自動充填機のメンテナンス

こんにちは、藤井省吾です。

今回は、アロマキャンドルやリードディフューザー、ルームスプレーなどを量産する

ときに稼働する、自動充填機をご紹介。

アロマキャンドルやリードディフューザーってどうやってつくられているの?という

ご質問をいただくことが多いのでこの機会に。

普段は、ブランド様の特注商品を制作しているために工場見学や写真は非公開なのですが

本日は自動充填機のメンテナンスをしていたので撮影に成功。


うちのルーキー"なんでもエンジニア?"が、コンマmm単位で微調整中。

こうゆうのは、私は出来ません。

内部を分解してОリングを交換したりフィルターの掃除をしたり、充填量調整の

ために水平をとりながらノズルの高さを変更したり。 ほぼ一日がかりの作業です。

この自動充填機は量産時にのみ稼働します。

大きさや仕様にもよりますが、800~1000個未満の小ロット生産は、ほとんど手作業で

つくられています。

同じ時期をして、かたや三重県の弊社鳥羽工場では 現在アロマキャンドル3000個強を

手作業で充填中。

ロットがまとまっても、必ずしも自動充填機を使うというわけではないのです。

現場のラインは、受注日と納期ベースでスケジュールを組み立てます。

サンプル依頼制作や香料のブレンド作業などにも十分時間をかけます。

最高の製品をご提供すべく、現場のスタッフは皆日々頭と体をつかってくれています。

日々感謝するとともに、そういう現場をもっと大切にしていきたいとおもいます。


それではまた! 藤井省吾でした。
Facebook コメント)
Twitter
comments

【キャンドル・アロマテラピー】日本人の感性にあったホンモノの灯りと香りを創造

藤井 省吾
つくり手
藤井 省吾
ふじい しょうご
プロフィール
AEAJ認定アロマセラピスト/アロマテラピーインストラクター

アロマとキャンドルの未来をつくっています

2017 AEAJイメージフレグランスコンテスト 審査委員
2017 こうとう創業支援セミナー ゲストスピーカー
2017 イヴルルド遙華のアロマフォーチュン占い アロマブレンドレシピ 監修
2016 江東ブランド認定
2015 glade アロマキャンドルイベント トークショー
2015 アロマ女子大(現 アロマ大学) オープンキャンパス in 代官山 講師
2012 香りと灯り展 @hygge gallery
2009 room3/nana exhibition