【重要なお知らせ】キャリアメールアドレス(携帯電話のメールアドレス)をご登録のお客様へ
会員登録 ログイン ショッピングカート

コラム

【定番のインナー:第5話】女性の大敵、冷えから体を守る腹巻

2021年02月24日更新

女性にとって冷えは大敵。血流が悪くなることで、さまざまな不調が起きやすくなります。特にお腹まわりに関しては、秋冬はもちろん、クーラーを利用する夏も適度に温めることが大切。

第五話となる今回は、インナーの中でもお腹の冷えを解消するためのアイテム「腹巻」をご紹介します。当店でも特に人気の高い3点をピックアップしました。

冬用、夏用どちらも展開しているロングセラー品

当店では2017年からお取り扱いしているロングセラーのインナー「はらぱん」。夏用と冬用で素材を変えて作られており、季節にあわせて履き替えることで、オールシーズンの冷え対策に活用できます。

くらしきぬ/はらぱん 内絹外ウール腹巻パンツ ハーフ

冬用のはらぱんは外側がウール、内側がシルクという贅沢仕様。温かいのはもちろんのこと、縫い目が一切なく、特殊弾性糸で伸びを良くしているので、締め付け感がありません。またこちらはハーフ丈を採用しており、女性にとって冷えが気になるみぞおちから膝頭上まで、広くカバーしています。

くらしきぬ/夏はらぱん

一方の「夏はらぱん」は、その名の通り暑い季節にぴったりのアイテム。内側は冬用と同じシルクですが、表側は麻と綿を使用し、さらっとした質感に仕上げています。冬はらぱんのふかふか感がなく、「温める」というよりは「冷やさないよう調節する」履き心地なので、暑苦しさを感じずにクーラーの冷風からお腹周りをガード。快適さと冷え対策、どちらも両立できます。

シルク製品の専門店が作る、ほんのりと温かな腹巻

絹屋/極暖シルク腹巻

糸から開発し、「発熱するシルク」と謳う腹巻。シルクの吸湿、放湿、保湿性を活かしつつ体を温める、専門店ならではのアイテムです。汗や湿気を生地がキャッチし、湿気が水に変わる際の「凝縮熱」で体を温める…という仕組み。これ自体は大手メーカーの化学繊維製インナーと同じですが、それを天然繊維のシルクで実現しているのが大きな特徴です。

独特のとろみがある絹紡糸を使用しており、かなりよく伸びるので、ストレスフリーな履き心地。シルク製品の専門店ならではの、ほんのりと、どこか癒されるようなぬくもりを得られる腹巻です。

優しく体にフィットする、快適な履き心地

当店限定/腹巻付きレギンス

奈良の靴下工場で、大型のホールガーメント編み機を使って作られたレギンスです。腹巻と一体になっているので、まくれ上がり、下がりがなく、お手洗いのときも楽。また女性の体にぴったり合うように設計されており、締め付け感がないのに下がってこない、優しくフィットする履き心地です。

ホールガーメントのレギンス自体は他にもありますが、伸縮性のある「弾性糸」を使っていることによるフィット感は、こちらの商品ならでは。伸びても戻る力がある糸で、体に沿うような快適な履き心地なので、ルームウエアとしてもおすすめです。ワンピースと合わせれば、足元からお腹まで、しっかり冷えから守ってくれますよ。

冬用と夏用でそれぞれ素材を変えているもの、ほんのりと発熱しお腹を温めるもの、フィット感のある履き心地のものなど、さまざまな特徴の腹巻をご紹介しました。それぞれ形や素材、適した季節はさまざまですが、どれも女性の体を冷えから守る心強いアイテムです。冷え対策にぜひご検討ください。

インナー特集ページはこちらから>>

文・構成/上野智美

著者

スタイルストア編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧