会員登録 ログイン ショッピングカート

Today's Story お知らせ

新年におろしたての白ブラウスを

2019年01月04日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

こんにちは、バイヤーの中井です。

「年初めに白シャツを1枚新調する」ことを
恒例行事にしている知り合いがいます。

その方はシャツのつくり手さん。
何だか気持ちがスッキリ改まるから
毎年続けているのだそうで、
それを聞いて以来ひそかにマネを
しています。

といっても、私は襟付きシャツが
全く似合わないので、新調するのは
専らブラウスやプルオーバー。

色も白に限らずなので
そのタイミングで新しい服をおろして
いるだけに見えなくもない・・・!のですが、
意思を持ってそうしているからなのか
確かに気持ちがシャンとするような
気がして、この数年続けています。

トップス:Kilka アシンメトリーブラウス、ブーツ:KUTSUNE、バッグ:TRAD、パンツ:バイヤー私物

さて、このたびはKilkaのブラウスや
冬物のコートなどが20%OFFに
なりましたのでお知らせいたします。

ストレッチが効いていて動きやすいブラウス

「忙しい人のための時間を作る」
をテーマにしている当店限定の
Kilkaの服。

アシンメトリーブラウス
洗えてシワになりにくい生地を使い、
洗濯後にノーアイロンで着ることが
できます。

ストレッチがきいている素材なので、
ストールを巻いたりコートを着る時も
体の動きを妨げません。

トップス:Kilka アシンメトリーブラウス、ネックレス:misa

Aライン気味で体型カバーし
歩いた時のドレープもきれいに揺れますが、
すとんと落ちる生地を使っているので
シルエットは広がらずにすっきり。

ネックレスをすると、ちょっとだけ
ドレッシーな雰囲気になります。

起毛があたたかいプルオーバーとシワになりにくいスカート

こちらは、
「シャツやジャケットほどカッチリ
していなくてもいいけれど、
一枚で着るだけで凛として見える
トップスがあったら」
という思いをかたちにしたプルオーバー

ウールのような起毛生地で
あたたかく、冬の仕事服にぴったり。

フレア袖なので腕を上げ下げした時の
形も美しい一着です。
(こちらはミディアムグレーのみとなります)

ラップ風スカートは、シワになりにくく
ウエストがゴムなのでとっても楽。

スカートの前側に飾りのラップが
ついている仕様なので
歩いているうちに内側がチラっと
見える心配もありません。

裏地はついていませんが、
1枚でも透けないので
安心して履いていただけます。

すっきりして見えますが履いてみると
意外と余裕があるのもポイント。
「はらパンやレギンスの重ね着が
しやすいものを探していた」
というつかい手の声も届いています。
(こちらはネイビーのみとなります)

電車で座る時に違いがわかる、裏起毛コート

裏起毛コートはストレッチが効いています。

特にその良さを実感しているのが、
電車の中で座る時や、脱ぎ着する時。

ストレッチが効いていると体にフィットして
座る・立つ・着脱するという動作が
こんなにスムーズかつ楽になるんだと
気づきました。

裏起毛であたたかいので、
端境期の調整にとても重宝しました。
コートですがご自宅で手洗いできる
ところもポイントです。
(こちらはチャコールグレーのみとなります)

着やせしてみえるウールコート

コート:Kilka 毛玉になりにくいウールコート、ネックレス:misa、バッグ:KURMI

寒さが厳しい時期もあたたかく過ごせる
裏地付きのウールコート

なるべく毛玉になりにくい生地を選んで
いるため、ここ2か月くらいは
毎日のように着ていますが、
適度にブラッシングしていることもあり
今のところほぼ毛玉はできていません。
(間隔を置いて着た方が、服にとって
良いことはわかっているのですが、つい。)

コート:Kilka、バッグ:TRAD

また、内側にスナップボタンがあるので
ボタンの留め方を変えると
ゆったりシルエットに。
(上の画像のように着ると、
ちょうどバッグで隠れている辺りに
スナップボタンが見えます。
コートと同系色のボタンなので
ボタンが悪目立ちするような感じでは
ないと思います。)

「妊婦の私でも使い勝手が良く、
冠婚葬祭にも重宝するシンプルかつ
センスの良いデザインです。
軽くはないですが、重たすぎず
クオリティも良く、お値打ちでした。」
という声もいただいています。

バイヤー愛用品コラムもあわせてご覧ください。
着やせして見えるすっきりコートで冬支度を

コート:Kilka、ストール:SPOLOGUM、ブーツ:KUTSUNE、バッグ:TRAD

いずれも在庫限りで終了ですので、
気になる方はお早めにご覧くださいね。

著者

中井明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧