会員登録 ログイン ショッピングカート

Today's Story

鏡餅、揃いました

2017年11月10日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

ハロウィンが終わり、街は
クリスマスの準備を始めたばかりですが、
当店には鏡餅の入荷が始まって、
もう
気分が迎春モードになってきます。

suzukikagamimochi_03

今年当店の鏡餅ラインナップに
加わったニューフェイスは、
木彫刻家の鈴木美央さんが作る鏡餅
ひのきでつくられていて、
飾ってしばらくは、ふわっと
良い香りが漂います。

suzukikagamimochi_06

何より惹かれるのは、この
ふんわり、もっちり、すべすべとした
本物の
お餅のような質感。
何種類ものノミを使って
一点一点丁寧に彫られており、
手仕事のあたたかさを感じます。

suzukikagamimochi_05

日本画などに用いられる胡粉(ごふん)で、みかんのヘタまで丁寧に色付けがされています。

実はこの鏡餅、接着剤を一切使わず、
三宝(鏡餅を乗せている台)から
みかんまで、ひとつの木の塊から
彫りだした、一木造りです。

suzukikagamimochi_01

黒い敷き台付きなので、出してすぐに飾れます。

細部の仕上げにはとても高度な技術が
必要ですが、それが可能なのは
つくり手である鈴木さんが
仏像や欄間(らんま)彫刻など、
伝統工芸の手法を用いる、細やかな
仕事を得意としているからこそ。

suzukikagamimochi_12

鈴木さんの確かな技術力と、
やわらかな感性が生かされた一品。
今年イチ押しの鏡餅です。

毎年人気の鏡餅も揃ってます

BGA17-00-0001-0125_top

二つ目は、バスマット
お馴染みの
「soil」の鏡餅
秋田で採れる珪藻土をつかって、
金沢で作られています。

ちなみに金沢では、鏡餅を家の
全部屋に飾るのだそうです。
我が家は床の間だけでしたが、
これはエリアによって結構差がある
みたいで、おもしろいですね。

それともう一つ。こちらも毎年大人気、
ガラス作家松野栄治さんの鏡餅

141217_KTWO_1196

つやつやとした質感で、透明感の
あるミカンがなんだかおいしそう!
手のひらにちょこんとのるサイズの
ささやかな鏡餅ですが、

BGA07-00-0000-A907_rich

写真の黒い台と赤の布が同梱
されていますので、すぐに飾れて、
空間を迎春ムードに彩ってくれます。

福井県の鈴木さんの一木造
石川県のsoil

千葉の松野さんのガラス、と
スタイルストアらしいラインナップで
どの鏡餅も甲乙つけがたい!

まだお正月の気分には・・・という方も
いらっしゃるかと思いますが
どれも数量限定でのご用意なので、
気になるものがあればお早目にどうぞ。

著者

畠田 有香

スタイルストア新人バイヤー。
その商品のどこが良いのか、なぜ良いのかを、わかりやすくみなさまにお届けしたいと思っています。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧