会員登録 ログイン ショッピングカート

コラム

汗を吸い取り、冷えから守る。夏の足元を心地よく保つインナーパンツ

2020年07月28日更新

足まわりに汗をかいたり、冷房でお腹が冷えたり…上半身だけでなく、下半身も何かと不快さを感じやすい夏場。快適に過ごすためには、汗を吸収し、お腹を程よく温めてくれるインナーパンツの着用がおすすめです。とはいえブランドやアイテムによって、その魅力や個性はさまざま。今回は当店おすすめの、使い心地のいいインナーパンツを3点ピックアップしました。夏を爽やかに乗り切るために、参考にしていただけますと幸いです。

足・お腹まわりの肌を快適に。おすすめのインナーパンツ3選

くらしきぬ/夏はらぱん

暑苦しくない履き心地の、冷え防止インナーパンツ

夏は体の冷えが見逃されがちですが、クーラーの風や薄着によって、思った以上に冷えていることも多いもの。お腹、足まわりの蒸れを防ぎつつ、お腹の冷えもカバーしたい方には、くらしきぬの「夏はらぱん」がおすすめです。内側はシルク、表側は麻と綿の組み合わせで、鼠径部から下腹部、お腹、腰までしっかりカバーしてくれます。

冷え防止に役立つインナーパンツですが、着用感は決して暑苦しくありません。絹や麻などの天然繊維が持つ調湿、調温力を活用する仕組みなので、積極的に温めるというよりは、冷えないように調節する、という表現の方が正確。さっぱりした履き心地で、なおかつ冷えを防止するという、夏場にぴったりなアイテムです。

meri ja kuu/4分丈インナーパンツシルク

1枚で足汗、冷え、透け対策の3役をカバー

足汗、冷え、透け防止と幅広い役割をこなす「4分丈インナーパンツシルク」。生地はシルク100%で、絹紡糸(けんぼうし)という、保温性、吸放湿性に優れた糸を使用しています。ゆったり薄手に編まれていることもあり、汗をかいても肌に張り付かず、夏につきものの「スカートが足にベッタリまとわりついて不快!」というストレスがありません。

お腹から太ももまで広範囲をカバーするので、冷え対策、透け防止のペチコートとしても重宝します。ホールガーメント機で立体的に編まれているため、股ぐりに縫製部分がなく、履き心地も快適。真冬の冷え対策としては物足りないかもしれませんが、真夏を含めた3シーズンに渡って、長く活躍してくれますよ。

TUTIE./コットン天竺ショートパンツ

シンプルな形で、冷えと透けを同時に防止

「透け」「足汗の不快さ」という、夏場のボトムスの2大悩みが気になる方におすすめなのが、TUTIE.のコットン天竺ショートパンツ。薄手のリネンやコットン生地といった、透けやすい夏服の下に穿くことで、インナーウェアの透けを防ぎます。またスカートを穿いているときに不快な、足汗がつーっと伝っていく不快さも和らげます。

インナーらしいシンプルな形で、丈は42cm。身長にもよりますが、膝丈以上のスカートであれば、裾から見えてしまうことはありません。スカートの下に穿いてももたつかないよう、伸縮性のあるカットソー素材を採用しており、7~11号サイズの方であれば程よくフィットします。ネームタグがついていないという、素肌に直接触れるインナーとしては嬉しい気遣いもポイントです。

まとめ

冷え対策におすすめのものや、3役こなすオールマイティなもの、シンプルで履き心地のいいものなど、さまざまなインナーパンツをご紹介しました。冷えや蒸れなど、体への負担が多い夏場。履き心地のいいインナーパンツで不快さを軽減して、心地よくお過ごしくださいね。


文・構成/上野智美

著者

スタイルストア編集室

スタイルストアのお客さまに、日々の暮らしをアップデートするコツや、商品の選び方などのノウハウをご紹介するコラムをお届けしています。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧