会員登録 ログイン ショッピングカート

コラム

【定番の白シャツ:第2話】何年たっても支持される王道の3着

2020年02月11日更新

トレンドが目まぐるしく変わるこのご時世に、必要とされ続けるのは容易ではありません。そんな中、当店には、何年たっても変わらず支持されている白シャツが3着あります。リネン素材という唯一の共通点を除けば、デザインも販売開始時期もバラバラのこのシャツが、長い間、大人の女性に支持され続けるのには、きちんとした理由がありました。

白シャツのロングセラーはこれ!

No.1 Brocanteのリネンキャンバスグランシャツ

当店で最も長くお取り扱いをしている白シャツは、Brocanteのグランシャツ。「MADE IN JAPAN」にこだわり続け、自社企画、自社生産、自社販売を一貫して行うこだわりのメーカーが作るこの白シャツは、2012年に販売を開始し、今年で9年目を迎えました。

置いた状態だとよくわかるのですが、身幅がゆったりとしていて、丸いフォルム。全体的に膨らんで見えないように、襟元と袖口がきゅっと細くなっているという小技が効いた一着です。

グランシャツの特徴と言えば、襟の両脇から入る細かいギャザー。このギャザーが程よくふっくらする事で、年齢を重ねるうちにお肉が落ちてしまう首から胸元にかけてを、カバーしてくれるんです。

着丈が62cmと長めなので、腕を上げてもインナーが見えることがありません。体型を上手にカバーしてくれたり、大人女性だからこそ気になるポイントをクリアする事で、支持されてきたこの白シャツ。販売開始からこれまでの間で、色違いも含めて、なんと50種類ものバリエーションを出してきたのも、うなづけます。

No.2 rolcaのフレンチリネンシャツ

ロングセラーのNo.2はrolca(ロルカ)のフレンチリネンシャツ。2013年から販売をしています。パンツとシャツ作りを得意とするこのブランドの白シャツは、あくまでもベーシック。でも、一見、シンプルに見えるアイテムにこそ、デザイナーやパターンナーのこだわりが見えるなと感じるんです。

その一例がこの画像。高級シャツなどにみられる補強の為のガゼット(三角部分)がちゃんと付いています。元々は、縫い合わせが裂けるのを防ぐ為につけられたというこちら。技術が進歩した現代では、全く必要のないパーツなので、多くのメーカーがこの工程を省いているのが現状です。でも、仕立てのいいシャツを見ると、このひと手間を省いていないものが多く、この白シャツもその中の一着です。

透けにくく、皺になりにくい少し肉厚のフレンチリネンを使っているのもポイントの一つ。とろみがあって品のいい素材は、体のラインを拾わないという、大人女性のお悩みまで解決するものでした。

No.3 当店限定のフレンチリネンVネックプルオーバー

ロングセラーNo.3は当店限定のフレンチリネンVネックプルオーバーです。2017年から販売を開始し、4年目を迎えるこのシャツはrolcaとのコラボレーションから生まれたもの。上でご紹介した透けにくいフレンチリネンシャツと同じ素材を使っています。「色違いが欲しい」というつかい手の声も多く、販売4年目にして、すでに15種類もの同型のシャツを販売しているのも、人気の証です。

それだけではありません。体のラインを拾わないゆったりとしたシルエットだけど、首をすっきりとさせる為に襟ぐりを少し立ち上げるなど、いたるところに工夫がなされているんです。リラックス感があるのに、だらしなく見えないのは、大人女性の為の服には必要な要素。シャツ作りを得意とするrolcaだからこそ持つノウハウが、じゅうぶんに生かされているから実現できた一着なんですね。

ブランドのこだわりは、必ずつかい手のみなさんに伝わります。そして、そのこだわりの逸品を何年にも渡って愛される定番品にするのは、その良さを実感して、着続けてくれるつかい手のみなさんなんだと思います。

定番の白シャツ〜自分らしい一着を〜 特集ページはこちら>>

著者

楠美冴登

ショッピングユニットでバイヤーをしています。
スタイルストアの商品によって、どこかで誰かがちょっとだけ幸せになればいいなと思ってバイイングをしています。それだけが私の大きなこだわりです。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧