会員登録 ログイン ショッピングカート
翌日お届サービス対象

もっちりツヤツヤご飯を食べる幸せ

TOJIKI TONYA/古伊賀ご飯土鍋

入荷待ち
入荷案内メールを受け取る

最近土鍋でご飯を炊いているのですが、
もっちもちでツヤツヤの炊きたてご飯って
こんなにおいしいのかと実感しています。

iganabe3

しかも、使ってみて感じたのが、
想像していたより早く炊けること。

我が家の場合、それまで時間短縮と思い
炊飯器派だったのですが、
炊飯+蒸らし時間を合わせて30分ちょっと
で炊けました。
実は意外と土鍋の方が早く炊けたのです。

ちなみに、ご飯をおいしく炊くのに特化した
形ですが、普通のお鍋としてもご使用
いただけます。
1つあれば2通り使えるのも嬉しいところです。

もちもちツヤツヤご飯を炊ける理由

iganabe4

伊賀の陶土はとても耐火度が高く、
中に炭素化した植物を多く含んでいる
ため、焼成すると多孔性の素地に
なるのだそう。

iganabe10

その為、土鍋本体がしっかりと熱を蓄え
食材の芯までじっくりと火を通し、
うまみを逃がさずおいしいご飯が
炊き上がります。

吸湿性に優れているので
ごはんがベタつかないという特徴も。

iganabe9

また、内蓋・外蓋があるので
圧力がかかるところも、お米をおいしく
炊ける理由のひとつ。
吹きこぼれもしにくく、安心して
使えます。

ご飯のおいしい炊き方

ご飯を炊くのって難しいし面倒じゃ?と
思う方もいらっしゃると思います。

当初私もそう思っていましたが、
後述の目止めだけ最初にやっておけば、
炊くこと自体は意外と想像より楽でした。

1、お米を洗って、水に浸しておく

・浸水時間の目安

説明書には、白米の場合、
夏は30分、冬60分と記載がありますが、
私は炊飯器を使っている時と同じ、
浸水時間は20−30分にしました。
十分おいしく炊けました。
が、お好みに合わせてご調整ください。
(玄米の場合、6−12時間)

2、土鍋にお米とお水を入れる

水に浸したお米を、しっかり水切りして
土鍋にうつし、分量の水を入れて
中蓋と外蓋をセット。

例)白米3合の場合 水600cc
最初はもう少し水を控えた方が
失敗しないと思います!

3、いざ加熱

iganabe12

付属の説明書「お米の炊き時間目安」を
参考に、中火で沸騰するまで加熱。

例)白米3合の場合 中火13−15分

最後強火にすると、おこげを作れます!

4、蒸らす

iganabe11

「“はじめチョロチョロ中パッパ、
赤子泣いてもふた取るな”
ですからね。」

つくり手さんからそんなアドバイスを
いただいた時、「はて?」と思っていた
のですが、とにかく蒸らしている時は
何があっても蓋はとるな、ということ。
待てばおいしくなるので我慢がまん。

5、かきまぜる

iganabe2

蒸らしが終ったら、蓋オープン!
いよいよ、つやっつやのご飯と対面です。

しゃもじでご飯を切るようにほぐして、
余分な蒸気を飛ばします。

2回目の方が上手に炊けた

iganabe14

ふっくらツヤッツヤのご飯。

正直、1回目に炊いた時は、浸水後の
水切りが甘かったのか、ちょっぴり
水分多めの仕上がりだったので、
2回目は水切りしっかり、お水の量も
少し控えめにしました。

iganabe15

すると、2回目は格段においしい
仕上がりに!

また、中火といっても、ご家庭によって
火力なども様々だと思いますので、
他の炊き方レシピも参考にして
みてください。

たとえ1回目はうまく炊けずとも、
学んだ後の2回目は、きっとおいしい
ご飯にありつけるはず。

冷めてもおいしい

iganabe8

この鍋で炊いたご飯は、炊きたては
もちろん、冷めてもふっくらツヤツヤ
していておいしいのが魅力。

炊いた翌日、電子レンジであたためて
食べてもおいしさが保たれていました。
おにぎりにしてもおいしいです。

これまで、土日にお米を炊いて
残った分を平日用に冷凍しておく
ことが多かった我が家。

最近は、早く帰ることができた平日も、
料理を作っている間にご飯も
炊いちゃおう、炊きたてご飯を食べよう
と思うようになりました。

そしてみなさま、白米はもちろん、
もっちりとした季節の炊き込みご飯や
玄米をお楽しみください。

初めてご使用いただく前に

土鍋は吸水性がある特性上、そのまま
ご使用いただくと水漏れする可能性が
あります。

初めてご使用いただく際は、目止めを
してからお使いください。

目止めの方法

iganabe13

1、鍋に水を張り、水量の1/5程度の
ご飯や片栗粉を入れて、弱火で
吹きこぼれないよう、トロトロになるまで
炊き込んでください。

2、煮上がったら火を止め、土鍋が完全に
冷めたら、内容物を取り除き水洗い
してください。

また、原料に特別な耐火成分を追加して
いないため、一般家庭向けの
ペタライト含有の土鍋に比べると
貫入(表皮の亀裂)が入りやすい特徴が
ありますが、ご使用には支障ありません。
伊賀土ならではの特性として安心して
お使いください。

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます

    TOJIKI TONYA/古伊賀ご飯土鍋のつかい手レビュー

    • 最初は大きな土鍋にびっくりしましたが、ご飯が美味しく炊きあがります。
      3合のご飯を、3口のガスコンロの一番弱い火力で、中火からやや強火で22分位が丁度良く炊けてます。

      星4つ 東京都 30代女性

    投稿されたつかい手の声 [1件]

    もっと見る

    翌日お届サービス対象

    TOJIKI TONYA/古伊賀ご飯土鍋

    価格:
    ¥10,800(税込)
    送料:
    ¥640(送料タイプA

    スタッフより

    ■土鍋を初めてご使用いただく前に
    土鍋は吸水性がある特性上、そのままご使用になると水漏れする場合があります。そのため初めてお使いになる前に目止めをする必要があります。下記の「目止めの方法」をご参考下さい。
    【目止めの方法】
    @鍋に水を張り、水量の1/5程度のご飯や片栗粉を入れて弱火で吹きこぼれないよう、トロトロになるまで炊き込んで下さい。(1時間程度)
    A煮上がったら火を止め、土鍋が完全に冷めたら内容物を取り除き水洗いして下さい。煮上がった状態で一晩程置いておくとより効果的です。

    【ご使用上の注意】
    ●使用過程の中で貫入(表皮の亀裂)が入りますが、ご使用に支障はございません。
    ●食器洗浄機でのご使用はおやめ下さい。洗浄は手洗いで行い、乾いた布でよく水分を拭き取って保管して下さい。
    ●シミやカビの原因になりますので、つけ置き洗いはおやめ下さい。
    ●金物や硬質な食器類とは、別に洗浄して下さい。欠けや破損の原因になります。
    ●熱い状態の本体を素手で触れたり、直接テーブルなどに置かないで下さい。
    ●天ぷら・フライ等の油料理は危険ですので絶対におやめ下さい。
    ●長時間にわたる空焚きはしないで下さい。
    ●熱くなった本器を急激に冷やさないで下さい。割れる恐れがございます。
    ●吸水性があるため、乾燥不十分のままにしておきますと、カビ・しみ・臭い発生の原因となります。

    ■天然素材を使用している為、実際の色、質感、サイズに多少の差があります。予めご了承下さい。


    ■ご使用のパソコンのモニターによって、実際の商品と色柄が異なって見える場合があります。予めご了承下さい。

    ■素材/原料 :伊賀/耐熱伊賀土
    ■サイズ :W250×D225×H180mm
    ■4合程炊ける大きさです。
    ■原産国 :日本
    ■直火・オーブン・電子レンジ可
     ※IH 使用不可

    • ラッピング対応可能
    • 熨斗対応可能
    • メッセージカード利用可能

    バリエーション

      この商品のえらび手

      中井 明香

      スタイルストアバイヤー
      中井 明香

      • facebookでシェア
      • Twitterへツイートする

      TOJIKI TONYA/古伊賀ご飯土鍋を見た人はこんな商品も見ています

        最近チェックした商品

          【8月28日(火)まで】アプリからの購入で全商品5%OFF!【会員限定】
          LINE@のお友達追加はこちらから