【重要なお知らせ】キャリアメールアドレス(携帯電話のメールアドレス)をご登録のお客様へ
会員登録 ログイン ショッピングカート

コラム

【定番のインナー:第6話】リカバリーウエアのすすめ

2021年03月03日更新

世の中にはさまざまなインナーがありますが、中には特別な機能を備えているものも。第六話となる今回は、「着圧インナー」というジャンルの中の一つ、リカバリーウエアに着目しました。今回ご紹介する「FOOTMARK BASEWEAR」のリカバリーウエアは、一言で説明すると、「ほどよい着圧によって身体を美しい動きに導く」インナーです。まずはその特徴についてご説明します。

「FOOTMARK BASEWEAR」のリカバリーウエアとは?

「FOOTMARK BASEWEAR」のリカバリーウエアには、「リーディングライン」という特殊樹脂プリントが施されています。これが筋肉と関節の動きに沿い、適度な着圧を与える仕組みです。

例えば膝のリーディングラインは、正しい方向に曲げて上げやすく、つまづきにくくする効果があります。このリーディングラインで日常生活における体の動きを支え、正しい姿勢に導く、というのが「FOOTMARK BASEWEAR」のアイテムの特徴です。

またスポーツ用のリカバリーウエアと違い、着圧が強すぎないので、普段使いに最適。リーディングラインが裏側にプリントされており、見た目は一般的なインナーとほとんど変わらないので、お仕事中やプライベートなお出かけなど、シーンを問わずお使いいただけます。

美しい姿勢と動きをサポートするリカバリーウエア

当店では「FOOTMARK BASEWEAR」のリカバリーウエアとして、ロングスリーブ、レギンス、タンクトップの3点をお取り扱いしています。それぞれサポートをする部位が異なるので、ぜひ用途にあわせてお選びください。

FOOTMARK BASEWEAR/ロングスリーブ

こちらは長袖のリカバリーウエアです。腕から肘にかけてのリーディングラインが、肩と肘の動きをサポート。首や肩の凝りを緩和します。また背筋を伸ばし、胸郭を開きやすい形状なので、上半身の姿勢を美しく保ちやすくなります。

普段から上半身の姿勢が崩れやすい方、肩凝り、首凝りにお悩みの方には特におすすめ。デスクワーク中に身に着けるインナーとしても最適です。

FOOTMARK BASEWEAR/ロングレギンス

こちらは「FOOTMARK BASEWEAR」のラインナップの中でも、下半身をサポートするレギンスタイプのウエアです。股関節、膝周りを中心にリーディングラインが入っており、膝や足を上げやすく、つまづきにくくサポート。

また膝の負担を緩和したり、股関節を安定させて、上半身と下半身の連動性を高めたりといった効果が得られます。見た目はシンプルなレギンスなので、スカートの下に履いて外出しても問題ありませんよ。

FOOTMARK BASEWEAR/ノースリーブ

ロングスリーブの方が肌に接する面積が大きい分、効果を実感しやすいですが、暑い時期や身軽でいたい日にはノースリーブのタンクトップもおすすめです。腕のサポート効果はありませんが、胸元や胴体を支えるリカバリーウエアとして活用できます。

こちらも他のラインナップ同様にシンプルなデザインで、上に着るものに響かないフリーカット仕様。気軽に身に着けられる、普段使いのインナーとしても活躍するでしょう。

肌触りの良さや動きやすさだけではない、姿勢のサポートや疲労の緩和に繋がるリカバリーウエアをご紹介しました。「着圧インナーは苦しそう」「いかにもスポーツウエア、という見た目で身に着けづらい」と思っていた方にこそ、ぜひお試しいただきたいと思います。

インナー特集ページはこちらから>>

文・構成/上野智美

著者

スタイルストア編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧