全商品ポイント10倍キャンペーン
 / 
  • かごや/本竹中華せいろ 18㎝セット
  • かごや/本竹中華せいろ 18㎝セット
  • かごや/本竹中華せいろ 18㎝セット
  • かごや/本竹中華せいろ 18㎝セット
  • かごや/本竹中華せいろ 18㎝セット
  • かごや/本竹中華せいろ 18㎝セット
  • かごや/本竹中華せいろ 18㎝セット
  • かごや/本竹中華せいろ 18㎝セット
  • かごや/本竹中華せいろ 18㎝セット

かごや/本竹中華せいろ 18㎝セット

6,930 円(税込)

もらえるポイント: 630ポイント (10倍)

在庫
: 4

平日13時までのご注文で当日出荷

送料: 640円

合計15,000円(税込)で 送料無料!

もう迷わない「せいろはじめ」

料理上手なひとはみんな使っているイメージがあり、興味津々ながらもなかなか手がでなかった「せいろ」。

鍋:中村銅器製作所 こちらの商品ページに写っているのはすべて21cmのせいろです

準備が面倒で、手入れも難しそう。なんだか使いこなせなさそう。そんな先入観がありましたが、今ではなんでもっと早く使い始めなかったんだろう!と、すっかり虜に。

同じく「気になる、でも不安」という方におすすめしたいのが、こちらの「かごや」のせいろ。調理道具としてのせいろの魅力も含めてご紹介したいと思います。

ごはんの違いにびっくり

つくり手に、「何がいちばん美味しく仕上がりますか?」と聞いた時に、真っ先に出たのが「冷やご飯が炊きたてのように美味しく蘇る」という答えでした。

実際に試してみて、びっくり。

写真左が電子レンジ、右がせいろを使って、同じ量のご飯を温めたもの。せいろで温めたものは、一粒づつがふっくらとして、全体的につやがあるのがわかりますでしょうか。

レンジはマイクロ波加熱でお米の中の「水分」を温めますが、せいろは「お米全体」を蒸気で温めるので、加熱原理が全く違うんですね。
あたためた後の冷め方もゆっくりです。

左:電子レンジ 右:せいろ で加熱したもの

ちなみに、しゅうまいはこの通り。レンジだと皮が硬くなりがちな肉まんも、ふかふかに仕上がります。

意外と手間はかからない、むしろ楽

木の調理道具なので、なんとなく手入れや準備に手間がかかるイメージがありましたが、実際に使ってみると驚くほど手軽です。

使う時は、せいろに水をかけて、食材を詰め、お湯の沸いたお鍋にセット。

使った後は、たわしでよく洗って風通しの良いところできちんと乾かす。たったのこれだけ。

調理時間は、蒸し野菜で5〜10分ほど

毎回ごはんの温めだけにせいろを使うのは上級者かもしれませんが、我が家では、「一品足りないな」という時に下段で蒸し野菜などのおかずを作り、同時に上段でご飯をあたためる、というのが定番。

焼き物や揚げ物などと違い、一度火にかけたらあとは放置するだけなのでその間に他のこともできます。

どれだけ手抜きをしても、せいろがテーブルに並べば立派な食卓に見えてしまうのが不思議

蒸しものは、食材の栄養素も旨味も逃さずとてもヘルシー。旬の野菜を切って蒸すだけでも甘さが際立ち、絶品になります。蒸している時からふわっと漂ってくる、竹のいい香りもたまりませんよ。

せいろを作って40年の「かごや」

それでも、せいろを使ったことない方は「使いこなせるかな」という不安があるはず。そんな方におすすめしたいのが、天然素材のかごづくりが得意な「かごや」のせいろです。

使いやすい形を目指して、改良を重ねながらせいろをつくり続けて40年。かごやのせいろは、中華街をはじめホテルなどでも使われており、丈夫で品質の良いものづくりをしています。

中国の提携工房で作っているため純国産品に比べて安価ながらも、つくりの堅牢さは間違いないのが嬉しいポイントです。

写真左:籐皮+ステンレス釘でしっかり留めています 写真右:底は安定感があり使いやすい固定式のすのこ仕様

せいろに使われる素材には杉やひのきもあります。杉は値段が手頃ですが若干香りが強め、ひのきは耐久性が高いですが、価格が高め。こちらの「竹」は香りも価格も程よく、迷ったら選んでいただきたい素材です。

価格や素材もぴんきりなせいろですが、手にとりやすい価格と、扱いやすさ、長く使うための品質の良さ、いずれも兼ねそろえた「せいろはじめ」におすすめの一品です。

せいろのサイズの選び方

お取り扱いしているサイズは全部で3種類。いずれも、蓋+本体2段 のセットです。

左から、18cm、21cm、24cm

18cmは、1〜3人分。サイドメニューでおかずを出す時やテーブルスペースをとりたくない時に重宝するコンパクトなサイズです。

21cmは、2〜4人分。2人分なら、一段をおかず、もう一段をご飯を温めるのにぴったり。大きすぎず小さすぎずな万能サイズです。

24cmは3〜5人分で、ちょっと大きめ。中華まんが3個入ります。お皿も入れられるので、アサリの酒蒸しなどにも便利です。

蒸し板もご活用ください

ご家庭にあるお鍋と外径が同じサイズのせいろであれば、直接乗せられますがぴったり合わないと、蒸気が逃げてしまったり、ズレてしまったり、とご使用の際に少しご注意が必要。

お鍋の取っ手の形によっては、蒸し板が引っかかることも。注意点を蒸し板の商品ページに記載していますので、そちらもご覧くださいね。

そんな時に便利なのが「ステンレス蒸し板」。蒸し板を間に挟めば、サイズの合わないお鍋の上にも乗せて使えますし、せいろの縁を焦がす心配もないのでオススメ。ぜひあわせてご活用ください。

簡単、おいしい、ヘルシー、と実用面でのせいろの魅力を語りましたが、最後に「キッチンに無造作に置いてあるだけで絵になるので、ものすごく気分があがる」ということもお伝えしておきたいと思います。

せいろが家にある風景、いいなあと思ったらぜひお試しを。お料理のレパートリーが広がりますよ。

この商品には、
他のバリエーションもあります

ブランド紹介

かごや (カゴヤ)

この商品のえらび手

畠田 有香

スタイルストア バイヤー 畠田 有香 (ハタダ ユカ)

ショッピングユニットでバイヤーをしています。その商品のどこが良いのか、なぜ良いのかを、わかりやすくみなさまにお届けしたいと思っています。

商品仕様 / 注意事項

■素材/原料 :竹(ステンレス釘留め)、籐
■サイズ :【蓋】Φ18×H4cm
 【本体】Φ18×H6.3cm(内寸Φ15.9×H3.7cm)
 
 ・直径 約9cmの中華まん→1段に1個
■原産国 :中国(自社提携工房)
■食洗器使用不可
■蓋・本体2段のセットです


■全て手作りで天然素材を使用しているため、サイズが多少異なったり、ゆがみ、がたつき、隙間がある場合がございます。また竹の性質上、繊維に沿った割れ、ささくれ、欠け、くぼみがあることもあります。
■ご使用のパソコンのモニターによって、実際の商品と色柄が異なって見える場合があります。予めご了承下さい。
■【お手入れについて】
使用後、洗剤を使わずに、たわしなどでよく洗って、風通しの良いところで陰干しして下さい。自然素材で作られているものなので、よく乾かさないととカビが生える原因になります。
■【お鍋について】
必ずお鍋のサイズ・形状をご確認下さい。たくさんお湯が入る深めのお鍋がおすすめです。せいろが大きすぎると、蒸気が漏れてうまく蒸せませんし、小さすぎると、鍋に落ち込んでしまいます。

お鍋と外径が同じサイズのせいろをのせて使えますが、サイズが合わない時は別売りの蒸し板をお使い下さい。鍋は、蒸し板が安定するよう持ち手などがぶつからないものをお使い下さい。
■2020/10月以降、カビ防止剤を商品に同梱しています。開封時にツンとした臭いが感じられることがありますが、商品の品質に問題はありませんのでご安心下さいませ。

選定理由

ずっと使える

高い機能性

優れたデザイン

エコ・健康

伝統的

希少価値が高い

つかい手の声

4.4
つかい手の声 件数:5
  • 投稿日:2021年6月2日

    初めての蒸籠のため、他と比較はできませんが、ただお鍋にのせて蒸しただけなのに、ほんのり竹の香りが香って、特別な一品ができあがります。ふだんは焼くか煮るかの決まったパターンに、蒸すが加わり、レパートリーがふえました。
    最初から上下をつなぐ箇所がささくれていて、いまにも切れそうだったので、そこは残念でした。切れないように優しく扱っています。


    東京都 | 40代 | 女性 | みる さん

    このつかい手の声は参考になりましたか?

    0人が参考になった

  • 投稿日:2020年12月27日

    肉まんが美味しいです。野菜も魚も意外と簡単に美味しく調理ができました。


    北海道 | 30代 | 女性 | ちょば さん

    このつかい手の声は参考になりましたか?

    人が参考になった

  • 投稿日:2019年11月16日

    ずっと欲しかった、せいろ。しかし収納場所や、使用頻度で迷っていました。
    今回意を決して購入。
    秋になり、蒸し野菜を堪能したくなり、これまで3回使いましたが、買ってよかった。
    18センチは2人用のおかずにちょうどいいですが、野菜は沢山食べてもあっさりしているので、
    ボリュームを求める方は21センチの方がいいのかもしれません。
    特に、大きめの中華まんは、このサイズだと複数個は厳しいです。
    さっと洗って乾かすだけで便利ですが、しっかりした作りなのと竹素材のためかわりと重さがあり、
    特に編み込んである蓋部分は、よく乾かす必要があります。
    悩みどころの収納ですが、我が家では壁面にフックをつけてひっかけて収納しています。


    福岡県 | 50代 | 女性 | 匿名 さん

    このつかい手の声は参考になりましたか?

    人が参考になった

つかい手の声をもっとみる