【おためし香3月】春「はる」の香しさ(縁の香付き)

なまえ香ならではの香しさを。

お試しいただく
おためし香

3月は
【「春~はる~HARU」の言葉】


春は出会いと別れの行事。
そして生命が芽吹き花開くとき。

動き始める表情や穏やかな情景そしてのどかな光。。
はるの言葉からは暖かさや奥ゆきなど表現されています。
はるの言葉の響きから香をつうじ、情景情緒を伝えます。芽吹くエネルギーと穏やかな余韻・・
花開く春の香りがひろがります。



春生まれの友人やお友達に、プチプレゼントとしても喜んでいただけること、おすすめ☆https://minne.com/items/982935


日本語ならではの響き・音・調べから伝わる情景や情緒を
香をつうじて感じとってくださいますよう。

3月は2種類の香をお届けします・小袋1個・そしてことの香シリーズ「縁」の香1個付き。

続くご縁の大切さも☆縁の香くわしくは下記URLから↓https://minne.com/account/products/625456

オーダーメイド なまえ香

春もどうぞよろしくお願いもうします。
https://minne.com/items/573084


Facebook コメント)
Twitter
comments

両親や家族が想いや願いをこめて名付けたあなたの名前の響きリズムで香を創るオーダーメイド商品。香り、匂いというよりも「にほひやかげさ」。歌や句を詠むように大和言葉の調べの美から情景情緒を表現。

日紫喜 友紀
つくり手
日紫喜 友紀
ひしき ゆき
プロフィール
詩歌俳句によって導かれた言葉の響き、香との繋がり、そして恩師先生の学びと教え。一歩ずつ歩き始めました。創作詩「紫式部」を印香に高島屋日本橋店期間展示販売、2010年京都文化ベンチャーコンペテションロマン吉忠賞。女性デープレゼンコンテストフジ産経ビジネスアイ賞を機会にモニター調査。第5回京都文化ベンチャーコンペ京都中央信用金庫賞を機に作品。OMOTENASHISELECTION2015受賞。2013年京都タカシマヤいいMONO再発見から展開。2017年第5回京都女性起業家賞京都府知事賞優秀賞。京都西川コラボ京都タカシマヤ催し。2018年新宿タカシマヤNIPPONものがたりPOPUPショップ他