会員登録 ログイン ショッピングカート
    ログアウト ショッピングカート

    MAITO(マイト) - 着るほどにやさしく身体になじむ天然素材の服 -

    糸作りをベースに、天然素材とメイドインジャパンをコンセプトにものづくりをしている「MAITO(マイト)」。
    どのアイテムも着るほどに身体になじみ、やさしい色合いと風合いになっていきます。
    今回は、年中活躍してくれる、長く愛用したくなるアイテムをご紹介いたします。

    丁寧に作られた、いつも袖を通したくなる服たち

    丁寧に作られた、いつも袖を通したくなる服たち

    MAITO(マイト)は代表・小室真衣人さんが2008年にスタートしたニットブランドです。実家は福岡県秋月にある草木染工房。小さい頃から草木染に触れ、ともに過ごしてきた小室さんだからこそのこだわりがMAITOには込められています。
    MAITOの草木染は綿の状態から染めているので、従来よりも色褪せにくく、色合いにも深みがあります。また、生地は吊り編み機で丁寧に織っているのでとてもやわらかくやさしい肌触り。カッティングや縫製もベテラン職人により1点1点丁寧に施され、とても美しい仕上がりです。こちらの草木染はご家庭でお手入れが出来るところも嬉しいポイント。
    気付けばいつも袖を通している・・・そんな言葉がぴったりな、本当に着心地が良いアイテムたちです。

    ずっと触っていたいほどやわらか!美しいシルエット&一年中活躍

    スクエアカーディガン

    やわらかくやさしい肌触りが心地良いスクエアカーディガン。羽織った時のドレープがとても美しく、動くたびにきれいに揺れます。
    アーム部分をゆったりめにデザインしているので、気になる二の腕や、重ね着をした時にもスッキリ。
    折り畳めばコンパクトになり軽いので、旅行や肌寒い季節に持ち運ぶのにも便利です。

    MAITO/草木染 スクエアカーディガン

    Aラインチュニック

    Aラインのひざ上丈チュニックワンピース。デコルテは開きすぎず詰まりすぎない上品なラインです。モデルの身長は158cm。レギンスやデニムに合わせるのにちょうど良い丈です。アーム部分はゆったりと、手首あたりにかけて少し細くなっています。大きめポケッがアクセントに。
    1枚でさらっと着るのはもちろん、ジャケットなどの下に着てももたつかずにキレイに着ることができます。

    MAITO/草木染 Aラインチュニック

    AラインTシャツ

    ゆるやかなAラインのTシャツは、チュニックと同じくデコルテが開きすぎず詰まりすぎない上品なライン。デコルテの淵はねじりが入っており、シンプルな中にやさしさを感じるデザインです。お腹~腰回りもゆとりがありながらキレイな形に仕上げているので、安心感があります。
    カジュアルに着こなすのももちろん、合わせる洋服次第でフォーマルな印象にも。カーディガンやジャケットなどのインナーに着るにもおすすめの一枚です。

    MAITO/草木染 AラインTシャツ

    MAITO/サークルカーディガン

    綿100%のふっくらやさしい肌触りで着心地抜群のサークルカーディガン。羽織った時に自然で美しいドレープが生まれオン・オフ問わずに活躍します。
    半分に織ってストール風に羽織れば、着こなしのアクセントに。また、真鍮のピンが付属しているので、前で留めてカシュクール風に着たり、留める位置によってさまざまな着こなしを楽しむことができます。

    MAITO/サークルカーディガン

    MAITO/草木染 W/T リブスローケット

    リブスローケットは、やさしい肌触りのストール。継ぎ目のないホールガーメントのニットです。ウール60%・テンセル40%と全て天然素材を使っており、あたたかくさらっとした巻き心地。MAITOならではの草木染の色合いも上品で美しく、顔まわりが明るく見えます。ストールとして巻くのはもちろん、広げて羽織ったり、ひざ掛けとしても重宝します。

    MAITO/草木染 W/T リブスローケット

    平編みレギンス

    草木染の糸を使用して編み上げた、綿素材のレギンス。綿100%ならではのムレにくくさらっとした履き心地とやさしい風合いが特徴です。
    機能性靴下の制作に定評のある佐賀のイイダ靴下さんにて編まれた、日本製ならではクオリティが光る一品です。

    MAITO/草木染 平編みレギンス

    すべてメイドインジャパンのものづくり

    原綿から天然染料で染めた草木染糸

    原綿から天然染料で染めた草木染糸

    日本では古来から天然の植物の色合いに魅せられ、色名に植物の名前が付けられることが多くありました。「憧れの色を染めたい」という思いから、草木染めの技術は今日まで培われてきました。

    現在の世の中では安価な化学染料を使うことがコストダウンになり主流になっていますが、MAITOは人にも自然にもやさしい自然由来の草木染にこだわりものづくりをしています。
    草木が持つ本当の力を最大限に引き出すため、採取する時期、育ち具合、日当たりから土の具合、天然の水にもこだわっています。たくさんの条件から見極めたものだけを使い、高い技術によって染めています。

    また、中でも特徴的なのは、一般的に糸や製品化してから染める衣料が多い中、MAITOでは「綿(わた)の状態」から染めているところ。従来の草木染に比べて色褪せにくく、さらに深みのある色合いに仕上っています。また、綿から染めることで、1本の糸の中に様々な色が混ざり合い、奥行きと表情が生まれています。

    ペールグレー ・・・ 矢車附子(やしゃぶし)染

    ペールグレー ・・・ 矢車附子(やしゃぶし)染

    矢車附子(やしゃぶし)は春先に花を咲かせ、松かさに似たかわいい小さな実をつけます。 青く熟した実を干して使い、染色にします。古くから黒染の染料や皮膚の炎症を抑える薬として使われてきました。

    桜ピンク ・・・ 桜染(染井吉野の枝先)

    桜ピンク ・・・ 桜染(染井吉野の枝先)

    代表的な桜として有名な染井吉野。この木には他の桜と異なる独特の色が眠っています。MAITOでは小枝の部分を用いて、黄色が入ったサーモンピンク色寄りに染め、肌なじみの良い色に仕上げています。

    ネイビー ・・・ ログウッド染・藍染

    ネイビー ・・・ ログウッド染・藍染

    ログウッドはメキシコなど中南米原産の豆科の木をもとに作っています。藍は蓼藍の葉を発酵させて作ったすくもを使い、建て染めに。ネイビーはそれぞれで染めた糸を使用し、奥行きが生まれています。

    イエローベージュ ・・・ 屋久杉染

    イエローベージュ ・・・ 屋久杉染

    家具などを作るときに出る屋久杉の切りくずと葉を使い、独自の技術で煮出した染液を使い染めています。何日もかけて煮出し屋久杉の奥に眠る色の素を取り出します。

    人にも自然にもやさしい素材

    人にも自然にもやさしい素材

    今回ご紹介するカーディガン、チュニックワンピース、Tシャツの素材は、綿50%、テンセル50%。とてもやさしくさらっとした手触りで、肌あたりが心地良いのが特徴です。
    テンセルは植物のユーカリから生まれ、エコを究めた繊維と言われています。ユーカリは灌漑も農薬も必要としない、計画植林された植物。土地も、水も、効率良く。温暖化防止にも貢献している繊維を使い、服作りをしています。

    肌になじむ、やさしくやわらかい肌触りの秘密

    肌になじむ、やさしくやわらかい肌触りの秘密

    生地は和歌山県のメーカーにある吊り編み機で、ゆっくり丁寧に編み上げています。吊り編み機を使うことで糸に余計な負担がかからないため、とてもやさしい肌触りに。一度袖を通すとずっと着ていたくなるほど、やわらかく肌になじむ着心地です。

    美しいカッティングとしっかりとした縫製

    美しいカッティングとしっかりとした縫製

    和歌山県で編んだ生地は東京・墨田区へ。MAITOのデザインに基づき、ベテラン職人が生地・糸の無駄がないようカッティング。その後1点1点丁寧に縫製をして、ようやく製品の出来上がりです。
    着心地の良さはもちろん、美しいシルエット、そして長年愛用するのに耐えられる丁寧な縫製がここで施されます。

    草木染製品を安心して長く楽しむためのコツ

    草木染製品を安心して長く楽しむためのコツ

    MAITOの草木染製品はご自宅で楽にお手入れできるのも嬉しいところ。
    長く愛用していただくためのコツをご紹介します。

    • 化学染料を一切使用せず、天然染料のみで染めています。使い方によって微妙に色合いや風合いが変化し、味わいが深まります。袖を通してからご自分だけの風合いに育っていく時間をお楽しみ下さい。
    • ご自宅でお洗濯が可能です。
      1. ぬるま湯に少量の中性洗剤をよく溶かし入れ、手で軽く押し洗いします
      2. 軽く脱水します(生地が傷みやすいものは手絞りがおすすめです)
      3. 形をととのえて、間を置かずに日陰干しします

    このアイテムのブランド

    MAITO(マイト)

    糸作りをベースに、天然素材とメイドインジャパンをコンセプトにものづくりをしている「MAITO(マイト)」。代表・小室真以人さんにより、2008年に立ち上げられたブランドです。 日々の暮らしの中で着ていくうちに、だんだんと身体になじむもの。一緒に年を重ねて経年変化を楽しむことができるもの。そんなアイテムを作り続けている、今後も注目していきたいつくり手です。

    小室 真以人
    小室 真以人 (こむろ まいと)

    染色家/デザイナー。東京藝術大学美術学部卒業後、福岡県朝倉市秋月にある家業の染色工房で伝統的な草木染技法を習得。同時に、ニット技法を学びながら、2008年よりブランドを本格始動。自身の草木染と全国の職人の技を融合したアイテムを制作しています。

    商品ラインナップ

    MAITO/草木染 スクエアカーディガン

    MAITO/草木染 Aラインチュニック

    MAITO/草木染 AラインTシャツ

    MAITO/草木染 W/T リブスローケット

    MAITO/サークルカーディガン

    MAITO/草木染 平編みレギンス


    翌日お届けサービス

    facebook

    スタイルストアのfacebookページをチェック