9月9日 菊の節句(重陽の日)




いつも なまえ香を ありがとうございます。
夜風に涼しさを感じはじめましたこの頃

9月9日、今日は重陽(ちょうよう)の日とされ、五節句のひとつ菊の節句の日。

実りの秋、秋の収穫を祝う日。平安時代より行事のひとつとされて
栗ご飯、茄子などをたべ、そして菊酒を飲み、菊自体にそなわる延命長寿をとりいれて
「長寿」「繁栄」を願い試みます。


菊といえば、哀しみや暗い印象が強いかと思いますが・・・
菊は邪気を払い不老長寿がそなわっています!何より菊は国花。


このように、9月9日は祝の日
99と連なっていますが、陽数でもある9はよいという考えとされているようですね。


そして、俳句の歳時記では、菊は季語で秋、晩秋に咲き溢れます。
菊花展などもこの時期でしょうか。

9月9日を重陽の菊 9月9日以降の菊が十日の菊、残菊。
残菊と綴られていれば、9月9日以降の菊のことや~と想像していただけますと
面白いかと思います。

言葉一文字の違いで景色が変わり、言葉の連なりで情景がみえてきますよう


食欲の秋~ 美味しいものが並びはじめます♪

変わりはじめの季節 ご自愛くださいますよう



な ま え 香
http://namaekou.jp


Facebook コメント)
Twitter
comments

両親や家族が想いや願いをこめて名付けたあなたの名前で香を創るオーダーメイド商品。名前(言葉)の響きを研究し数値化にされた理論もとりいれて独自の方法でおひとりずつ仕立てます。香り、匂いというよりも「にほひやかげさ」。香しさのあるあなただけの香で特別感や存在価値を感じていただく。大和言葉ならではの情景情緒で伝わる心もち。

日紫喜 友紀
つくり手
日紫喜 友紀
ひしき ゆき
プロフィール
詩歌そして俳句によって導かれた言葉の響きそして香との繋がり、一歩ずつ歩いて商品になりました。京老舗香木店さま調香により詩歌(紫式部)を印香に作成し高島屋日本橋店期間限定展示販売、第2回京都文化ベンチャーコンペテションで香と詩歌提案ロマン・吉忠賞。2011女性デープレゼンコンテストで「フジサンケイビジネスアイ賞」を機会にモニター調査開始。第5回京都文化ベンチャーコンペテション京都中央信用金庫賞。2013年京都高島屋京都いいMONO再発見から展開。OMOTENASHISELECTION2016受賞。第5回京都女性起業家賞京都府知事賞優秀賞。☆俳人亡塚腰杜尚(山口誓子系)師事。㈳俳人協会会員