会員登録 ログイン ショッピングカート

Today's Story コラム

小田切ヒロさんに学ぶ小顔の極意

2018年12月04日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

こんにちは、バイヤーの柳沼です。
先月、コリネットやシーニュで
お馴染みのブランド「Nagae+
(ナガエプリュス)」の直営店
外苑前にオープンしました。

オープニングイベントにあわせて
お披露目となったのが、シーニュの
新色ショコラブラウンです。

当日は、シーニュの監修をされている
ヘア&メイクアップアーティストの
小田切ヒロさん(LA DONNA)が来店。

かなり至近距離で小田切さんの技を
拝見できたのと、施術をしながらの
トークで、小田切メソッドをリアルに
学ぶことができたので、ぜひ皆さんにも
シェアしたいと思いまして、
この記事を書くことにしました。

筋肉はすべてつながっている

インスタグラムでも少しお伝えして
いましたが、印象的だったのは、
皮膚や筋肉はすべてつながっている、
という話でした。

小田切さんはシーニュの使い方として、
いきなり顔や首をやるのではなく、
腕からのスタートを推奨されています。

これは、リンパの流れを整えたり、
それによって老廃物が出ていくように
する為には「脇」と「鎖骨」のケア
(小田切さんはリンパの入口と出口を
あける、という言い方をされていました)
がマストで、前段階としてその2か所に
通じる腕からほぐすことが大事、
とのこと。

私自身、腕からと知っていても、つい
あごからやりがちだったのですが、
すごいリアルな解剖学の図と共に
説明を聞いたことで、「つながり」を
強烈に意識させられました。

※当日の様子を小田切さんの
インスタグラムでご覧いただけます

化粧直しよりこめかみのマッサージ

これは「頭」も同様。
頭が凝っていると、頭皮が動かない為、
いくら顔を手入れしても、特にたるみ
を解消することは難しいのだそう
(ほうれい線がくっきり出たまま、
とか、目がぱっちりしないという症状が
代表的)。

夕方、化粧直しに精を出すよりも、
こめかみから耳の上(頭の側面)を
丁寧にマッサージしてほぐす方が
よほど顔色が良くなる、というのには
びっくりしました。

顔のコリとむくみのメカニズム

小田切さんがものすごい勉強家という
噂は聞いていたのですが、確かに
彼の話はすごく説得力があったのです。
それで、後日著書を購入しました。

その中で「凝り」と「むくみ」について
大変分かりやすく説明されていて、
それを読んでから、私自身は手入れの
熱の入れ方が明らかに変わりました。

私はこの二つは両方良くないが、
別物である、と捉えていたんですね。

笑ったり話したり、使っていそうで凝っているのがココ、最初シーニュをすると痛くて驚きました

実際は、動かさない→むくむ→たまる
→凝る→より動かない→溜まる一方、
という順序なのだそう。

これを「足のむくみ」にたとえて、
座りっぱなし(動かさない)→むくむ、
肌も顔もこれと同じで、表情筋を
使わない→むくむ→凝るとなっている
のですが、顔の凝りには気づきにくい
ため、放置され、本人も凝りが原因
とは思わず、化粧品にだけお金をかけ…
と悪循環になりがちなのだそうです。

それを聞いて以来、私はシーニュを
動かす手つきが変わりました。
凝りを探るよう、よりゆっくり、でも
力を入れず(イベントでゴリゴリ動かし
たら、力は不要と注意されました笑)。

ま、手つきというか変わったのは意識
ですかね。集中して肌を探ると、あ、
ここ凝ってるなと、悪化する前に
気づくことができるようになります。

イベントに同席したバイヤー畠田が一番ゴリゴリしたのはここ!やってみて手に伝わる感触に驚いたそう

肌のために、大切なこと

というわけで、私は本も含め、
小田切さんのお話を聞きながら、
道具や習慣はもちろんですが、そもそも
情報(知識)を正しく持つことが一番
大事だなと改めて思いました。

ぜひ興味があったら、シーニュを買う
前に小田切さんの動画を改めて見て
みて頂き、本もめくってみてください。

特に本の28ページにある小田切さんの
運転免許証写真のビフォーアフターは
衝撃の一言。

今胸に刺さるのは、この教え・・・

「スマホ依存をしているうちは
 小顔への道は長く遠い」

すっと下を向き、首はカクンと
下がったまま、そんな姿勢をずっと
続けて身体にいいわけありません!

仰る通りですね。
目線、上げていこうと思います。

小田切さんの著書はこちら

著者

柳沼 周子

大手小売業で服飾雑貨のバイイング、新規ブランド開発を行う。その後活動の場をインターネットに移し、2006年にスタイルストアへ参加。 得意ジャンルは服飾雑貨、最近は地方の名品発掘がおもしろくて仕方がない。モノの背景を知ってこそ見える、真のお買い得品をセレクトする、これが信念です。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧