くあるのですが、
居酒屋とかでよく見る「つま」を添えたいなって
思ったんです。

thorie_02

ちょっと削ってみて、いけるかな?と
思ったんですが・・・

thorie_01

※ 醤油をかけて美味しくいただきました

・・・なんか思ってたのと全然違う。
見事に大根おろしができましたね。

削れる量が少なく、力も必要なので、
これなら大根おろしでおろした方が
早いかもしれません・・・

ただ、大根をおろせる程の強度と
掘削力があるということは
お伝えできたと思います。

チーズ編

thorie_10

最後に、パスタの粉チーズの代わりに
本物のチーズを削ってかけたら
美味しいのでは?と思い、
チーズも削ってみました。

thorie_08

今回選んだチーズは硬めの
「グランモラビア」です。
適度な硬さで、削り心地も良好。

thorie_11

良い匂いにつられてすぐに猫もやってきました

パスタにかけて戴いたところ、
いつもより味も数段グレードアップしました。
これは素晴らしい。
チーズグレーターをお持ちじゃない方でも
手軽にチーズを削れて、
削りながらいい匂いも楽しめます。

本領発揮するのは・・・

でも、本領発揮するのはやはり
バターを削った時です。

thorie_13

バターはマーガリンよりもカロリーが高い分、
ちょっと量が気になったりしますが、
このバターナイフを使えば
塗りやすくなるので、自然と
一度に塗る量も少なくて済みます。

同じバター「10g」でも、ナイフを使った時と
使わなかった時、どのくらい差が出るのか
やってみました。

thorie_12

いかがでしょうか、このボリュームの差。
毎朝のようにパンとバターを食べることを
考えると、年間にするとかなり摂取量が
変わりそうです。

大根は失敗しましたが、
こんな風にいろいろと使えるバターナイフ。
バターにだけではなく、
アイデア次第で料理をもっと楽しめる
とろけるバターナイフ、おすすめです!

著者

堀江 貴宏

STYLE STORE/COCOMO のプログラマーです。
自分の部屋はプログラムを長時間書き続けるための環境作りを心がけています。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧