クラシックなダマスク茶箱たち♪

お稽古サロンChez Miki(シェ・ミキ)では、茶箱レッスンの前に茶箱トーキングという会をもうけています。

ワンクッション遠回りに見えるこの 「茶箱トーキング 。実はとっても大切なんですよ
生地や装飾などの茶箱計画をしっかりたていただく。
準備を始めていただく・・。
この茶箱計画の打ち合わせ自体が、レッスンの一部と考えています。

このトーキングは、ご参加されるメンバー構成によって、お選びいただく生地の方向性が決まっていくのですが、そんな皆様の 「迷い」「決断の瞬間」 を、とても楽しく感じております。

最近は、ダマスクブームの再来です。 それも濃いダマスク柄

     


         とってもゴージャスなダマスク2作品。 従姉妹同士のようです〜。

もともとお知り合い同士でなかったお二人。
茶箱トーキングでたまたたま同席されたのですが、打ち合わせ中に、意気投合。
お選びになったお生地は迷わずこの2種類のダマスク柄でした。
レッスン日も同じ日になりました。





     


           K様のダマスク茶箱

朱色&ゴールドのゴージャスな柄です。
こちらのスエード調の外レール生地は、質感や色のインパクトなどあわせて、慎重にチョイス。 
このマットな質感で、派手すぎず、控えめすぎず・・・の風合いに仕上がりました。


茶箱の特徴である 「内レール&外レール」。

日本の伝統収納である茶箱が、遠く欧米で注目が集まったその理由は、茶箱本来の機能だったそうですが、その丸秘パーツこそが、この 「内レール&外レール」。

茶箱の 「ふた」 と 「本体」 をつなぐ、この2つの凹凸パーツがあることで、作り方は複雑になってしまいますが、だからこそ、この切替えパーツ 「外レール」 をどういう役割&デザインにしていくか・・・・大きなテーマです。(・・・と、シェ・ミキでは考えていま〜す




     


         黄味をおびたゴールドタッセル。上級者カラーです。


      
     
     


          ヒンジと蝶番も取り付けました。

このK様の「しっかり配色」は、やはり家具としての存在感を高めてくれていますね〜。
「インテリア茶箱」の潜在能力が、しっかり発揮されている〜。
と嬉しい作品の誕生です。


     


             イギリス刺繍作家のS先生のオットマン茶箱

なんといっても、外レールのこのニュアンスカラーとの組み合わせが素晴らしいです。
素材の材質や配色・・・などなど、プロの目でチョイスくださっているS様です〜。

タッセルの大きさ、配色、バランス、シルエット。 ぴったり調和した美しい組み合わせです。


     


        こちらもヒンジ&蝶番をつけました

でもでも、このオットマンの大注目ポイントは、オットマンの脚です。
皆さまお気づきになっていただきましたか〜
    
     



こちらのオットマン用の脚、新作で〜す。
「こんなデザインで・・」とお願いしてから、4か月かかり、遂に完成した脚
このS様の茶箱にて、初お披露目となります。

高さは8センチにこだわりました。
こんなデコラティブな脚をオットマンに・・・。
長い道のりでした〜。

こちらの脚についてのコラムは、またいつか記事にさせていただきますね〜。

S様とK様、このレッスンでの出会いを機会に、お二人で連絡を取り合いながら、また次の茶箱トーキング(2個目以降用)&茶箱レッスンにご一緒してくださることになりました。
なんだか、こんな風にそれぞれの輪がつながっていく・・こんな出来事もとっても嬉しいです。

S様、K様、ありがとうございました。




お稽古サロン Chez Miki(シェ・ミキ)

姉妹で運営する女性専用のお稽古サロンです。
神山サロン&茶箱サロンの2か所でレッスンを行っております。
カービング、ポーセリンペインティング、フルーツアート、インテリア茶箱のほか、単発カルトナージュやタッセルレッスンを行っております。2014年4月〜フレンチデコディプロマコースも開講いたします。

 最寄駅:渋谷駅 or 代々木公園(千代田線)
それでは、ご連絡お待ちしておりま〜す
 okeiko-info@chez-miki










 
Facebook コメント)
Twitter
comments

シックで美しく、でも時には大人かわいい・・そんなお茶箱を目指しています。収納力あり、スツールのように腰掛けることもでき、とても便利な存在です。

阪本 和子
つくり手
阪本 和子
さかもと かずこ
プロフィール
古来より、お茶の保存に使われてきた日本の伝統収納「茶箱」
国産の杉、内側のトタン加工など、1点づつが職人さんの手作り素材。
このお茶箱をベースに、美しいファブリック・タッセルやロープをあしらったインテリア茶箱を制作しています。