会員登録 ログイン ショッピングカート

みんなの愛用品

自宅での運動、継続できるコツを見つけました

2020年05月21日更新

こんにちは、バイヤーの畠田です。

デスクワークが多いため、意識して運動をしないとつい運動不足になりがちです。そこで先日始めたのが自宅でできる簡単なストレッチや筋トレ。そのために特別に何かを購入したわけではないのですが、家にあった意外なものの効果を痛感しています。全身鏡の「割れない軽量ミラー リフェクス」です。

鏡のおかげでモチベーションが続くように

ストレッチ&筋トレ初心者のわたしは、動画配信サイトでトレーニング動画を見ながら、真似して身体を動かしています。ある程度流れも覚え、慣れてきた時に、ふと鏡の前でやってみて驚愕しました。

全然できていない・・・!

画面の中のトレーナーの通りにやっていたつもりでも、自分の実際のフォームが全く違うのです。例えば、「腕を上げてまっすぐ立つ」というだけでも、左右どちらかに傾いていたり、上げた腕が曲がっていたり。自分の頭の中のイメージと、実際に動いている身体にズレがあり、これは鏡を見ないと気づくことができませんでした。

こちらの写真はミラーの大きさが異なります

特に筋トレは、フォームが違っていると、せっかくの効果が半減してしまうだけではなく、違う部位に負担が掛かって筋肉を痛めてしまったりします。トレーナーがいれば指導をしてくれますが、一人で行う自宅トレーニングはそうはいきません。初心者だからこそ、フォームをきちんと確認しながら丁寧に行ったほうがいいなと思いました。

それからというもの、鏡の前で身体を動かすようになったのですが、面白いのが、一層その時間が楽しくなったということ。痩せたり、筋肉がついたり、といった身体の変化を感じられるのはしばらく続けてからですが、「フォームの改善」はすぐに実感できます。昨日よりまっすぐ立てるようになっている、手や足をぴんと伸ばすことができている、というだけでもモチベーションにつながるんですよね。

普段は寝室に置いています

また、「自分がきちんとできていないところがわかる→修正する→フォームがきれいになる→トレーニングの効果が最大化される→効果を実感できるようになる→つづくモチベーションになる」と、良いループに入れているような気がします。スポーツジムに必ず鏡がある意味がよくわかりました。

リフェクスミラーだからできたこと

言ってしまえば鏡であれば何でも良いのですが、家の全身鏡がもしリフェクスミラーではなかったら、こうやって鏡を使うことはなかっただろうなと思います。

まず、「割れない軽量ミラー リフェクス」という名前の通り、非常に軽いのが一番のメリット。わずか1.6kgで、片手で持ち上げることができます。楽々動かせるので、家の中でも運動しやすい広い空間が作れる場所に移動させて使うことができました。階段の移動も容易です。

また、鏡の向きを変えるのも簡単です。幅140×40cmと大きくはないので、座った状態だと上半身は映りませんが、トレーニングは床に横になって行うことが多いので横向きに置けるのはとても便利です。

こんな風に、毎日家の中で移動させたり動かしたりしてハードに使っているので、万が一落としたり倒れたりしても「割れない」という安心感もかなり大きいです。フィルムミラーならではのメリットですね。

賃貸住まいで鏡を壁掛けにすることができないため、元々は「掃除機をかける時に片手で持ち上げられたら楽だな」ということで導入したこの鏡。まさかこんな形で役立つとは思ってもみませんでした。

普段は寝室に置いて、服選びや身だしなみ確認に使っていましたが、最近は出かけることが少ないため、専らトレーニング用に・・・はやくお出かけ用として使えるようになればいいなと思いつつ、今日も鏡と向き合って身体を動かしています。

著者

畠田 有香

ショッピングユニットでバイヤーをしています。その商品のどこが良いのか、なぜ良いのかを、わかりやすくみなさまにお届けしたいと思っています。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧