香りの生い立ち~原点に還った花嫁への祝福

makino 乾杯ドリンク.jpg

誰かの強い想いや、愛で創られたものは、
いつか原点に還るものである。

今から5-6年ほど前のこと、
東京にあるアロマ専門店のオーナーさんが、
ご友人のウェデイング用にブレンドアロマを
創りました。

花嫁の冠に使われるオレンジの花から抽出される
ネロリをはじめ、ローズやジャスミンなどを
ブレンドした香りに初めて触れたとき、

その優しさと華やかさをまっすぐに表現する
香りの清らかさに驚きました。

私はブライダルの仕事に
長年携わってきたこともあり、
それはまさに花嫁にふさわしい香りだと
心と嗅覚がまっすぐに繋がったのです。

きらめく希望や
女性の優しさが溢れるような幸福感、
瑞々しい感謝の想い。。

いつも披露宴の司会に入るときには
その香りをお守りのように身につけていましたが、

そのブレンドアロマは、オーナーさんが
大切なご友人のために作られたもので、
幸せのお福分けとして販売されましたが、
もう販売することはないとのことでした。

あと数滴で、この香りとはお別れだと
思っていたときに出会ったのが、
香りのスタイリストをなさっている女性でした。

【 この香りのイメージを再現してください 】

とお願いし、上質なプレシャス精油を
惜しみなく、ふんだんに使って
創香してもらったところ、
新たなる素敵な香りが誕生したのです。

それがネイルパフュームオイルBenedictionの
香りです。

当初はWORDROBEのセミナーで、
女性受講者様の心を、明るく優しく包む香りとして
空間演出に使っていましたが、

その後、ネイルパフュームオイルを創り、
今度はそのネイルパフュームオイルを
お気に召してくださった女性から、

披露宴の引き出物として選ばれ、
この10月に晴れの日のお手伝いをさせていただきます。

めぐりめぐって、
また原点にたどり着いた花嫁の香り。

花嫁の指先が、
生涯、愛にあふれた豊かな幸せを紡ぎますように。

大切な方々とのご縁の糸が、
互いの指先に結ばれますように。

心からの祝福(Benediction)をこめて。
Facebook コメント)
Twitter
comments

『小さな贅沢があふれる日常』
『一点の曇りもない上質』

小西 敦子
つくり手
小西 敦子
こにし あつこ
プロフィール
印象美プロデューサー  藩政時代から町人の暮らしの中で美意識が育まれてきた城下町・石川県金沢市から、地域の希少資源や美術工芸を活用し『 印象美なモノづくり 』をプロデュースをしています。
それは、『 使う自分が楽しく 』 『 贈られたお相手が嬉しく 』 しかも『 日本の印象が美しくなる 』 そんな作り手の想いがこもった、一点の曇りもないこだわりの作品をお届けします。

【WORDROBE公式オンラインショップ】
http://wordrobe.biz/store/