会員登録 ログイン ショッピングカート
    ログアウト ショッピングカート

    Lapuan Kankurit(ラプアン カンクリ)

    北欧フィンランドの小さな街Lapuaにて、1973年に創業したテキスタイルメーカー「LAPUAN KANKURIT(ラプアン カンクリ)」。
    熟練スタッフたちの手によって、上質な天然素材を使ったテキスタイルやアイテムを送り出しています。
    LAPUAN KANKURITとは、「Lapua(フィンランド西部にある街)の織り手たち」 という意味。ブランド名の通り、上質なリネンやウール素材が認められており、特にリネン製品はフィンランドでも人気で、"Masters of linen"の称号を同国で初めて手にしています。

    糸が縫製され製品となるまでのあらゆる作業は、技術や設備を備えた自社の工場で行われ、天然素材にこだわったテキスタイルを作り続けています。LAPUAN KANKURITが目指しているのは、家庭のために高品質なテキスタイルをデザインし作ること。
    機能性と耐久性が高くフィンランドらしい透明感と存在感の光るアイテムは、国内外で注目を集めています。

    ■MASTERS OF LINENについて
    CELC(ヨーロッパリネン連盟)により認証される「MASTERS OF LINEN」。栽培から加工まで、糸の繊維の規則正しさや染色の耐久性、生地の強度とサイズの安定性などのあらゆる生産工程の審査基準をパスした、高品質なヨーロッパリネン製品のみに与えられる称号です。

    羽織りやすいショール

    家の中であたたかく過ごせるのはもちろん、外ではコートがわりに羽織ったりと、何かと重宝する毎年大人気のアイテムです。ふっくら厚手でありつつ、羽織ってみると軽いのが特徴。ウール100%なので保温性が高く、自然のあたたかさに包まれます。

    UITTOシリーズ

    「UITTO」は、フィンランド語で筏(いかだ)流しを意味するのだそう。デザイナーのReeta EK氏によって描かれた変則的なストライプが印象的で、モダンでありつつもどこかあたたかさを感じる柄です。

    CORONA・VIIMAシリーズ

    「CORONA」は、伝統的な織り柄をモチーフにした、どこか懐かしく可愛らしい花柄のブランケットです。UNIは無地、VIIMAはボーダー柄。生後6~7か月以内の羊から刈り取った、やわらかな「ラムウール」を使用しています。通常のウールブランケットよりもやさしい肌触りで軽く、暖かさを逃さず体を包み込みます。

    LAPUAN KANKURIT×鹿児島睦

    陶器やテキスタイル等、福岡のアトリエを拠点に活躍されている鹿児島睦(かごしままこと)さん。「VILLIKUKKA」は、たくさんの花々に蝶が舞っている姿が、ブランケットいっぱいに描かれています。パンジー、バラといった花がモチーフになっており、どこか懐かしいようなあたたかみのある柄です。

    IIDAシリーズ

    シンプルながら印象的なジャガード織りの柄「IIDA」。肌触りはふっくら柔らかく、上質なウール100%を使用しているので保温性も抜群です。適度に厚みがありつつも、軽くてやわらかい仕上がりです。

    PALAPELIシリーズ

    落ち着いたチェック柄の「PALAPELI」をデザインしたのはMarja Rautiainen氏。縦糸と横糸は異なる色を使って織っており、繊細で奥行きのあるグラデーションが大人の印象です。
    通常LAPUAN KANKURITが作っているウールブランケットよりも細い糸を使っているので、分厚すぎず、軽くてやわらかく羽織りやすい仕上がりです。

    KAARNAシリーズ

    「KAARNA」は、フィンランドの人にとって身近な素材の白樺をイメージして作られたシリーズ。ラムウール100%&立体的な織り加工で作られているので、軽い上にさらっとした肌触りが特徴です。比較的薄手に感じますが、あたたかさは十分。サイズは約130×170cmと大判です。

    ESKIMOシリーズ

    家の中であたたかく過ごせるのはもちろん、外ではコートがわりに羽織ったりと、何かと重宝する毎年大人気のアイテムです。ふっくら厚手でありつつ、羽織ってみると軽いのが特徴。ウール100%なので保温性が高く、自然のあたたかさに包まれます。

    LAPUAN KANKURITの湯たんぽ

    上質なウール100%を使用し、とてもあたたかやさしい肌触りの湯たんぽ。冷えやすい身体もぽかぽかになり、お腹や腰などをあたためるのにもぴったりです。おやすみ前にお布団に入れておけば足元ぽかぽか、朝までぬくぬく。ぐっすり眠れるので寒い時期には欠かせません。(ちなみに、足用に1つ・お腹または背中用に1つ、の2個使いをすると、最強にあたたかくておすすめです。)

    中材には高い耐熱性を持つ、ドイツ・ファシー社の製品を使用。やわらかい素材で身体にフィットするので、足のスネにあたって痛い、なんてこともなく、心地良く使えます。

    リネンケット・ハンドタオル

     

     

     

     

    ラプアンカンクリのリネンケットを実際に使ってみて感じたのは、まず最初からとってもやわらかいということ。洗うとさらにやわらかくなり、どんどん心地良さが増していくのも嬉しいところです。吸水性が高くてすぐ乾くので、毎日気軽に洗濯機でじゃぶじゃぶ洗えるのもポイント。肌にはり付かないのでさっぱりとしていて、寝苦しい夏の夜も快適に過ごすことができます。
    マルチユースタオルケットは、ケットとしてはもちろん、バルタオル、日よけ・冷房対策、テーブルクロスにも。150×200cmはソファー、肌掛けに。 150×200cmはベッドシーツにもぴったりなサイズ。48×70cmのハンドタオルは、タオルとしてはもちろんのこと、枕の表面を覆える位の
    サイズなので、ケットと一緒にあわせて使うこともできます。

    LAPUAN KANKURIT×Masaru Suzuki

     

     

     

     

    テキスタイルデザイナー・鈴木マサルさんがLapuan Kankuritにてデザインを手掛けたブランケットシロクマの「JAAKARHU」。愛らしくどこか飄々とした表情と雄大な姿が印象的です。
    コットン100%のケットは3シーズン活躍。さらっとした肌触りで軽いく、ソファー、ベッド、アウトドアやオフィスなどでも大活躍します。
    ウール100%の方はとてもあたたかくふかふか。しっかりしたつくりですが目が詰まりすぎていないので、ウールブランケットの中ではとてもやさしい肌触りです。

    LAPUAN KANKURIT×鹿児島睦 コットンブランケット

     

     

     

     

    陶器やテキスタイル等、福岡のアトリエを拠点に活躍されている、鹿児島睦(かごしままこと)さんデザインのブランケット。今まではウール素材でのみお作りしていましたが、2014年は初めてコットン100%のブランケットが登場しました。
    「VILLIKUKKIA(ヴィリクッキア)」は、たくさんの花々に蝶が舞っている姿が、ブランケットいっぱいにのびのびと描かれています。
    制作の合間にアトリエにある庭で植物に触れて過ごす時間が多い鹿児島さん。パンジー、バラといった花がモチーフになっており、どこか懐かしいようなあたたかみのある素敵な柄です。
    春を感じるやさしいピンクと水色の生地は、コットンならではのやさしい肌触り。空気を含むので寒い時期は適度にあたたかく、夏はさらっとしています。


    翌日お届けサービス

    facebook

    スタイルストアのfacebookページをチェック