おためし香10月「秋霖(しゅうりん)」の香しさをお届けします。


なまえ香ならではの、手作りと和らぎある香しさを
お試しいただくおためしの香~~

さまざまな言葉の香をとりいれて お届けします

●●●
10月は、「秋霖(しゅうりん)」の言葉の響きの香しさ
                             ●●●

ことばの調べで仕立ててお届けします。
※調べとは「響き・リズム・音」の意味



綺麗な響きを感じる雨の名前 秋霖(しゅうりん)は、秋の雨の一つ。

秋 秋は天高く、清々しい晴れの日を想像しますが・・
9月中旬から10月中旬くらいまでは秋の長雨。
雨の日々が続き、ひと雨ごとに秋が深まります

秋の長雨、秋霖(しゅうりん)、すすき梅雨、秋雨(あきさめ)・・・
それぞれの言葉から、
繊細に雨の表情そして周辺にある情景が観えてきそうです。

俳句では、秋の季語。
そして
この情景ある言葉のひとつ「秋霖(しゅうりん)」をお届けします。


                                  ●●●


~~和らぎある日本のことばを香で観る~~
  
  このまま財布の中にいれていただいたり、
  スケジュール帳、名刺入れもよいですが
  やさしい香は、インナーやタオル、衣類と一緒に
  収納されると、香が移り、心身共におすすめです。


日本語(大和言葉)の調べから仕立てる香
 言葉の響きの研究データ一部もとりいれ、その他独自の調香方法で
 仕立てる手作りの香です。
 日本語ならではの風合いと情景情緒を香で伝わりますように


おためし香くわしくは下記URLとなります
https://minne.com/items/6357085







Facebook コメント)
Twitter
comments

両親や家族が想いや願いをこめて名付けたあなたの名前の響きリズムで香を創るオーダーメイド商品。香り、匂いというよりも「にほひやかげさ」。歌や句を詠むように大和言葉の調べの美から情景情緒を表現。

日紫喜 友紀
つくり手
日紫喜 友紀
ひしき ゆき
プロフィール
詩歌そして俳句によって導かれた言葉の響きそして香との繋がり、一歩ずつ支えられ歩き始めました。創作詩「紫式部」を印香に高島屋日本橋店期間展示販売、2010年京都文化ベンチャーコンペテションロマン吉忠賞。女性デープレゼンコンテストフジ産経ビジネスアイ賞を機会にモニター調査。第5回京都文化ベンチャーコンペ京都中央信用金庫賞を機に作品。2013年京都タカシマヤいいMONO再発見から展開。2016年OMOTENASHISELECTION受賞。2017年第5回京都女性起業家賞京都府知事賞優秀賞。新宿タカシマヤNIPPONものがたりPOPUPショップ他。著名人のなまえ香オーダーなど幅広く手がけている。