会員登録 ログイン ショッピングカート

スタイルストアまとめ

手元を彩るアクセサリー!統一感のある選び方4つのTips

2018年09月12日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

手元のおしゃれにアクセサリーを

手元を美しく彩るアクセサリーが注目を集めています。SNSでも手元コーデを公開している方が続出中!今回は、統一感のある装いのためのTipsをご紹介していきましょう。

Tips1.デザインのスタイルをそろえる

手元コーデの定番アイデア!

View this post on Instagram

NOIR DE POUPEE(ノワール ド プーペ)さん(@noirdepoupee_official)がシェアした投稿

統一感のある選び方の1つ目のTipsとしておすすめしたいのは、デザインのスタイルをそろえるということ。エレガントなデザインやエスニックなデザイン、ごつっとしたワイルドなデザインに、素朴な手仕事で作られたフォークロアなデザインと、アクセサリーにはいろいろなデザインがありますので、お好みのものでそろえてみましょう。

時計との重ねづけ

View this post on Instagram

la donna accessorizeさん(@ladonna_accessorize)がシェアした投稿

ブレスレットと腕時計を重ねづけするスタイルも人気があります。その場合も、アクセサリーと腕時計のデザインをそろえることで、手元に統一感を生み出すことができます。

リングとバングルのおそろコーデ

デザインをそろえた手元コーデにおすすめなのが、シリーズでの組み合わせ。「Sea Dew(シーデュー)」の「gold line スクエアバングル」は、伊勢志摩産のバロックパールとシンプルなゴールドのコンビネーションが、カジュアルにもシックにも装えます。

同じシリーズのリングを石違いでコーデ

シリーズコーデでのもう1つの提案は、同じデザインのリングを石違いでつけるアイデア。「La mascotte(ラ・マスコット)」の「Amulet stone ring(アミュレットスートーンリング)」には、ラピスラズリとガーネット、マラカイトなど石違いのリングがそろっています。

Tips 2. 色や素材をそろえる

カラートーンに注意して

View this post on Instagram

jewelry_cheka ダイヤモンド&ジュエリー チェカさん(@jewelry_cheka)がシェアした投稿

アクセサリーの統一感を出すための2つ目のTipsは、色や素材をそろえること。ゴールド、と一口に言っても、ピンクゴールドやホワイトゴールド、グリーンゴールドなどさまざまな色味のものがあります。こうしたカラートーンをそろえておくと、統一感を手軽に出すことができるでしょう。

素材もいろいろ

View this post on Instagram

RIONさん(@rion.911)がシェアした投稿

アクセサリーの素材も、金属やレザー、布地にパールなど多岐にわたっています。アクセサリーの素材をそろえることで、手元のおしゃれにも統一感が生まれます。上述のように、アクセサリー上級者さんは、異素材ミックスのコーディネートにも挑戦してもいいですね。

使い勝手のいいコンビリング

アクセサリーのコーディネートでは、シルバーならシルバー、ゴールドならゴールドでまとめるというセオリーがありますが、実はシルバーとゴールドのコンビデザインも人気があります。「MEGUMI TOYOKAWA(メグミトヨカワ)」の「adjustable combi ring」は、ほかのアクセサリーとも合わせやすく使い勝手がいいコンビデザインのピンキーリングです。

Tips 3. たっぷりかシンプルか

ファッションスタイルに合わせて

View this post on Instagram

住野ゆかりさん(@yukarisumino)がシェアした投稿

アクセサリーを選ぶ場合、ご自身の好みがたっぷり派なのかシンプル派なのかをおさえておくことも大切です。これは、好みにもよりますが、その日のファッションに合わせてもいいでしょう。シンプルなファッションにあえてたっぷりのアクセサリーを組み合わるスタイルもすてきです。

たっぷり派は全身のバランスも考えて

View this post on Instagram

Elodie Cohenさん(@lespritparisien)がシェアした投稿

たっぷり派がアクセサリーを選ぶ時は、全身のバランスを見ることが大切です。アクセサリーは、手元だけではなく、耳や首、胸元にもあしらうことができますね。フォーマルなディナーパーティーなどでなければ、全身の中で2個所にポイントを集めるようにアクセサリーをつけるとバランスがとりやすくなります。

大粒のリングは1つでも存在感大!

手元のアクセサリーは、そのデザインによっても存在感が違ってきますね。リングを1つだけつける場合、大粒の石があしらわれたデザインはそれだけで華やかな印象に。「La mascotte(ラ・マスコット)」の「フィルリングオーバル ラブラドライト」は、天然石のラブラドライトに淡水パールを組み合わせたデザインが人気です。

Tips 4. こなれ感は余白に宿る

アクセサリーの隙間を残す

View this post on Instagram

itamさん(@itam_accessory)がシェアした投稿

シンプル派だけでなく、たっぷり派の場合でも、アクセサリーのない余白の部分がポイントになります。10本の指すべてにギラギラと存在感のあるジュエリーリングをつけていたら、圧迫感を感じそうですよね。逆に、シンプルでスリムなデザインのリングなら、重ねづけをしても余白があります。あえて余白を残すことで、大人のこなれ感を演出することができるのです。

アクセサリー上級者はミックスにも挑戦

View this post on Instagram

Elodie Cohenさん(@lespritparisien)がシェアした投稿

とはいえ、常に同じテイストのアクセサリーでそろえたり、シンプルすぎるのも面白みがないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。そんなアクセサリー上級者さんは、あえて異なるデザインをミックスしたコーディネートはいかがしょう。ポイントになるアイテムを1つ選んで、それを引き立たせるものを合わせていく引き算コーデがおすすめです。

シンプルなピンキーリング

シンプルなアクセサリーとしておすすめしたいのは、小指につけるピンキーリング。ヨーロッパでは、「幸運は右手の小指から入って左の小指から出る」という言い伝えがあり、入ってきた幸運を逃がさないために左の小指にピンキーリングをはめるそう。「Mirisa(ミリサ)」の「10K ルビーピンキーリング 」は華奢なデザインが魅力です。

統一感のあるアクセサリーで手元のおしゃれを楽しもう

リングやブレスレットなどのアクセサリーは、美しく手元を彩ってくれます。統一感のあるアイテムを選ぶことで、よりおしゃれな手元を楽しんでみませんか。

著者

ヘリオット麻耶

インテリアをはじめ、雑貨やファッション、アートなど美しいものが大好きです。夫と二人の息子、犬と猫と一緒に暮らしています。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧