すみだのものづくり すみだのものづくり

隅田川をはじめとした豊かな水辺に恵まれ、東京スカイツリー®と古い街並みが共存する東京墨田区。
このまちでは江戸から続く様々な産業が今も多く息づいています。つかう人、そして未来の地球への想いを込めて生み出され続ける「すみだモダン」。
そんな「こころ、ゆさぶる。」商品を鮮やかな感動とともにあなたのもとへお届けします。

INTERVIEW

ITEM

革加工のプロが作る、最新技術を取り入れたメイドインすみだの革製品

墨田革漉工業

シンプルで丈夫な革袋と革トートバッグを開発したのは、墨田革漉工業株式会社代表取締役会長の佐藤さん。イタリアへ積極的に足を運び、持ち帰った最新の技術と情報を元に商品開発に取り組まれています。今回は受注加工を中心に行ってきた墨田革漉工業が自社製品の開発にチャレンジされた経緯と完成までのお話をお聞きしました。

ITEM

建築物から日常生活品へ。漆工職人の新たな挑戦

安宅漆工店

誰もが知る目黒雅叙園の百段階段。その修復作業を任されたのは漆工職人である安宅漆工店の代表、安宅さんでした。そんな長らく建築物を中心に取り組んできた漆工職人が日常生活品を作ることになったきっかけとは。安宅さんに安宅漆工店のこれまでとこれからについて伺いました。

ITEM

職人技が生きるモノづくりへのこだわりと墨田への愛

SAKURA WAQS

サクラワクスは高い技術が求められるとされている高級革を扱う革小物ブランドとして、墨田の地でモノづくりをされています。地域との繋がりも大事にしながら活動を続ける2代目の和久代表に、革小物づくりのこだわりや、墨田への愛についてお話を伺いました。

革加工のプロが作る、最新技術を取り入れたメイドインすみだの革製品

墨田革漉工業

社員全員が主役の会社だからこそ生まれる新商品の数々

フットマーク

世界も認める墨田区の豚革を扱う、素材職人のこだわり

TOKYO LEATHER FACTORY

すみだデニム誕生とともに描かれた未来への展望

Creators

自社牧場・一貫生産に隠されたこだわり

northpeace farm

「よく切れて、研ぎ直せば一生使えるはさみ」を届けたい

石宏製作所

「愛着をもって長く使える商品を作りたい」100年以上受け継がれたきた伝統の職人技

宇野刷毛ブラシ製作所

使い手への思いやりをかたちにする、稀有な職人と稀有な技術

二宮五郎商店

温故知新の精神で、伝統的な手作りガラスの文化を紡ぐ

廣田硝子

技術力と企画力の化学反応で生まれる、新しい風

MERI

メリヤス屋だからできるものを。海を渡った老舗の挑戦

merippa

もっと身近な、もっと使いやすい箸を。角に込めたこだわり

大黒屋

チームで作り上げれば、いま世の中にないものも必ず実現できる

kaico

新しいフィールドへ挑戦するDNA
環境問題から社会問題の解決へ

理創研

長年培った技術があるからこそ、実現できるフォルムがある

笠原スプリング製作所

作る人も、使う人も元気にしたい。長年の願いをかたちにした6代目の想い

made in ryogoku

ITEM

SHOP

すみだの商品、そろってます。

すみだのものづくりを
さらに体感できるショップはこちら

※スタイルストアでご紹介した商品は、すみずみではお取り扱いがない場合がございます。

すみずみ
SHOP&WORKSHOP すみずみ

〒131-0033
墨田区向島1-23-9
東京ミズマチイーストゾーンE03
03-6284-1731

すみずみ
  • 1階(物品販売)
    すみだモダン認証商品をはじめ、品質・デザイン・ストーリー性に優れた商品を販売しています。

  • 2階(イベントスペース)
    ものづくりや産業をテーマとした、各種イベントやワークショップ、講座等を実施しています。

  • ショップの外観

  • ショップの外観

営業時間

AM 11:00 ~ PM 7:00
定休:月曜(祝日と重なった場合は、翌平日)

交通案内

<電車でお越しの場合>
東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)「とうきょうスカイツリー駅」徒歩約5分
都営浅草線「本所吾妻橋駅」徒歩約5分
都営浅草線/東京メトロ半蔵門線/京成線「押上駅」徒歩9分
東京メトロ銀座線「浅草駅」徒歩約11分

<バスでお越しの場合>
都営バス「言問橋」徒歩約3分
墨田区内循環バス「とうきょうスカイツリー駅」徒歩約3分

イベント情報等更新中

すみずみ公式インスタグラム

@shopandworkshopsumizumi