会員登録 ログイン ショッピングカート

Today's Story

ワユー族手編みのバッグ、新柄を先行販売

2020年03月24日更新

グレーベースのソロ ニナ(サンダル shoesbakery

南米コロンビアの奥地、電気も水道も通っていないような場所に暮らすワユー族。その女性たちが、一つ一つ手編みで制作する「ワユーバッグ」、待望の新柄が当店先行販売で入荷しました。

日本人デザイナーが考案するモダンな柄を、現地のトップクラスの編み手達がバッグに仕立てる。この2か国の連携プレーのお陰で、日本国内で流通するワユーの中でも、ワユーラのバッグはデザイン、クオリティともに別格です。

この度、ワユーバッグ待望の新柄が入荷しました。しかし、世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、ワユー族の皆さんもご自宅から出ない暮らしを続けられております。

本来ワユーバッグは、屋外で女性たちがお喋りしたり、ハンモックに揺られたりしながら編む

そのため、生産数が安定しておらず、当初の予定よりもかなり少量しか入荷しなかったモデルもあります。既にお取り扱い中の人気モデル「リヴァ」も、本来であれば今月入荷予定でしたが、現時点で入荷の目途が立たないと聞いております。

シックな色合わせで人気のリヴァ、編み手が限られることもあり、現時点では残念ながら入荷の目途が立っていません…

そんな中のご紹介ではありますが、ワユーの編み手の皆さんが前々から編んでくださって、無事日本に届いたモデルもありますので、いち早くスタイルストアでワユーバッグに注目して頂いていた皆さんに、新柄をお見せできればと思いました。

オールシーズン使いやすいソロ マロン、ボディはブラウンでハンドルとフリンジがグレーベース

改めてワユーバッグの魅力をおさらい

このバッグの詳細は、各商品ページに譲るとして、こちらではワユーバッグの魅力をコンパクトにおさらいしたいと思います(詳しいコラムはこちらをご覧ください→荷物が軽く感じるワユーバッグ、5つの魅力)。

1、荷物が大量でも軽く感じる
筒形の丸底なので、荷物が安定的に収納できること。それが重さの「分散」につながり、荷物が動くたびにかかる衝撃をニットが吸収してくれます。そのため「持っているとラクなバッグ」と感じます。

ストラップもニットなので肩/手に食い込まず、あたりがやわらか

2、洗える&型崩れしない
洗濯ネットに入れ、手洗いモードにすれば洗濯機で洗えます。優秀な編み手達がきっちりと編み上げているため、洗っても型崩れしません。

3、出し入れしやすい
口が大きく開くので、荷物の出し入れがしやすいのも特徴です。口は絞ったり、広げたり、用途に応じて変えられます。

4、ハンドとショルダーの2way
肩掛け、手持ちの2通りに持つことができ、マザーズバッグとして使う場合はバギーに掛けられる点も人気の秘密。



5、装いのアクセントになる
ニットならではのグラフィカルな柄や色合わせは、ワユーバッグの大きな魅力。しかも不思議と夏も冬も映えるんです。

お客さまの高評価ポイントはここ

今までにワユーバッグをご購入頂いたお客さまからの声をご紹介します。

ワユーバッグのここが良かった!

・革と違って、肩掛けしたときにストラップが滑らないので、安定して持てる(から荷物が軽く感じられる)
・大容量なのに軽くて使い勝手がいい、口が大きく開くのも◎
・行き過ぎないエスニック柄がいい、シンプルなコーディネイトのポイントになる
・フリンジがいいアクセントになる、不要な時は中に簡単にしまえるのもいい
・肩凝りなのでショルダーは敬遠していたが、肩ひもの長さと太さがよいのか負担にならない

ここがちょっと残念だったかも・・・

・内ポケットが使いにくい
・口を絞って巾着風にして使うと、やや荷物の出し入れがしにくく感じることがある
・冬の服には合いにくいかも(アーバンホワイトへのお声

実際に買われた方の率直な感想、ぜひ参考にしていただけたらと思います。


今回入荷した新柄はこちら(一部非常に入荷数が少なくなっております)

既存モデルも含め、情勢が落ち着いたら、また入荷がある予定です。

日本で販売できるクオリティのワユーバッグを編むには、技術が求められるのに加え、非常に根気のいる仕事でもあります。そのため、平常時でも入荷をお待たせしてしまうこともありますが、少しずつ編み手の育成も進んでいるとのことなので、楽しみに次の便を待ちたいと思っています。

著者

柳沼 周子

大手小売業で服飾雑貨のバイイング、新規ブランド開発を行う。その後活動の場をインターネットに移し、2006年にスタイルストアへ参加。 得意ジャンルは服飾雑貨、最近は地方の名品発掘がおもしろくて仕方がない。モノの背景を知ってこそ見える、真のお買い得品をセレクトする、これが信念です。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧