作品はI love cat ! 我々は I love customer だニャー! !


ホームページ立ち上げて、まだ3ヶ月半ぐらいですが、良いことも悪いことも色々とあるなかで、
今回はとても嬉しい事のご紹介です。

な、なんと最初に、ホームページのお問い合わせフォームから問い合わせを頂いた方から出来上がった作品のご連絡がありました!!!あまりに嬉しい事ですので、まずご紹介。

ハイカロリイオトメ さま
I love cat帯 の正絹塩瀬バージョン!! 
もちろん、横正機業場の駒塩瀬をお使い頂きましたよ!!
blog: http://highcalory.jugem.cc/?eid=150
twitter: https://twitter.com/highcaloryotome

キテますね~、いきがってますね~、この眼力すごっ!
twitterのリツィートが600超えです、盛り上がってますねー!
~8/27 23:59:59まで受注予約受け付けていますよ~



さてさて、もちろん帯の生地(駒塩瀬)を使って頂いた、ということは大変うれしいことです。
でも、それ以上にうれしいのは、やはり顧客と対話ができた、ということですね。
今までのブログでも何度か書いた気がしますが、今までは受注生産というスタイルでやっていたので頂いた注文をせっせせっせとこなすこと、もちろんその中で徹底的に品質にこだわりやってきました。
しかし、注文がどんどん減っていく中で、伝統産業を残さなければならないという使命がありますが、自分たちの目指す方向性が何か?どういう舵取りをすべきか?判断し戦略を考えるには、明らかに情報を得るポジショニングが悪いのです。
 
しかし今回、ハイカロリイオトメさまを通じ、色々と声をお聞きすることができました。
メールの抜粋を紹介させて頂きます。
----------------
そうですね、絹織物、特に呉服は、お手入れの大変さで
最近はポリエステル等にとってかわる事も多くなっていると存知ます。
ただ、やはり絹の心地よさや塩瀬帯の締めやすさを知ると、ポリエステルはまだまだ遠く及ばないと思います。
実際、私の周囲で着物が好きな方は、普段カジュアルに着るのは自宅で洗濯できる綿やポリの着物、おめかしして出かける時は正絹、と、使い分けています。
私が目指しているのは、着物好きな方はもちろんのこと、着物はよくわからないけどファッションが好きな人が見て「かわいい!」「かっこいい!」「こんな着物なら着てみたい!」と思うようなデザインです。
----------------
もちろん個人の好みや用途もありますが、
私は塩瀬が一番締めやすくて好きです。
カジュアルに使える帯の中では、一番“とっておき”のポジションです。
たとえば、年上の女性と観劇とか、堅苦しくはないけれども失礼にあたらないシチュエーションで使う事が多いです。
----------------

うれしくなりますね、こういう声が知りたかったのですし、励みになります。
自分たちが作っているものをどういう理由で選び、そこにどのような思いをこめて、どのような作品になり、最終消費者にとどけているか、そして何が選ばれているか。
そこが理解できずして、川上のものづくり現場での改善なんてできません。

「白生地に、みらいをのせて。」
注文が減ってきているから、市場が変わってきているから、だから細々とやる、別の道を歩む、それも選ぶ道としてはあると思いますが、我々は、自分たちがお役にたてる領域でさらなる極みを目指し、お客様に喜んで頂きたい、そして感動を産みたい、そこに再チャレンジしたい、と思っています。


最後に、ハイカロリイオトメさま には大変色々と勉強させて頂き、感謝しております。

───・───・───・───・───・───・───・───
白生地に、みらいをのせて。
株式会社 横正機業場(YOKOSHO)
URL : http://yokosho.co.jp
お問合せはこちら
───・───・───・───・───・───・───・───



Facebook コメント)
Twitter
comments

全国三大白生地産地として栄える五泉。良質な絹糸を丹念に操って織り上げる絹織物。200年余の間、大切に培われてきた五泉の伝統産業です。水清らかな繊維のまち五泉に伝わる『伝統の技術』と『織りの心』でお客様に感動の華を咲かせる白生地をつくります。
取扱:紗、絽、羽二重、塩瀬、綸子、襟、等

Web : http://yokosho.co.jp

横野 弘征
つくり手
横野 弘征
よこの ひろゆき
プロフィール
㈱横正機業場(YOKOSHO)専務取締役。新潟県五泉市で絹織物白生地製造を行っています。2013年に36歳でシステムエンジニアから兄と共に家業を継承するため転職。『伝統継承と革新への挑戦』がテーマ。製品(素材)の素晴らしさはもちろん、「100年企業」として培ってきた歴史を支えた職人さんこそが最大の商品として魅力を発信していきます。経済産業省認定 ITストラテジスト取得。