会員登録 ログイン ショッピングカート

Today's Story

梅雨のパンツ決定版!雨をはじく楽ちんパンツ

2020年06月23日更新

梅雨を実感するような雨の日が続きますね。仕事やお買い物などで、外出をしなければいけない時に憂鬱な気分にさせるのは、濡れてじっとりするパンツです。昨年から販売を開始し、人気が定着したWESTWOOD OUTFITTERSのテーパードパンツは、楽ちんなのに、きれい見えすることで、お馴染み。でも、このパンツが梅雨を快適に過ごす為の一本でもあるんです。

梅雨におすすめの3つの理由

その1、撥水加工で雨をはじく

このパンツを梅雨におすすめする最大の理由は、生地にあります。傘からしたたる水滴や、地面からの跳ね返りをはじいてくれる撥水加工が施されているんです。

撮影の際に、実際に水滴をかけてみましたが、雨粒ほどの水滴の場合は、ポロっと玉になって下に落ちます。

濡れてしまったと思ったら、ティッシュやペーパータオルなどで払うように水気を飛ばした後、軽く押さえるようにして水分を取ります。

地面から跳ね返った水は、大体黒いので、雨対策するならば色の変化が少ない濃色がいいと思います。特にネイビーやブラックは水濡れも目立ちにくいのでおすすめです。

その2、ワイドやストレートに比べて濡れにくいテーパード型

このパンツを梅雨におすすめする2つ目の理由は、テーパード型であるという事。春夏シーズンは、夏に向けて涼しく穿けるようにと、風通しのいいワイドパンツが多くなります。

でも、ワイドパンツたちは、とにかく雨を吸収してしまうんです。ちゃんと傘をさして歩いているのに、なぜか裾からじわじわと濡れてくる感じを味わった事のある方も、多いと思います。それは、裾幅の広いパンツが、歩くたびに揺れたりひらめいたりして、雨にあたるからなんです。

それに比べて、このパンツはテーパード型。ひざ下は程よく足に沿うので、パンツの裾が揺れる事がない。濡れたパンツが揺れて、足にぴたっと張り付くような不快感を感じる事もありません。

その3、洗濯機で洗える

3つ目の理由は、家で洗濯ができる事。雨で濡れたパンツは、泥はねもあり、汚れてしまうんですが、これが洗濯機で洗えます。

パンツ派のバイヤー柳沼曰く、「きれいめのパンツは、洗濯に手間がかかるけど、このパンツはポンチ素材で丈夫だから、家でがんがん洗えるのがいい。きれいめのパンツでお手入れが楽なものって、意外と無いのよね」との事。

確かにこのパンツは、ストレッチが効いていて、楽に穿けるポンチ素材なので、洗濯機で洗っても型崩れの心配なし。お手入れの楽さもポイントなんですね。

ルームウエアとしても、仕事着としても活躍する、この万能パンツが、梅雨の時期の不快感を払拭するアイテムになればいいなと思います。

こちらのパンツの関連コラムも、ぜひご覧ください!!

立って座って家事をして、在宅パンツ決定版>>

座っても立っても膝下美脚>>

著者

楠美冴登

ショッピングユニットでバイヤーをしています。
スタイルストアの商品によって、どこかで誰かがちょっとだけ幸せになればいいなと思ってバイイングをしています。それだけが私の大きなこだわりです。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧