南仏便り vol.3

こんにちは、藤井省吾です。

すっかりご無沙汰してしまいましたが、、久しぶりの投稿は 南フランスのお話を。


歴史の跡が多く残る村、プロヴァンス・アンスイ。「フランスで最も美しい村」に認定されています。


プロヴァンスの野生に咲く植物の香り。
記憶の奥底にある懐かしい気持ちを呼び起こしてくれるよう。


6月に入り南フランスにはめいっぱいの太陽が降り注ぎ、その恩恵を植物たちはたっぷりと受けています。
心地よい風にのってほのかな植物の香りが漂う木陰、そこは人々の憩いの場となっているようです。


タイムやローズマリーは南フランスの代表的ハーブ。
肉料理の香り付けだけでなく、タイムの小枝を煎じたもので食後のティータイムを楽しむ方が多いそうです。




見て楽しみ、香って安らぎ、食べて体に良い。

植物の力って本当にすごいですね。



それではまた! 藤井省吾でした。


(撮影・文、MikaTG France)

Facebook コメント)
Twitter
comments

【キャンドル・アロマテラピー】日本人の感性にあったホンモノの灯りと香りを創造

藤井 省吾
つくり手
藤井 省吾
ふじい しょうご
プロフィール
公益社団法人 日本アロマ環境協会会員
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター

アロマとキャンドルの未来をつくっています

2017 こうとう創業支援セミナー ゲストスピーカー
2017 イヴルルド遙華のアロマフォーチュン占い アロマブレンドレシピ 監修
2016 江東ブランド認定
2015 glade アロマキャンドルイベント トークショー
2015 アロマ女子大 オープンキャンパス in 代官山 講師
2013 グラーストウキョウ 発表
2012 香りと灯り展 @hygge gallery
2009 room3/nana exhibition