全商品ポイント10倍キャンペーン
 / 
  • UNILLOY/フライパン 26cm
  • UNILLOY/フライパン 26cm
  • UNILLOY/フライパン 26cm
  • UNILLOY/フライパン 26cm
  • UNILLOY/フライパン 26cm
  • UNILLOY/フライパン 26cm
  • UNILLOY/フライパン 26cm
  • UNILLOY/フライパン 26cm

UNILLOY/フライパン 26cm

13,200 円(税込)

もらえるポイント: 1,200ポイント (10倍)

在庫
: 5

平日13時までのご注文で当日出荷

送料: 640円

合計15,000円(税込)で 送料無料!

鋳鉄なのに重くない、お肉が絶品になるフライパン

いろんなフライパンを使ってきましたが、炒め物や焼き物を美味しく仕上げるという点で、鋳物などの厚手の鉄フライパンの右に出るものはないなと思います。
特にハンバーグやステーキなど、肉料理の仕上がりは格別。熱伝導に優れ蓄熱性が高いので、外はカリッと、中はジューシーに焼くことができます。

ただ、鋳物は型に金属を流し込んで作るという製法上、「重い」というのが唯一の欠点。
料理が美味しく仕上がるのに一般家庭で広まらないのは、重さゆえの扱いづらさが一因です。

そんな問題を解決すべく作られたのが、「UNILLOY(ユニロイ)」のフライパン。鋳物フライパンの良さはそのままに、「重い」という欠点を解消した、革新的な調理道具です。

軽いから、毎日使うフライパンになる

UNILLOYがこだわったのは、とにかく「軽い」こと。

同じサイズの一般的な鋳物フライパンと比べて、UNILLOYは1.3kgと約半分の重さ。
アルミなど軽量素材のものと比べると重くはなりますが、打ち出しの鉄フライパンと同じくらいの重量で取り回しがしやすく、女性でも片手で持つことができます。

軽さの秘密は、薄さにあり。一般的な鋳物フライパンは厚みが約4〜5mmほどですが、UNILLOYは2mmという薄さで作られています。

厚さがない分、鋳物鍋の持ち味である「保温力」が落ちるのでは?と思ったんですが、温度はしっかりキープ。むしろ薄くて熱伝導率が良い分、短時間でフライパンが温まるので省エネです。
ちなみに、これ以上薄くすると保温性が落ちてしまうため、この2〜2.5mmという厚みがベストなのだそうです。

手に持って振る時、フライパンから料理を皿に移す時、洗い物の時など、フライパンを片手で持つ必要があるシーンは多いです。扱いづらさがストレスになって、結局あまり使わなくなってしまうというのは、本末転倒な話。
重い鋳物フライパンは「扱いづらさも克服できる、料理にこだわる人向け」というイメージでしたが、毎日使って欲しいとの思いから、UNILLOYは使いやく洗いやすいこと、そしてメンテナンスのしやすさにもこだわって作られています。

鉄を型に流し込んで作る「鋳物」、薄く作ることはとても難しいんだそうですが、それを可能にしたのは、金属加工で有名な産地新潟県・燕三条の「三条特殊鋳工所」の技術力。元々、機械部品などの薄く小さいものづくりを得意としていたこの工場だからこそこの薄さを実現することができました。

「使いやすく」にこだわって

使い心地の良さを追及したのは軽さだけではありません。

ハンドルは、握りやすい角度に設計されています。

ハンドルと本体に継ぎ目があると、洗った時に水が溜まったり汚れが溜まりやすくなりますが、こちらは一体成型されておりお手入れも楽。

また、ハンドルの接合面積を最小限にしているため、熱が伝わりづらく、素手で持っても熱くありません。

火が早く通るから、いつもの食材が格段に美味しく

鋳物フライパンで作った料理が美味しく仕上がる理由を一言で言うと、「食材に早く火が通るから」です。
食材に早く火が通るのには、鋳物フライパンが持つ3つの性質が関係しています。

1つ目は、「蓄熱性が高いから」。
鋳物フライパンは厚みがある分、予熱に時間はかかりますが一度温まれば冷めづらく、食材を入れても温度が下がりにくいのが特徴。結果、加熱が短時間で済みます。
一度フライパンがあたたまれば弱火にしても温度をしっかりと保てるので経済的です。

場所による温度差が少ないのが特徴

2つ目は、「フライパン全体を均一な温度にすることができるから」。
ムラがあると、焼ける部分と生焼けの部分が生まれます。生焼けの部分に火が通るまで待つと、一部が焦げたり、火が通りすぎて硬くなってしまったりしますよね。
ムラなく加熱ができると、食材全体をちょうどいい火の通り具合で仕上げることができます。

お肉は常温に戻してから焼くのが、美味しく仕上げるコツ

最後に、「遠赤外線の効果」。鉄フライパンと比べて鉄鋳物フライパンには炭素が多く含まれています。炭素が多いと遠赤外線効果が生まれ、より食材に熱が伝わりやすく、短時間での調理が可能となります。
これは炭火で焼いたお肉やお魚、石窯焼いたピザやパンが美味しいのと同じ原理ですね。

特に得意なのは、表面に焦げ目を入れてからじっくりと火を通す料理です。たとえばハンバーグや餃子、ステーキなどは、どんなフライパンで焼くよりも、外はカリッと、中はふんわりジューシーに仕上がります。
料理の腕がなくても、高級なお肉ではなくても、柔らかいまま美味しく仕上がるのできっと感動していただけるはず。

また、シンプルな野菜炒めも絶品。野菜に含まれている水分が外に出る前に、芯まで火を通すことができるので、しゃきっとした食感が残った、美味しい炒め物が出来上がります。

使い方のコツとお手入れについて

はじめてお使いになる前には、油馴染みをよくするために、フライパンを火にかけ十分あたためます。
その後、0.5〜1カップの油を入れフライパン全体に油を馴染ませます。油煙が出てきたら火を止め、油をオイルポットに移してください。

お手入れについては一般的な鉄フライパンと同じです。
使用した後は洗剤を使わずにお湯で洗い、洗った後は、乾いた布などで充分に水気を拭き取って軽く火にかけ乾燥させてください。
湿気を帯びたままの保管はサビの原因となりますので、ご注意くださいね。

直径26cmと3人分くらいの料理を作るのにちょうどいいサイズです。適度な深さがあり、チャーハンや野菜炒めなども炒めやすいデザイン。IHでもご使用いただけます。

調理器具としての長所を兼ね備えた鋳物フライパン。フッ素樹脂コーティングのように剥げることはないので、10年、20年と長くお使いいただける、日々の相棒となる調理道具です。

ブランド紹介

UNILLOY (ユニロイ)

この商品のえらび手

畠田 有香

スタイルストア バイヤー 畠田 有香 (ハタダ ユカ)

ショッピングユニットでバイヤーをしています。その商品のどこが良いのか、なぜ良いのかを、わかりやすくみなさまにお届けしたいと思っています。

商品仕様 / 注意事項

■素材/原料 :鋳鉄
■サイズ :内径 26cm、本体高さ 5.5cm、全体高さ12cm、全体長さ47cm
■重量 :約1.3kg
■容量 :2.3L
■原産国 :日本(新潟県燕三条)
■IH使用可、食器洗浄機使用不可


■天然素材を使用している為、実際の色、質感、サイズに多少の差があります。予めご了承下さい。
■ご使用のパソコンのモニターによって、実際の商品と色柄が異なって見える場合があります。予めご了承下さい。
■はじめてお使いになる前に、食器用洗剤を付けたスポンジ等で洗い、表面についたゴミやほこりを落としてからご使用下さい。
【お手入れ方法】
・使用した後は洗剤を使わずにたわし等を使用し、お湯で洗って下さい。
・洗った後は、乾いた布などで十分に水気を拭き取って乾燥させてから保管して下さい。

その他、詳しいお手入れ方法やお取り扱い方法は、付属の取り扱い説明書をご覧下さい。

選定理由

ずっと使える

高い機能性

優れたデザイン

エコ・健康

伝統的

希少価値が高い

つかい手の声

4.8
つかい手の声 件数:8
  • 投稿日:2021年6月21日

    焼くとなると出番のフライパンです。焼き加減が最高です!ただ焦げるところも使っていると出てきます。何度もお手入れして使うのでこまめな方にはおすすめです。


    山形県 | 40代 | 女性 | まりみる さん

    このつかい手の声は参考になりましたか?

    0人が参考になった

  • 投稿日:2020年12月25日

    普段テフロン加工のフライパンを多用しているため、重量には最初慣れませんでした。
    しかし、火の通り方やパリッと感は鉄製のものがやはり良いですね。
    大切に使っていきたいと思います。


    東京都 | 40代 | 女性 | 匿名 さん

    このつかい手の声は参考になりましたか?

    2人が参考になった

  • 投稿日:2020年11月13日

    これは鉄なのに取っ手が熱くならない、不思議なフライパンです。ボディと取っ手の間に三角の空間があるからでしょうか?本当に不思議。そしてこれはまさに「肉を焼くために生まれてきたフライパン」。他のどのフライパンよりも肉を焼くと美味しく焼きあがります♪


    大阪府 | 50代 | 女性 | はなめがね さん

    このつかい手の声は参考になりましたか?

    人が参考になった

つかい手の声をもっとみる