台東ファッションザッカセレクション

台東区×スタイルストア

会員登録ログインショッピングカート
ログアウトショッピングカート

被り心地の良い帽子

「帽子に慣れていない人でも格好よく被れて、機能的で、カジュアルになりすぎないもの」という当店のリクエストのもと、作られたこちら。戦後間もない頃からこれまで、50年もの間、一途に帽子だけを作り続けるこのブランドの持つノウハウが詰め込まれた一品です。

【インタビュー】NAMIKI

並木伸好デザインルームは、東京で50年以上にわたり帽子をつくり続けている日本のブランドです。素材の良さを大切にし、被り心地の良い帽子を提案しています。
今回は統括部長の奈良さんと、チーフデザイナーの雲田さんにNAMIKIの歴史や帽子づくりへの想いを伺いました。

もっと多くの人に帽子を被ってもらいたい

NAMIKIは、1960年に現社長の父・並木伸好氏が帽子学校で出逢った奥様とオートクチュールのアトリエを立ち上げたのが始まりです。
当時はファッションショー用の帽子や、デザイナーズブランドの一点ものの帽子を制作していました。皇室関係の方の帽子を作っていたこともあったそうです。

−オートクチュールの製作から始まったということですが、現在のような量産体制になったのは何かきっかけがあったのでしょうか。

奈良さん:先代の社長が、もっと多くの人に帽子を被ってもらいたいという思いから、量産化を実現していきました。それまでの経験や技術を活かして、且つ価格帯をぐっと抑えて品揃えを増やしてきたんです。
現在ではNAMIKI、GRAND MAITREの2ブランド合わせて夏は100スタイル、冬は80スタイルのラインナップになっています。

NAMIKIはオリジナル商品の卸売業がメイン。OEM事業ではこれらのデザインをたたき台にして、アパレルブランドやセレクトショップ等、お客様のテイストに合わせたアレンジも行っています。

帽子を被った時にどうやったら綺麗に見えるかを考え抜いた

奈良さん:商品づくりで意識しているのは、奇抜なデザインは狙わずに、さらりと被りこなせる帽子であることです。シーズンの傾向を見てデザイナーが自分のイメージを絵や形にします。間口を広げ、どんなお客様にも対応できるようなデザインをと考えていますが、ちょっと色が映えていたり、エスプリが効いているよう心掛けています。

ーデザインだけではなく、被り心地についても強いこだわりがあるそうですね。

企画会議では、デザイナー三人で全てのサンプルを被って確認し合うと聞きました。

雲田さん:頭の形や顔の輪郭は人それぞれ異なります。帽子を斜めに被る人もいれば、深く被る人もいます。ひとりひとりの頭の形に合う被り心地に一番こだわっているんです。

奈良さん:帽子の形状はある程度限定されているので、その中でオリジナリティを追求していかなければ、ゆくゆくは必要とされなくなると考えています。私たちは、被り心地やパターンワークにひと手間、ふた手間加えることで、差別化を図っています。

今回スタイルストアでお取り扱いするリボンハットも、細部にまでこだわりが詰まっている一品。帽子を被った時にどうやったら綺麗に見えるかを、考え尽くしているのがよくわかる帽子です。

帽子は女性を「より美しく」するためのアイテム

ー新型コロナウイルスの影響により外出する機会が減少しているなか、帽子ブランドとしてニューノーマル時代にどう向き合っていくのでしょうか。

雲田さん:マスクを付けて帽子を被った時のツバの長さなど、見え方を考えてデザインしています。あまり実用性ばかり考えてしまうとおしゃれさや面白みがなくなってしまうので、そのバランスを意識していますね。

奈良さん:帽子は女性をより美しくするためのアイテムだと思っているので、そこは変えずに作り続けていきたいですね。帽子を被ることで紫外線からお肌を守る、気に入りの帽子を被って出かけることで楽しい気持ちになれる、そういうことを忘れてはいけないなと思います。

最後に、ブランドにかける想いをお聞きしました。
帽子とは、人々にとってどのような存在なのでしょうか。

雲田さん:長年やっていると、この人にはこういうデザインが似合うなというのが分かります。実際に被っていただいて、お客様から「意外といいな」、と言っていただけた時はすごく嬉しいですね。一度そう思っていただけると、帽子がもっと身近な存在になるんです。
帽子を被ってしまえば、髪をセットしなくてもお出かけがてきて、なおかつ、おしゃれに見える。
私は帽子が大好きで、被るのが当たり前になっています。そんな風に帽子を日常に取り入れるきっかけになればいいなと思います。

奈良さん:何かのご縁でうちの帽子を購入いただいた方が、次に新しい帽子を買う時にまたNAMIKIを選んでもらえる、そんなブランドになりたいですね。

とにかく帽子が大好きだというお二人。妥協しないものづくりへの姿勢がひしひしと伝わってきました。

「私には帽子が似合わない...」「帽子は少し抵抗がある...」と感じている人も少なくありません。普段使いできるシンプルなものは、ぱっと見では差別化しにくいアイテムです。なので、たまたま店頭で手に取った帽子がしっくりこなかったり、被るうちに頭が痛くなったりと、苦い経験をしてきた方もいらっしゃると思います。そんな帽子迷子になっている方にこそ、NAMIKIの帽子を手にとって、その被り心地を実感していただきたいなと思います。

“NAMIKI”

[Profile]NAMIKI ナミキ

『NAMIKI』は、シンプルでかぶり心地の良い大人の女性向けの帽子を発信するブランドです。
優しく頭になじむシルエット、ナチュラルな素材感、さりげなく女性らしさを引き立てる帽子づくりを目指しています。
さまざまなライフスタイルにフィットする帽子のクローゼットのようなコレクションを毎シーズン提案しています。

アイテムラインナップ

ファッション雑貨ブランドを展開予定の企業様へ
このページの先頭へ