【ぼかし染ラミー薄羽ストール L 水縹】にコメントを頂きました!

皆様、今日は。
いかがお過ごしでしょうか。
関東から北は台風が猛威を振るい、そして西の方は残暑がとても厳しいようです。
そう簡単には「天高く馬肥ゆる秋」というような爽快な気候にはなってくれないようですね。

こんな時期、皆様は夏物、秋物、どんなものをお召しになっているのでしょうか。
私自身は、完全に真夏物です。
麻のシャツやワンピース。
ノースリーブ。
日傘。
そして、もちろん自社のストール。

このストールなのですが、本当のオシャレさんなら、
少し秋色を意識したものを巻くのでしょうね。
でも、私は本当でも嘘っこでもなく、オシャレさんではないので
(あら、こんなこと言ってもいいのかしら)
盛夏用の【ぼかし染ラミー薄羽ストール L 夏霞】を羽織り、
陽射しを避け、冷房の効きすぎのところでは肩掛けとしてガンガン使用しています。

そんなところにお客様からの声を拝見しました。
【ぼかし染ラミー薄羽ストール L 水縹】に寄せられたコメントです。
もう随分前に頂いていたようですが、見落としておりました。
申し訳ございません。

東京都にお住まいの40代女性様からのコメントです。

「写真ではかなりふわっとした感じでしたが、
確かに薄いものの、かなりリネンの風合いが強くてゴワっとした風合いです。
首元に巻くと結構なボリュームになってしまい。
若干イメージと異なるために、使い方を考え中です。」

評価は★三つでした。
このゴワっとしてボリュームが出過ぎる、ということがマイナスポイントになったのですね。
ザンネン!

あのぅ、その後もゴワつきはありますでしょうか。
確かに、最初はゴワっとした感触かもしれません。
それは、新品の時はアイロンがびしっとかかっていて、かなりパリッとした感じに仕上げているからです。
※糊はつけていません。
それを首に巻くと、かなりボリュームは出ます。
なのですが、1~2度巻いていると、そのゴワつきが治まり、次第に柔らかくなります。
そして、それに伴ってボリュームもかなり抑えられてきます。
投稿者様、その後もまだゴワつきはありますでしょうか。

もしとても気になるようであれば、
かなりたっぷり目に霧吹きを掛けてみて下さい。
もうびしょびしょに水が滴るくらいに。
それを広げて、物干竿に掛けて乾かして下さい。
どうでしょう。
ゴワつきとボリュームがかなり取れたのではないでしょうか。

アイロンを掛けるとこしが戻り、使っているうちに柔らかくなり、と
それを繰り返していくうちに、本当に柔らかくなります。

私自身上記の通り、この製品の夏霞をヘビーユースしております。
普通、これだけ薄い植物繊維の生地だと、
使っているうちにペチャっとシワシワになってしまい、
夏に肌にまとわりついて暑く感じられますが、
このラミー薄羽ストールは適度な張りを保っているので、
肌につかず離れずのさらりとした心地よさを感じられるのです。
なので、縦長に二つ折りにして肩に羽織ったり、
首にぐるぐる巻いたりして、本当に重宝しています。
それでも、ボリュームも大きくなりすぎないところが良いところだなと思っています。

おっと、しゃべりすぎました。
お客様のお好みの堅さ、柔らかさ、ボリューム感に合わない、というご意見でした。
申し訳ございません。
私の使用感を申しても役に立ちませんね。

取り合えず、上記のことをなさってみて下さい。
もしそれでもまだごわつきがお気に障るようでしたら、
ぜひ弊社までご連絡ください。
繊維が柔らかくなるよう、何か手を講じてみます。

お洗濯の方法、返品のご連絡方法は、製品に同封していた手引きをご参照ください。
または、STYLE STOREさんにご連絡頂いた場合も、できるだけ迅速に対応させて頂きます。

折角ご購入頂いた商品です。
それにこの商品は、本当の秋が到来するまで、
まだまだ使用頻度高くお使い頂きたいストールです。
お客様にお気に召して頂けるよう、弊社では最善を尽くしたいと思います。
他の商品をご購入されたお客様も、どうぞ何かお気づきの点、不都合の点がございましたら、
何なりとご連絡くださいませ。
お待ち申し上げております。
何卒宜しくお願い申し上げます。

harukii
髙橋裕子
この記事に関する商品
harukii/ぼかし染ラミー薄羽ストール 水縹 L
羽根のように軽い!グラデーションが美しいストール
harukii/ぼかし染ラミー薄羽ストール 水縹 L
高橋裕子さんが手掛けるメイドインジャパンのストールブランド「harukii (ハルキ)」。繊維メーカーで長年企画・販売をされてこられた経験をいかし、「素材の柔らかさと軽さ」、「商品の生産工程を明確にすること」を大切にしながら、それぞれの分野で活躍する日本の職人の技術を生かしたものづくりをされています。 そんな素材を熟知したプロフェッショナルである高橋さんが2014年新作として作られたのが、こちらの「ぼかし染ラミー薄羽ストール」です。薄羽と名付けられているように、羽のように薄くて軽く、巻いていることを忘れそうなほど。生地は、夏でも涼しい極細ラミー(麻)100%の平織。さらっとしていて肌につかないので、暑い時期でも日よけとして快適に巻いていただけます。 また、手捺染でぼかし染をしたグラデーションがとても上品です。三角に折ってカットソーなどの上からさらっと羽織ったり、パーティーの際にワンピースの上から肩にふわっとかけるとそれだけでとても華やかに見えます。細めに折って一重で巻いたり、冷房などで肌寒い時に首元にくるくるっと巻くのもおすすめ。巻き方によって外側に出る色が異なるので、さまざまな雰囲気を楽しめます。 もともとは張りのある生地ですが、一度水に通してシワ感を出すと、画像のストールのように少しカジュアルな雰囲気になります。アイロンをかけると元のピンとした状態に戻り、キリっとした表情に。お好みに合わせてアレンジしてみて下さいね。 日本人の顔色に映える色合いに仕上げられ、顔まわりが明るく見えるところも嬉しいポイント。年齢を問わず、全ての方に気持ち良く巻いていただけます。気付けばいつも手にとって巻きたくなる、巻いた時に自然とやさしい気持ちで心が満たされていく、とっておきのストールです。大切な方への贈り物にもぜひどうぞ。
購入ページへ
  • harukii/ぼかし染ラミー薄羽ストール 夏霞 L
  • harukii/ぼかし染ラミー薄羽ストール 水縹 S
  • harukii/ぼかし染ラミー薄羽ストール 夏霞 S
  • harukii/ぼかし染ラミー薄羽ストール 水縹 Mini
  • harukii/ぼかし染ラミー薄羽ストール 夏霞 Mini
Facebook コメント)
Twitter
comments

【harukii】が大切にする三つのこと
①『素材の柔らかさ』 商品はお使い頂くほどに、素材は柔らかく、肌に馴染み、より使い心地が良くなります。ずっと巻いていたくなる、どうしてもいつも同じものを巻きたくなる。そんな商品を目指しています。
②『大きさと軽さ』 男性でもたっぷりと巻けるようなサイズに、また女性が巻いて重く感じないよう、そして肩が凝らないよう、とても軽い素材を選んでいます。
③『商品の生産工程を明確にする』 最初の原料の採取地から、最後の札付け・袋詰めの作業地まで、どこでなされたかを公表しています。商品の使用期間は長く、長年愛着を感じてお使いいただけると信じております。

髙橋 裕子
つくり手
髙橋 裕子
たかはし ゆうこ
プロフィール
【harukii】(ハルキ)は、2012年秋よりスタートした、ストール、スカーフ、マフラーなどの巻物専門ブランドです。株式会社はる希によって運営されています。 http://harukii.jp/
http://blog.harukii.jp/
関連商品