フライパンの規格一覧




フライパンの規格一覧。 
画像は、3L(Φ26㎝)、L(Φ22cm)、Sサイズ(Φ18cm)。 

一番人気で良く出るのは、2L(Φ24cm)サイズ。ご家族でまとまった量を作るのに、程よいサイズです。 
ちょっと重量感が出てくるので、重さが気になる方は、Lサイズを購入されることも多いです。 

ただ、2Lも、少し小ぶりと感じられる方もいらっしゃるので、最近はじわじわと、3Lも人気が出てきました。 
ある程度しっかり量を作ろうと思うと、このくらいの大きさがあった方が安心感があるかもしれません。 

Sサイズは、目玉焼きやホットケーキなどにも、丁度よいサイズ。 

Mサイズは、初めて鉄のフライパンをつかってみたい、という方にも好まれる、少し小ぶりで扱いやすいサイズ。
ちょっとしたものを焼いたり、コーヒー豆を焙煎したりするのにも、具合がよく扱いやすいので、一枚あると、意外と重宝します。
 

片手フライパン(鉄製 油焼付仕上げ 板厚2.3㎜) 

[4L] Φ28㎝ 深さ4.5㎝ 全長49.5㎝ 1.65㎏ 2.2L ¥30,000- 蓋付セット¥36,500-
[3L] Φ26㎝ 深さ4.5㎝ 全長46.5㎝ 1.5㎏ 1.8L ¥23,500- 蓋付セット¥29,400- 
[2L] Φ24㎝ 深さ4.5㎝ 全長43.5㎝ 1.35㎏ 1.6L ¥19,000- 蓋付セット¥24,400- 
[L] Φ22㎝ 深さ4㎝ 全長42㎝ 1.15㎏ 1.2L ¥15,800- 蓋付セット¥20,800- 
[M] Φ20㎝ 深さ4㎝ 全長39.5㎝ 1㎏ 1L ¥13,400- 蓋付セット¥18,100- 
[S] Φ18㎝ 深さ3.5㎝ 全長36.5㎝ 0.8㎏ 0.8L ¥11,500- 蓋付セット¥16,000- 

※価格はすべて税抜です。 
※画像は、油焼付仕上げ前の状態です。 
※一点一点ハンドメイドの為、寸法、重量、容量等、若干のバラツキ、誤差があることもあります。ご了承ください。 

via Instagram https://ift.tt/2YO65Tp

金子 恭史 新着記事

全うできるように
全うできるように
2019/07/15 21:35
From Instagram
From Instagram
2019/07/15 15:18
厚みの比較
厚みの比較
2019/07/14 12:45
From Instagram
From Instagram
2019/07/13 12:54
Facebook コメント)
Twitter
comments

手の中に近ければ近いほど、鉄はあたたかい。

金子 恭史
つくり手
金子 恭史
かねこ やすふみ
プロフィール
主に鍛鉄の技法を用いて、鉄やステンレスを素材とし、家具やエクステリア、雑貨、道具、各種金物類を製作しております。

様々な暮らしの中で使われる道具は、作り手や使い手の方々との関わりの中で生まれてくるものだと思います。
様々なものを支え、繋ぐ役割も担う鉄という素材の魅力を活かし、様々な暮らしの中に息づき、溶け込む道具のあり方を、人と人との関わりの中で深めて行きたいと願っています。

使う人と共に時を重ね、そこにたくさんの思い出が込められるような、豊かな暮らしや心を形作る一助となりえるようなものづくりを志しています。
つくり手がつくるGuideBook 世田谷代田ガイドブック
ピックアップ商品
Metal NEKO/鍛冶屋のフライパン(深型・LL)
お料理がパリっと焼き上がる、一生モノの鉄のフライパン
関連商品