【ぼかし染シルクウールガーゼストール Mini 鶸茶×鼠】にコメントを頂きました!

皆様、今日は。
いかがお過ごしでしょうか。
日本海側の多くが晴れ、太平洋側は曇りまたは雨、という
冬と反対の天気(冬は日本海側は雪ですが)になっていますね。
皆様の地域ではいかがでしょうか。

今週はいよいよあの人がやってきます。
あの人?
そうです。あの人です。
「9月さん」です。

どうして”いよいよ”なのか。
うーん、どうしてなのでしょう。
なぜだかいよいよという気がするのです。
やはり寒がりの私はいくら夏バテをしようが、
暑い季節が終わってしまうのがイヤだからでしょうか。
これから来年の3月頃までは、気温は下がり続けるのか、、、と。
わーん、さむいのやだ~~。
春よ、夏よ、早く来い~~。

でも、ダイジョウブ!
(どこかの銀行のCMみたい。)

harukiiでは一年中、いかなる気候にも対応するストールをご用意しております!
まだまだ30℃を超える気温が続いておりますが、
朝夕はかなり冷え込むようになりました。
それに、だんだん空気が乾燥してきますので、爽やかになってきます。
これからの季節は、【ぼかし染シルクウールガーゼストール】が活躍するシーズンです。

グッドタイミングで、このストールのMiniサイズにご購入者様からコメントを頂きました。
神奈川県にお住いのマダムからです。

「サイズの割には高価なガーゼストールですが、」

そうですね。申し訳ありません。
シルクウールの超極細の糸を使い、国内で丁寧に織られているので、
コストが高くなってしまいます。
ただ、上質で飽きのこない色なので、長くお使い頂けるのではないかと思っております。


「微妙な色味に魅かれて購入。
どのような素材、色味の服にも合わせられると思っていましたが、
不思議なことに、同じ色味の洋服でも、
素材染色が違うと合わないことが分かりました。
何となく浮くのですね。」

わかります。
そういうこと、ございます。
どの素材がどれにとか、どの柄がこれにという法則ははっきりわからないのですが、
色が同じまたは同系でも合わないことがあります。

このコメントを頂いて、改めて
「合う」ということがどういうことが考えてみました。
なかなか興味深く、そして考えるうちに
「これは簡単に答えがだせないぞ」と感じてきました。
夏バテの脳みそには非常にハードな課題ですので、
とりあえず、ここまでで頭に浮かんだことを記します。

私は合うというのは「同じグループに属している」
ということではないかと思います。
真剣に突き詰めると「場」や「格」といったことにも突き当たるような、
そんなグループ分けです。

こう書くとなんだか小難しいことのように思えますし、
日常着にそんなこといちいちやっていられない、
と思われるかもしれませんが、
こういう知識や感性、判断は、
私たち日本人がとっても得意とするところではないでしょうか。

古くから着物と帯の合わせ方、
それを着ていく場所や目的との合わせ方、
現代では花と花器の合わせ方、料理と食器の合わせ方
手紙の書き出し文と、そのお相手との間柄などなど。

こういった感性と知識を総動員させてグループ分けし、
同じグループにある者同士を組み合わせると、
「合っている」「間違いない」ということになるのではないでしょうか。

そして、経験と知識が積まれれば積まれるほど、
その感性は磨かれていくので、
これは大人だけの楽しみ、とも言えると思います。

「これとこれが何となく合う、合わない」と感じられた神奈川県のマダムは、
やはり大人の女性なのだとご推察申し上げます。

コメントには更に続きます。

「同時購入のガーゼワンピースタマネギにはしっくりきます。
染色の不思議さと、素材の織りなす綾とでもいうのでしょうか、
改めて作り手の意図する所を感じ、
何となくほっこり気分です。
たいせつに着用したいものです。」

お優しいコメントを有難うございます!

同時購入されたワンピースというは、こちらでしょうか。
【ダブルガーゼカシュクールワンピース -タマネギ-】

とても丁寧につくられている、素敵なワンピースですね。
作り手の真摯な思いが伝わってきます。

この商品を拝見してはっと思ったのは、
先ほど申した属性分けの規準の一つに、
「作り手の思い」ということもあるのではないかと。

どんな商品にも企画者や生産者の思いがたくさん詰まって
商品が生まれるのですが、
その思いの質が似ている、というのが同じグループに属すると判断する一因になるのかもしれない。

これは、ぱっと思い浮かんだことなので、確信は持てません。
「思いの質とは何ぞ?」「そんなものが、商品を手に取っただけでわかるのか?」
これから頭の隅に置いておくのに、一つ面白いテーマだと思います。

なんやかやと面倒くさいことを書きつらねました。
気が付いたら、長文になってしまいました。
申し訳ございません。
大人の女性なら、もっと簡潔にさらりと書けるのでしょうね。
精進が足りませぬ。。。

最後までお読みくださいました皆さま、本当に有難うございました。
心よりお礼申し上げます。

というわけで、夏バテの脳みそは働きすぎてカラカラ状態です。
美味しい緑茶と糖質ゼロのチョコレートを食べてきます!
皆さまも、どうぞ夏のお疲れが出ませんよう、ご自愛くださいませ。

harukii
髙橋裕子

この記事に関する商品
harukii/ぼかし染シルクウールガーゼストール Mini 葡萄色×緑(えび・みどり)
柔らかく美しいharukiiの新作ストール
harukii/ぼかし染シルクウールガーゼストール Mini 葡萄色×緑(えび・みどり)
「harukii (ハルキ)」はデザイナーの髙橋裕子さんが手掛けるメイドインジャパンのストールブランド。日本の職人の技術を生かしたものづくりをされているのが特徴です。 今シーズンの新作は、シルク70%・ウール30%のまるで空気のようなストール。 体をすっぽりと包んでくれるたっぷりサイズのL、どんな巻き方もサマになるサイズ感のS、首元をしっかりカバーする大きさがありながらお手頃価格のMiniの全3サイズです。 Lサイズは幅95㎝/85㎝、長さ190cmの長方形サイズで、重さはわずか50g。ゆるく一周巻いただけで、おしゃれな雰囲気が漂います。美しいグラデーションを存分に楽しめます。男性でも巻いていただけるサイズです。 Sサイズは幅95㎝/85㎝、長さ95cmの正方形サイズで、重さは25g。正方形サイズは巻いた時にサマになりやすい形です。 Miniサイズは幅43㎝/40cm、長さ95cmの長方形サイズで、重さはわずか13g。首元が寂しいと感じる時におすすめの一枚。顔周りが華やかになります。 ちょっと肌寒い時に首元にさらっと巻くだけで十分にあたたかく、コンパクトに畳めるので旅行や飛行機の中に持っていっても重宝します。 軽いので肩や首に負担がかかりにくい。薄手なのに空気を含んでとてもあたたかい。そんな使い心地の良さから、年齢・性別を問わず全ての方に気持ち良く巻いていただける一枚です。
購入ページへ
  • harukii/ぼかし染シルクウールガーゼストール S 葡萄色×緑(えび・みどり)
  • harukii/ぼかし染シルクウールガーゼストール Mini 薄紅×黄(うすくれない・き)
  • harukii/ぼかし染シルクウールガーゼストール S 薄紅×黄(うすくれない・き)
Facebook コメント)
Twitter
comments

【harukii】が大切にする三つのこと
①『素材の柔らかさ』 商品はお使い頂くほどに、素材は柔らかく、肌に馴染み、より使い心地が良くなります。ずっと巻いていたくなる、どうしてもいつも同じものを巻きたくなる。そんな商品を目指しています。
②『大きさと軽さ』 男性でもたっぷりと巻けるようなサイズに、また女性が巻いて重く感じないよう、そして肩が凝らないよう、とても軽い素材を選んでいます。
③『商品の生産工程を明確にする』 最初の原料の採取地から、最後の札付け・袋詰めの作業地まで、どこでなされたかを公表しています。商品の使用期間は長く、長年愛着を感じてお使いいただけると信じております。

髙橋 裕子
つくり手
髙橋 裕子
たかはし ゆうこ
プロフィール
【harukii】(ハルキ)は、2012年秋よりスタートした、ストール、スカーフ、マフラーなどの巻物専門ブランドです。株式会社はる希によって運営されています。 http://harukii.jp/
http://blog.harukii.jp/
関連商品