3月14日(木)のつぶやき

ねむいです。
ねむいでした。
ねむいでしょう。

おやすむい。

— かんたろ (@kancharo) 2019年3月14日 - 01:26

444記念。

— かんたろ (@kancharo) 2019年3月14日 - 04:46

@fuyushika 紹介してー
一貫性のある信頼できる歯医者さん。(-_-;)

— かんたろ (@kancharo) 2019年3月14日 - 08:22

山を越えて駅前まで電動アシスト付き自転車でやってきた人が、買い物終わって帰ろうとおもったら自転車のバッテリー切れてて、買い物袋とバッテリー持って 歩いてとぼとぼ山を越える姿 結構見る。
(山の方あるある)
おはよ。

— かんたろ (@kancharo) 2019年3月14日 - 09:36

電動アシスト自転車自体が重いから、バッテリーが無いと自走では山は越えられない。
なので重いバッテリーを抜いてもってかえって、充電してから自転車をとりにくるつもりなんだ。。
山で暮らす人はのんびりしてる。

— かんたろ (@kancharo) 2019年3月14日 - 09:40

乗る前にバッテリーをチェックすればいいだけなのに、山は高齢化してる。
小さなチェックがめんどくさいお年頃の方ばかり。

— かんたろ (@kancharo) 2019年3月14日 - 09:43

今年のモクレン
3つだけ咲きました。 pic.twitter.com/lE90PtV5jn

— かんたろ (@kancharo) 2019年3月14日 - 09:47

@macky_828 おかーやんもよくそういうことをしてた。
いやいや、バッテリーぐらい見ようよーといつもおもってた。(笑)

— かんたろ (@kancharo) 2019年3月14日 - 10:20

@macky_828 そういうことか。(爆笑)

— かんたろ (@kancharo) 2019年3月14日 - 10:27

@macky_828 おいらもうっかりしてしまう時も多々あるけど、謎だよなー山の高齢の民達(笑)

— かんたろ (@kancharo) 2019年3月14日 - 11:54

藤田嗣治 本のしごと
~その美しき本と愛しい挿絵たち~
を見てきました。
鉛筆で描かれた裸婦作品の、その滑るような しかし完璧なバランスを保つなだらかな線を、ゆっくりゆっくりゆっくりと辿って。
見つけだせた修正痕はたったの2ヶ所だけだったことに、大きな衝撃を受けました。

— かんたろ (@kancharo) 2019年3月14日 - 22:37

線は滑らかに正直で。
きっとかなりのスピードと技術で、この裸婦画を完成させたのであろうということは、見たらすぐにわかりました。
とても素晴らしかったです。

— かんたろ (@kancharo) 2019年3月14日 - 22:40

藤田がそのすべてを監修した「日本昔話」がとても欲しかった。
(ネットで売ってた!248,400円!)
図録を買って、絵はがきのお土産をアトリエに飾りました。
(右:藤田監修の日本昔話の1場面絵はがき) pic.twitter.com/uhZGfeZKxM

— かんたろ (@kancharo) 2019年3月14日 - 22:47

KANTARO   新着記事

Facebook コメント)
Twitter
comments

かんたろと仲間たちが作るテーマは
「あの人へ、贈りものを」
遠く離れた人やいつもそばにいてくれる友達に、高価なプレゼントではないけれど心のこもった贈りものを。
贈られた方が笑顔になってくれるような 小さな小さな贈りもの。
そんな作品をたくさん作っています。
カード、ノート、大きな切手、オーナメント、小箱、モビール、アクセサリー、染め物、バスソルト、などなど。

KANTARO  
つくり手
KANTARO  
かんたろ
プロフィール
高校でグラフィックデザイン 大学で3DCGを専攻。
CGデザイナーとしてテレビ局で主に災害などの気象画面デザインを13年間担当、2006年テレビ局を退職。
フリーデザイナーをしながら作家活動をしています。
児童館、幼稚園、小学校、ギャラリー、カフェ、ショールームなどでモビール展示や親子向けWS、大人向けWSなどを行っています。
企業依頼の展示用モビール制作、空間デザイン、パッケージデザイン、文化センター講師、各種クラフトWS、さまざまな方面で活動中。
最近の夢は かんたろが作る制作過程がいつでも皆さんが見られるようなオープンアトリエを作ること。^^
OZONEクラフトマーケット