シュトロイゼルクーヘン&フルーツケーキ♪

 今月のBackstube Atiでのウィーン菓子レッスンは、Streuselkuchen (シュトロイゼルクーヘン)と Perry(フルーツケーキ)の2種類のケーキでした

シュトロイゼルとは、バターや小麦粉、粉砂糖などなどで作った、「そぼろ」のことです。
つまり、シュトロイゼルクーヘンとは、クラムケーキのようなものです。

このケーキの生地は、バター、粉砂糖をしっかり撹拌することがポイントなのですが、バターの分量が多いため、本当に手がヘトヘトになります。
そこに、全卵や薄力粉などを加えていき、Masse(ケーキ生地)を作っていきます。

今回は、そのケーキ生地にあんずをのせて、別に作っておいたシュトロイゼル(そぼろ)をふりかけてから、オーブンで40分ほど焼きます。

     


          左:フルーツケーキ   右:シュトロイゼルクーヘン

Perry(フルーツケーキ)も、材料は似ています。
どちらのケーキ生地も、艶が出るよう、きめ細かい撹拌が必要ですが、本当に美味しいです〜。

もっちりした生地と、サクッとしたクラム。
きめ細かいしっとりした質感のフルーツケーキ。

充実です

     



美しいバラと一緒に、コーヒータイムとなりました。

今月も、美味しく、楽しいレッスンをありがとうございました。

Backstube Atiへのお問い合わせは 日墺文化協会までお願いいたします。
こちらから。










Facebook コメント)
Twitter
comments

シックで美しく、でも時には大人かわいい・・そんなお茶箱を目指しています。収納力あり、スツールのように腰掛けることもでき、とても便利な存在です。

阪本 和子
つくり手
阪本 和子
さかもと かずこ
プロフィール
古来より、お茶の保存に使われてきた日本の伝統収納「茶箱」
国産の杉、内側のトタン加工など、1点づつが職人さんの手作り素材。
このお茶箱をベースに、美しいファブリック・タッセルやロープをあしらったインテリア茶箱を制作しています。