【重要なお知らせ】キャリアメールアドレス(携帯電話のメールアドレス)をご登録のお客様へ
会員登録 ログイン ショッピングカート

Today's Story

ダイヤモンドダストのような輝きを放つ当店限定のアクセサリー

2021年04月04日更新

hatsuyume(ハツユメ)という素敵なアクセサリーブランドと出会いました。数あるラインナップの中でも、キラキラと細かい光を放つ、ダイヤモンドダストと名付けられたシリーズは、当店のお客様をイメージしてデザインから起こしてもらった限定品。主張しすぎず、でもきちんと存在感を放ちます。審美眼を持つ大人の女性にこそ、身に着けて欲しい一品です。

ダイヤモンドダストをイメージしたデザイン

当店でお取り扱いするのは、ダイヤモンドダストと名付けられたシリーズ。名前の通り、細かい氷の結晶のような加工を施したデザインはつやが無い分シックに見えますが、光が当たると、キラキラと繊細な光を放ちます。

当店限定で作ってもらったのは、イヤーカフが2種類、ネックレスが1種類の計3種類です。イヤーカフはマスクをしていても引っ掛かることなく付けられるタイプとピンキーリングとしても使える2way仕様のタイプがあります。

まずは、イヤーカフからご紹介します。

幅があるイヤーカフの表面が、ダイヤモンドダストと鏡面のミックスになっているのですが、このさりげなく、でも確実に他にはないデザインの加減が絶妙なんです。

内側には返しが付いていて、耳たぶに引っ掛かり落ちないような工夫もされているのは嬉しいポイントです。

続いてこちらは、全面ダイヤモンドダスト加工を施した2WAY仕様のリング状のイヤーカフ。

商品自体はフープピアスのようなデザインですが、イヤーカフだと、耳たぶの下ではなく、耳の軟骨部分で留まります。これが思った以上に目を惹くので驚きました。

こちらのイヤーカフは5号サイズのピンキーリングとしてもお使いいただけますよ。

ここで、イヤーカフについて、少し補足させてください。ここ1年はマスクを付けて外出するのが当たり前となり、アクセサリーの中でも、マスク紐に引っ掛からないイヤーカフを探されている方が多くなりました。ただ、これまであまり馴染みがなかったアイテムなだけに、正しいつけ方ができず、知らない間に落としてしまったという方も多いのではないでしょうか。

イヤーカフは、コツさえつかんでしまえば、ほぼ外れることがありません。デザインが素敵だけど、落としやすいと思っている方も多いと思います。でも、それはつけ方にポイントがあるんです。

つけ方のポイントはたった2つ。

①上の画像のように、厚みの少ない耳の上部にまずイヤーカフを差し込み、耳たぶの方に向けてスライドさせます。

その時に、耳の内側の軟骨の出っ張りに必ず輪っかをひっかけるのが、2つめのポイントです。

そうすると、カフが安定して、抜け落ちたりしなくなるんです。個人的にはマスクもそうですが、イヤホンのコードや髪の毛に絡まないのもイヤーカフのいいところだなと思います。

そして、最後にご紹介するのがネックレス。

四角い小さなモチーフは、片面がダイヤモンドダスト加工、もう片方が鏡面仕上げになっていて、どちらを表にしても使えます。

チェーンの長さも調整が可能なので、襟ぐりの開きやデザインによって、アレンジができますよ。

このダイヤモンドダストシリーズ3種は、全てゴールドとシルバーの2色あります。

主張しすぎず、でもきちんと存在感を放つという、バランス感覚のいいアクセサリーは、意外と少ないのが現状。特にイヤーカフは奇抜に見えるデザインも多く、大人の女性が身に着けて映える、格好いいデザインは本当に少なかったんです。

hatsuyumeのデザイナーが、「まずは、たくさんの方に手にして欲しい」という思いから、デザインも価格も当店の大人のお客様用に考えてくれた事で、ずっと探していたアクセサリーをようやくご紹介することができました。

ダイヤモンドダストのように輝くこのアクセサリー達を身に着けることで、気分が上がり、新緑が美しい季節を楽しく過ごす方が増えるといいなと思います。

著者

楠美冴登

ショッピングユニットでバイヤーをしています。
スタイルストアの商品によって、どこかで誰かがちょっとだけ幸せになればいいなと思ってバイイングをしています。それだけが私の大きなこだわりです。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧