会員登録 ログイン ショッピングカート

みんなの愛用品

ホットパンのおかげで5分早起きするようになった話

2017年11月16日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

hotpan_05

こんにちは、バイヤーの畠田です。
以前、別のコラムでも触れたように
我が家は毎朝トースト派です。
なぜなら、トースターにパンを
放りこんでおけば数分後に
食べられて、忙しい朝には手軽だから。

でも、避けられないのが「マンネリ化」。
いつもと違うジャムを買ったり
ちょっとおいしいパンを買ったり
してみるものの、朝ご飯を楽しみに
することが少なくなったのです。

EJ219-00-0000-B546_use34

でも、そんなある日、衝撃的な
出会いがありました。
「ホットパン」の発売です。

中に挟むものを変えれば
バリエーションは無限大。
マンネリ脱却できるのでは・・・と
発売前から期待を膨らませていたのです。

購入を決定づけたのは、ホットパンで
作ったホットサンドを食べた時。

EJ219-00-0000-B546_use31

撮影時に作って試食させてもらった、このメンチカツサンドが決定打でした・・・

具が入った部分はもちろんなんですが、
耳がびっくりするほど美味しいんです。
カリッとしていて香ばしく、耳を切り落として
作るホットサンドしか食べたことのなかった
わたしはとても衝撃を受けたのでした。

おいしさは満点。
あと、購入前の懸念事項は
忙しい朝に使うことができるのか?
手入れは面倒ではないのか?
という点でした。

実体験をお伝えします

hotpan_03

こんな風に吊り下げています。ちらっと写っている愛用レードルターナーはICHIBISHIのもの。

購入から早2カ月。
結論から言うと、少なくとも
週3~4回は使っていて、今やホットパンの
ない生活に戻れなくなっています。

忙しい朝に使うことができるのか?

トースターでパンを焼く時は
焼くのに3分、ジャムなどを塗るのに
1~2分で、所要時間は計5分ほど。

一方ホットパンは、パンに具材を
乗せるのに5分、焼いて切るのに5分
と、計10分ほど。
トーストよりも5分ほど多く
時間がかかります。

でも、この5~6分が全然惜しくないのです。
なぜなら、普通のトーストよりも、
うーーーんと美味しいから。
その分、早起きしようと思えるように
なりました。

手入れは面倒ではないのか?

もうひとつの懸念点「手入れ」については、
驚くほど簡単でした。

なんとなく、こういう調理器具って
部品が多かったり、細かいところに
汚れが詰まったりして面倒な
イメージがあったのですが、
ホットパンの場合は全くそんなことは
ありませんでした。
洗いづらい場所もなく、今でも
新品同様のコンディションを保っています。

こんなレシピで楽しんでいます

急いでいる朝は「ハムチーズレタスサンド」

hotpan_15

2枚のハムを半分に切ってからこんな風に乗せると、端まで具が楽しめます。まな板はいちょうのまな板を愛用中。

ハム+チーズ+レタスサンドは
平日の朝食登場頻度No.1です。
レタスは手でちぎり、ハムとチーズは
乗せるだけ。あっという間にできます。

ちょっと余裕のある朝は「ベーコン卵レタスサンド」

もう少し余裕がある時には
ベーコン卵レタスサンド。

hotpan_04

フライパンとしても使えるので便利です

同時にベーコンと卵を焼く時には
上下セパレートのありがたさを
実感します。

hotpan_01

こんなにこんもり盛っても大丈夫。
耳でしっかり封されるので食べやすいです。

夕飯の残りがある時はラッキーデー

hotpan_10

つかい手の声でココママンさんが書いてくださった、「カレーの残りとトロけるチーズで揚げないカレーパン」を作ってみました。美味しい!器は瑞々のすみきり長皿

ホットパンを使うようになってから、
朝食用に残るよう、夕飯のおかずを
少し多く
作るようになりました。
ポテトサラダ、 コロッケ、カレー
きんぴら、生姜焼き、ナポリタンなど・・・
何を挟んでもおいしいですよ。

続々、声が届いています

実はスタイルストアの初代店長も
ホットパン愛用者。
はじめてつかった時に、あまりの
美味しさに感動したそうで、
その時の写真が送られてきました。

hotpan_11

半熟とろとろのエッグサンド。
(美味しそう・・・!)
つかい手の声も続々届いているのですが
今のところ、みなさん★5と
嬉しい評価です。

このおいしさを誰かに伝えたくなる、
作ってあげたくなる、そんな
いい道具に出会えたな~と思います。

著者

畠田 有香

スタイルストア新人バイヤー。
その商品のどこが良いのか、なぜ良いのかを、わかりやすくみなさまにお届けしたいと思っています。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧