冬至(とうじ)のことば。

●冬至
”日南の 限りを行て 日の短きの至り なれば也”

2017年は、22日から
昼が短く、夜長くなる
古では、この日を、年の始点としていたそうです。

冬至の日は、柚子風呂でほっこりつかり
ゆずの香りで、無常息災。


俳句では
柚子・柚子の実は
『秋』の季語

柚子風呂・柚子湯・冬至湯は
『冬』の季語

繊細さと美しさの日本の言葉
その時々の流れが、

ひとつずつ丁寧に言葉になっていて。
俳句となれば、ことば美しい。

何気ない日常の
丁寧なとこ、変えず活かしておきたい。

今年も あとわずか・・
皆さまに とって よい時と なりますように。

なまえ香

Facebook コメント)
Twitter
comments

両親や家族が想いや願いをこめて名付けたあなたの名前で香を創るオーダーメイド商品。名前(言葉)の響きを研究し数値化にされた理論もとりいれて独自の方法でおひとりずつ仕立てます。香り、匂いというよりも「にほひやかげさ」。香しさのあるあなただけの香で特別感や存在価値を感じていただく。大和言葉ならではの情景情緒で伝わる心もち。

日紫喜 友紀
つくり手
日紫喜 友紀
ひしき ゆき
プロフィール
詩歌そして俳句によって導かれた言葉の響きそして香との繋がり、一歩ずつ歩いて商品になりました。京老舗香木店さま調香により詩歌(紫式部)を印香に作成し高島屋日本橋店期間限定展示販売、第2回京都文化ベンチャーコンペテションで香と詩歌提案ロマン・吉忠賞。2011女性デープレゼンコンテストで「フジサンケイビジネスアイ賞」を機会にモニター調査開始。第5回京都文化ベンチャーコンペテション京都中央信用金庫賞。2013年京都高島屋京都いいMONO再発見から展開。OMOTENASHISELECTION2016受賞。第5回京都女性起業家賞京都府知事賞優秀賞。☆俳人亡塚腰杜尚(山口誓子系)師事。